« メガーヌRSのインペリアルブラック | トップページ | セミと梅雨明け »

2005年7月 5日 (火)

3千キロ走って

メガーヌRSの走行距離が、本日3000kmに。幾つかの点が変わってきた。

まず、乗り始めた頃は大きかったピッチングが、なくなった。また、段差でのショックも小さくなった。エイジングが進み、 ダンパーが本来の働きをし始めたようだ。分野は違うが、オーディオの世界と同じやねぇ。

ハンドル操作のフィーリングも変わった。ダンパーの変化による影響が大きいと思う。ハンドル操作感は、当初なんとなく接地感、 応答性に乏しいものだったが、しっとりと重くなり接地感がよくなっている。おかげで、いつもよく行く峠道では、 ハンドリングの信頼感が向上した。

エンジン自体の変化は、よくわからない。

|

« メガーヌRSのインペリアルブラック | トップページ | セミと梅雨明け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104553/9761246

この記事へのトラックバック一覧です: 3千キロ走って:

« メガーヌRSのインペリアルブラック | トップページ | セミと梅雨明け »