« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月30日 (火)

温暖化に関する話題を少々

ここ数日,地球温暖化に関する話題が続いてます。

***********************************************************************************************
 地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)濃度が海水中で上昇を続けていることが気象庁気象研究所の観測でわかった。    
  同研究所が26日、太平洋のデータを発表した。大気中の濃度上昇による影響とみられる。海中濃度が上がり続ければ、 海水が大気中のCO2をあまり吸収できなくなり、温暖化が早まる可能性もあることが知られており、 同研究所は温度上昇とCO2吸収との関連などの解明を進める。
  同研究所は1993~2006年、太平洋上の2地点でCO2濃度を測定。両地点とも、深さ500メートルまでは年に約0・ 05%のペースで濃度が上がっていた。これは大気中に放出されているCO2の3分の1が海水に吸収される計算だ。 (2007年1月27日1時24分 読売新聞)  
----------------------------------------------------------------------------------------------
結構,海が二酸化炭素を吸ってたんですかねェ。
そうならば,更なる温暖化で海水温が上昇すると,逆に溶けていた二酸化炭素が放出される・・・・・・・
考えたくないです~   

***********************************************************************************************  
1月29日16時18分配信 産経新聞 
  宇宙空間に浮かべた鏡で太陽光線を反射するという温暖化対策の研究を今春に出される国連の報告書に盛り込むよう、 米政府が提案する。英紙ガーディアンが伝えたもので、試算では太陽光線の1% も反射すれば産業革命以来出してきた温室効果ガスの効果を相殺するという。排出削減を柱にした京都議定書とは反対の、 いかにも米国らしいプラス思考?
  軌道上に打ち上げた巨大な鏡で反射するほか、光を反射するホコリを大気中に放出するといった方法もあるという。
  国連は今年、人為的な気候変動リスクに関する知見をまとめた3つのセクションからなる報告書を出す。 各国政府関係者や科学者らが参加する「気候変動に関する政府間パネル」が作業に当たり、草稿が各国政府に回覧される。 米国は今年4月に予定されている第2セクションの報告書で、最も目立つ要約にこれらの研究開発について盛り込むよう働きかけるという。
  米国は2001年に京都議定書の枠組みから離脱し、強制的な温室効果ガスの削減には反対の立場をとってきた。 その一方で石油代替エネルギーとしてバイオ・エタノールを推進するなど、新たなビジネスに結びつく対策には熱心だ。
  SF映画ばりの“宇宙の鏡作戦”も、宇宙産業には大きなチャンスといえる。もっとも、 報告書の草稿はこうしたアイデアについて、費用も他への影響もわからない理論的なものと指摘しているという。(坂本英彰)  
-----------------------------------------------------------------------------------------------
さすがアメリカ。  
こいつぁ~,今,重要な話題じゃなかったですかw  
 
***********************************************************************************************
1月30日13時48分配信 読売新聞
【ジュネーブ=渡辺覚】国連環境計画(UNEP)は29日,世界各地で氷河の縮小が急激にペースを速めており、 2000~05年の間に観測された氷河融解のスピードは、1980年代の3倍に達したとする最新データを公表した。
  欧州アルプスなど世界の9山脈、約30か所の氷河で行った調査結果によると、各地の氷河の厚さは、 平均で年約60センチ減少。この氷が解け出すスピードは、90年代の1・6倍,80年代の3倍のペースに相当するという。また、 05年に計測した氷河の厚さは、前年に比べて各地の平均で約62・5センチ縮小。04年は、同約72・5センチの氷が消失した。
  調査を担当したのは、スイス・チューリヒに本部を置く研究機関「世界氷河モニタリングサービス」(WGMS)。 UNEPや各国の支援を受け、各地で氷河の観測を続けている。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
氷河がなくなると周辺の環境が大きく変わるといわれてます。             
地球は,確実に暑くなってきてるんですねぇ。
今冬の日本は,かなりの暖冬やし。チャリ@雪山を楽しみにしてたのにぃ~
それはともかく,このまま進むと,アメリカの宇宙鏡を本当にやるっきゃないかも・・・・・・
 
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

プランクトン@冬の深泥池

池のプランクトン,冬はどのくらいいるのかな・・・・・
 ということで顕微鏡を覗いてみました。

予想外にいましたが,やはり,夏とかに比べると総数,種類ともに少ないです。特に緑藻類は少ない。
でも,ツボカムリ類,ミカヅキモ,ケイソウ類,ミドリムシ類などは,年中いるんですねェ。

毎回,未見のプランクトンが見つかる深泥池,今回もいました。
これだから,この池はやめられませんゎ。


ミドリムシ植物門 ミドリムシ藻綱メノイディウム属
・・・・・緑色でないミドリムシ。


不等毛植物門 黄緑色藻綱 ミショコックス目オフィオキティウム属


不明その1


不明その2
・・・・・・ガマ口のようなところから繊毛を出して何か取り込んでいる。


不明その3
・・・・・シヌラの仲間みたいなんですが,細胞が離れている。

ここには,あとどれくらい見たことがないプランクトンがいるんだろう・・・・・・・

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

ルノーR24@モナコGP

製作したキットは,タメオ SLK13 ルノーR24 モナコGP 2004。

ルノー車に乗ってるんで,強いルノーF1は,作るっきゃないです。
それから,ワタクシの好きなモナコGPでシュー兄の連勝を止めたマシンというものポイント高いです。

なんで,ワールドチャンピオンになったR25かR26じゃないのかって・・・・・・
R26は,近いうちに登場する予定です。

R24jpg 

モデルになったマシンについて

2004年のF1は、初戦からM.シューマッハが飛ばして連勝。
が、しかし、第6戦モナコ、ルノーR24を駆るJ.トゥルーリがポール。

42周目、2位走行中のルノーのアロンソが、トンネル内でシュー弟を抜こうとしてラインを外し、大クラッシュ。そして、終わり。
46周目、3位を走っていたM.シューマッハは、トンネル内でブレーキロックし、 直後に迫っていたモントーヤに追突されてノーズとフロントタイヤを破損。そして、終わり。

強者が消えて行き、20台出走して完走9台。2004年もやはり厳しかったモナコ。
ルノーR24を駆るJ.トゥルーリが勝者となった。かくして、M.シューマッハの連勝は止まる。

2002年に参戦し、密かに実力をつけてきたルノー。この戦いは、翌2005年、 そして2006年を予期させるものであったような気がする。

キットについて

タメオのSLKシリーズは,よくできています。パーツの合いもイイ。
手を入れた箇所は,ウイングなどの薄肉化だけです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

インフルエンザウイルス 追記

今、鳥インフルエンザが、ヒトへの感染性を持ち、大流行するのでないかと警戒されている。
インフルエンザウイルスの実態、どこまでわかったのか、最近のニュースから。

**************************************************************************************************

①「スペイン風邪」ウイルス、 遺伝子工学で再現・米グループ(Nikkei Net, HOT WIRED)
 1918―19年の世界的大流行で2000万―5000万人が死亡したとされるインフルエンザ「スペイン風邪」のウイルスを、 遺伝子工学の手法を使って再現することに、米疾病対策センター(CDC)などが5日までに成功した。
マウスへの感染実験で、これまで謎だった強い毒性の発揮に関与する遺伝子も絞り込んだ。現在アジアで猛威を振るい、人間での大流行も 「時間の問題」と懸念されているH5N1型ウイルスと共通する遺伝子変異があることも分かり、 研究グループはワクチンや治療薬の開発で新型インフルエンザの大流行に備えるための重要な成果としている。

***************************************************************************************************

A型インフルエンザウイルスが出芽時に遺伝子を取り込む仕組みを解明 ( 科学技術振興機構報 第244号 2006年1月26日
 JST戦略的創造研究推進事業チーム型研究「免疫難病・感染症等の先進的医療技術」研究領域の研究テーマ 「インフルエンザウイルス感染過程の解明とその応用」の研究代表者・河岡義裕(東京大学医科学研究所 教授)と野田岳志 (東京大学医科学研究所感染症国際研究センター 特任助手)らによって、 A型インフルエンザウイルスが増殖する際に新しく作られたウイルス粒子が自身の遺伝子を取り込む仕組み、が明らかにされた。
 本研究チームは、様々な動物に由来するA型インフルエンザウイルス粒子の内部構造を電子顕微鏡で観察することに成功した。その結果、 A型インフルエンザウイルスは、8本のウイルス遺伝子を規則的に配置させ、8本まとめてウイルス粒子内に取り込むことを明らかにした(図)。 このことは、8本の遺伝子を規則的に配置させるステップが、遺伝子の取り込みに必須であることが示唆される。
 今回の成果により8本のウイルス遺伝子を集合させる仕掛けを阻害できるようになれば、 H5N1鳥インフルエンザウイルスなど全てのA型インフルエンザウイルスに対して有効な新規抗インフルエンザウイルス薬の開発につながることが期待される。

zu1-a1
zu1-a2
図 出芽中のウイルス粒子の中に、直径がおよそ12nmの棒状構造物 (ヌクレオカプシド)が観察された。
  それらは、出芽しかけたウイルス粒子の先端からぶら下がったように見える。

***************************************************************************************************

③ 新型インフルエンザに対応するためのタンパク質立体構造データベースを全世界に公開 (理化学研究所プレスリリース2006年1月20日
 現在、インフルエンザウイルスの増殖に欠かせないタンパク質「ノイラミニダーゼ」の働きをはばむ薬剤が開発されている。しかし、 ウイルスは頻繁にその姿を変化させる、つまりノイラミニダーゼを含むウイルスのタンパク質の形が変わるので、 せっかく開発した薬剤が効かなくなるという可能性がある。
 理研ゲノム科学研究センタータンパク質構造・機能研究グループは、そうした「変異」タンパク質を含むウイルスが出現しても、 効き目のある薬剤を即座に開発できるように、ノイラミニダーゼについて多様な立体構造を予測してデータベースにし、公開した。

***************************************************************************************************

④ 鳥インフル、 腸や腎臓などでも増殖を確認YOMIURI ONLINE 3月2日
 人間への感染が懸念されている鳥インフルエンザウイルス「H5N1」は、呼吸器だけでなく、腸や腎臓など多くの臓器で増殖することを、 オランダの研究チームが動物実験で確認し、専門誌「米病理学誌」で報告した。
 遺伝子が変異して人間に感染するようになった場合も、多くの臓器に感染・増殖する恐れがある。研究チームは「症状が全身に出るので、 これに対応した新たな診断基準作りや、多様な感染経路に配慮した対策が必要」と指摘している。
 通常のインフルエンザウイルスは、哺乳(ほにゅう)類では気道でしか感染・増殖せず、くしゃみなど飛沫(ひまつ)でうつるとされている。 エラスムス医学センターの研究チームは、H5N1が体内でどのように増殖するか調べるため、8匹のネコに感染させ、1週間後に分析した。
 その結果、すべてのネコで、複数の臓器がウイルス感染しており、ふん便からもウイルスが検出された。また、感染したヒヨコを食べたネコは、 ウイルスが腸を介して感染していたことも分かった。

****************************************************************************************************

⑤  【鳥インフルは肺で増殖 感染広がりにくさに関係か (共同通信) 3月23日】
鳥インフルエンザのウイルスが感染、増殖しやすいのは、人間では肺など呼吸器の奥深くとする研究結果を、 河岡義裕東京大医科学研究所教授と新矢恭子鳥取大助教授らが23日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 人で流行する通常のインフルエンザウイルスが、のどや鼻で盛んに増殖し、くしゃみやせきの飛沫(ひまつ) に含まれて周囲に感染を広げるのに対し、鳥ウイルスは飛沫中には少なく体外に放出されにくいことを示す結果。河岡教授は「これが、 高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1型が人間で広まりにくい理由の一つではないか」としている。
 H5N1型は、アジアから中東、欧州、アフリカなどで鳥への感染が広がり、100人以上の死者を出している。ただ、 人から人への感染が疑われる例は少なく、何が2次感染を防いでいるのか、よく分かっていない。
-------------------------------------------------------
トリインフルエンザのヒトからヒトへの感染は、まだ起こっていないと考えられている。
上記研究結果は、物理的に2次感染が起こりにくいことを示唆している。
でも、トリインフルエンザは内蔵でも増殖できるそうですから、そのうちにのどや鼻でも増殖できるようになるかも。
おぉ~、恐ろしや

*****************************************************************************************************

⑥ 過去最大の集団感染に懸念 ヒト定着の兆しか
 
【ワシントン、ジャカルタ26日共同】インドネシアで家族や親類計8人が鳥インフルエンザ(H5N1型) に感染したとみられ、うち7人が死亡した事例に対し、各国の感染症専門家が懸念を強めている。家族の集団感染としては過去最大規模で、 「ヒトからヒト」への感染が複数回起きた可能性が26日までに明らかになったからだ。
 世界保健機関(WHO)の調査では、ヒトの世界で大流行が心配されるようなウイルス変異は検出されていない。 たまたま条件がそろって家族内で感染が広がった「特異例」との見方がある一方、ウイルスがヒトに定着する兆しである可能性も否定できず、 今後の調査に注目が集まっている。
 集団感染は北スマトラ州カロ県の農村地帯で起きた。(共同通信) - 5月26日

-----------------------------------------------------------------------------------
ついにきたか?

******************************************************************************************************

<鳥インフルエンザ>人に感染する重要な「変異」 発見
 人に感染した鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)を調べたところ、 ウイルスが人間の鼻やのどの細胞に取りつけるようになるために重要な変異2種類を、 東大医科学研究所の山田晋弥研究員と河岡義裕教授らのチームが見つけた。各地で出現するウイルスについて、2種類の変異を監視していれば、 人での流行が近づいているかどうかの目安になるという。16日発行の英科学誌「ネイチャー」に発表した。
 河岡教授らは、ベトナムやインドネシアなどと共同研究。鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)のうち、ベトナムで人に感染した2株と、 タイで人に感染した1株について、ウイルスが人や鳥の細胞に取りつくのに使うトゲ(ヘマグルチニン)の構造を分析した。トゲはたんぱく質で、 アミノ酸が560個並んでできている。
 他の鳥インフルエンザウイルスとの違いを調べた結果、トゲの中でも細胞とじかに接する部分にある182番目と192番目のアミノ酸のうち、 どちらかが別のアミノ酸に変異すると、ウイルスが人の細胞に取りつく能力ができると判明。この2カ所以外でも、 特定の4カ所の変異が組み合わさると、人の細胞に取りつけることも分かった。【高木昭午】(毎日新聞) - 11月16日

--------------------------------------------------------------------------
182番目と192番目のアミノ酸のうち、どちらかが別のアミノ酸に入れ替わるだけで, ヒト細胞に付くことができるようになるんですねぇ~

案外,種の壁は低かったのかも・・・・・・

*******************************************************************************************************

⑧ 2007年1月19日 追記

1918 年に起こった「スペイン風邪」インフルエンザの世界的大流行は異例に深刻なもので、およそ5000 万人が死亡した。 しかし、なぜそれほど壊滅的だったのだろうか。二次的感染治療用の抗生物質がなかったことや、 社会経済的な諸要因が関係していた可能性もあるが、再構築された1918 年ウイルスをヒト以外の霊長類に感染させた実験から、 このウイルス自体のもつ致死的な性質が大きな要因であったことが今回示唆された。実際、このウイルスは、 ヒト以外の霊長類に実験的に感染させた場合に死をもたらす唯一のインフルエンザウイルスである。そして、1918 年ウイルスはほかのヒトインフルエンザウイルスと異なり、自然免疫を抑制する。最近広まっているH5N1 ウイルスも、1918 年ウイルスに似た重症の肺感染を引き起こし、また自然免疫応答を抑制するので、宿主の自然免疫応答を保護するような治療により、 こうしたインフルエンザウイルスによる感染の重症度を軽減できるかもしれない。

Aberrant innate immune response in lethal infection of macaques with the 1918 influenza virus
Darwyn Kobasaet al. Nature 445, 319–323 (18 January 2007)

Influenza: Fatal immunity and the 1918 virus
Yueh-Ming Loo and Michael Gale, Jr et al. Nature 445, 267–268 (18 January 2007)

---------------------------------------------------------------------------------------------

スペイン風邪インフルエンザウイルスの強毒性の理由が判り始めたようです。
免疫を抑制するんですか。そりゃ恐ろしいですわ。
でも,対処方法も同時に判るんでなんとかなるでしょう。

ところで,この話は,最近の新聞に, 東大医科学研究所の教授らが突き止めたという記事で載ってます。
このセンセイが中心となって行った成果のように。
でも,ネタ元のnatureの論文のファーストオーサーは東大医科学研究所のセンセイではありません。
もう少し,正確に記事を書くべきだと思います。

 

======================================================================================================

補足

(1) インフルエンザウイルスの種類
 インフルエンザウイルスは、 ヘマグルチニン(HA、赤血球凝集素)  ノイラミニダーゼ(NA)   の違いから、 A型, B型, C型の3つに分類される。世界的大流行(パンデミック)は、A型インフルエンザウイルスによって引き起こされる。一方、 C型インフルエンザウイルスは、いわゆるかぜ(普通感冒)の病因となっている。 HAは15種の亜型(H1-H15)に、NAは9種の亜型(N1-N9)に分けられ、例えば、 高病原性トリインフルエンザは、H5N1と表現される。  
 A型インフルエンザウイルスは、ヒト、トリ、ブタなど共通に感染する。動物(トリ)界のインフルエンザウイルスには、 ヒトが全く免疫を持っていないものがあり、これがヒトに感染すると、ヒトは容易にインフルエンザを発症し大流行することになる。 このように動物(トリ)からの感染によって引き起こされるインフルエンザは、新型インフルエンザと呼ばれている。今、 大流行が懸念されている東南アジア発の高病原性トリインフルエンザは、新型インフルエンザである。

(2) A型インフルエンザウイルスの構造

Influenzavirus_structure

           A型インフルエンザウイルスの構造

(左)インフルエンザウイルスの全体図。直径80~120nm。
(中)ウイルス粒子の断面図
 エンベロープ(宿主由来の脂質2重膜でできている)の表面に、それぞれ、ヘマグルチニン(HA、 赤血球凝集素)3量体とノイラミニダーゼ(NA)4量体からなるの2種類のスパイク様構造を持っている。また、エンベロープには、 M1、 M2タンパク質と呼ばれる膜タンパク質がある。エンベロープの内部には、8本の分節に分かれたRNAがヌクレオカプシドとして存在している。
(右)ヌクレオカプシドの拡大図。それぞれのヌクレオカプシドにはRNA依存RNAポリメラーゼ複合体が結合する。

rna8

(3) 感染方法
① 細胞への吸着
・体の中に入ったインフルエンザウイルスは、細胞のプロテアーゼ(タンパク質分解酵素)によってHAスパイクが活性化。
・HAスパイクが活性化したウイルスは、呼吸器粘膜上皮細胞にあるシアル酸レセプターに結合して細胞侵入の足がかりを得る。
②細胞内への侵入
・レセプターに結合したウイルスは、細胞の食作用(エンドサイトーシス)によってエンドソームに取り込まれる。

image002

・エンドソーム内の酸性pHでM2のイオンチャンネルが活性化し、プロトンがウイルス内に流入することにより、 ヌクレオカプシドを覆うM1タンパク質の殻が崩壊。
・エンドソーム膜とウイルスエンベロープとの間に膜融合が引き起こされる。
・ヌクレオカプシド(ウイルスRNA)が感染細胞内に放出される。
③RNA複製
 放出されたウイルスRNAは核内に運ばれ、子RNAの複製およびウイルスタンパク質の合成が行なわれる。
④放出
・複製された子RNAは細胞膜下に移動し、8本セットになってウイルスタンパク質と宿主細胞膜に包み込まれるように出芽。
・出芽したばかりのウイルスは、細胞膜のシアル酸(レセプター)とくっ付いているが、 NAがシアル酸を除去することにより細胞表面から遊離して、新たな細胞に感染する。

(4) 病原性
 全身性感染を引き起こし致死性のウイルスを強毒株、局所感染に終わるものを弱毒株という。スペイン風邪ウイルスは前者。 強毒株と弱毒株の間では,HAがHA1とHA2に開裂する部位の配列に違いが認められる。
 通常の弱毒株では、HAを切断するタンパク質分解酵素が呼吸器と腸管にしかなく、他臓器の細胞にはないため、 感染性ウイルスの産生が限定される。 
 一方、強毒株のHAは、細胞内のトランスゴルジネットワークに普遍的に存在するfurinというタンパク質分解酵素により切断されるため、 あらゆる細胞に感染し、感染性ウイルスが産生される。よって、全身感染症を引き起こす。

(5)毎年、 流行する訳 
 A型インフルエンザウイルスのHAやNAのアミノ酸配列は変化しやすい。これらが変化したウイルスには、 以前に流行したウイルス株に結合し得る抗体が結合できない(効かない)ので、ウイルスの増殖を抑制できないためと考えられている。

(6) 種の壁
 トリウイルスのHAが認識するレセプターとヒトウイルスのHAが認識するレセプターとは異なるため、 トリウイルスがヒトに感染することはないと考えられてきた(種の壁)。
 ブタには、トリウイルスもヒトウイルスも認識できるレセプターがあるため、まずブタで新亜型ウイルスが産生され、哺乳動物(ブタ,ヒト) で増殖しやすいように馴化してから、ヒト界に侵入して大流行を引き起こすと考えられている。
 しかし、 東南アジア発の高病原性トリインフルエンザは、既にヒトへの感染が起こっており、そのうち、 HAがトリ型からヒト型へ変異してヒト-ヒト感染性を獲得し、大流行を起こすのではないかと警戒されている。
 トルコでトリインフルエンザに感染して死亡した患者のウイルスに、鳥よりもヒトレセプターに結合しやすくなる変異が見つかっている。

(7) ウイルス対抗手段
①ワクチン
 ワクチンは、ウイルスのHAやNAに結合しやすい抗体をウイルスに結合させることにより、ウイルスの細胞への結合を阻止。 ウイルスのHAやNAが変異しやすいため、有効な手段とすることが難しい面がある。
②抗インフルエンザ剤
 ウイルスのノイラミニダーゼ(NA)やM2タンパク質に結合してこれらの機能を停止させ、ウイルスの増殖を防ぐ。
・タミフル、リレンザ:A、B型有効NA阻害剤
・アマンタジン:A型インフルエンザウイルスのイオンチャネルタンパク質M2阻害剤

参考URL:(1)~(7)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsb/topics/influenza/influenza.html
http://www2.pref.shimane.jp/hokanken/kansen/inf/05_06/flu_rna.htm
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20051007303.html
http://www.ams.osakafu-u.ac.jp/lab5/kouno/Fusogenicliposome.htm
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/mideast/tur/news/20060114dde007030066000c.html

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

イタァ~,血腫だってぇ

ちょっと前,チャリで帰宅中,ボ~っと考え事していて立ちゴケしてしまいましたw
SPDだったのを忘れてたんです。

その時は,何ともなかったのが,帰宅後,脛がパンパンに・・・・・・
湿布して,数日後腫れはひいたんですが,打撲場所に大きな赤いコブが。
おまけに立っているとジ~ンと痛みが。

次第に痛みは減ってきたものの,赤いコブは,依然そのまま・・・・・

気になるんで,医療休暇とって医者に行ってきました。

***********************************************************************

 「う~ん,かなり腫れてますねぇ。もしかしたら,膿がたまってるかも。
  痛いのガマンできますよねぇ・・・・・
  ちょっと針さしてみますから。」

 「えっ・・・・・・ え~」

針が赤いコブに刺さる。
突然,お医者さんがパニくる。看護師さんに,タオル,ビニールって叫んで・・・

針から血が噴出しているのです。スプラッタムービーの一場面みたい・・・・

 「ふぅ~,血腫でしたねぇ。」

噴出が収まったところで,今度は鋏を持ってきて,突然,皮を小さくパチン。

 「ウッ・・・・・」

 「残ってる血を出しますからねぇ」

まだ若干残っているコブを押さえ,絞り,つまみ・・・・・・・

 「ウッ,イ・・・・・・」

 「こんなもんかな」

ホットしたのもつかの間。

 「もう少しですから」

って,まだかよ~
不覚にも,あまりのイタさに呻いてしまったw

 「さあ,終わりましたよ
  見ます・・・ 
  こんなのが出てきましたよ」

血に染まったガーゼに,血の塊がたくさんついてます。 
さて,コブがあったところは,幅約2cm,長さ約3cm,深さ約4mmほどの窪みが。
体積を計算してみると,約3ccの血腫があったんです。

************************************************************************

こうして,スプラッタな時間は終わりました。

自転車にお乗りの皆様,向う脛の打撲にはくれぐれもお気をつけください。
打ち所が悪かったら,かなりの皮下出血を起こし,メンドウなことになるようです。
それから,打ったかなと思ったら,RICE処置ですね。
コレをやってれば,ここまで大変なことにならなかったと思います。

あ~ しばらくチャリには乗れません・・・・・・・

 

 

 

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

石油業界が国産バイオエタノールを拒否,ってナニ

今朝は,廃木材からバイオエタノールを製造する工場が完成した,っていうニュースを聞いて感激してました。
なんたって,世界中が植物セルロースからエタノールを製造しようと必死になってますから,快挙です。

以下は,産経新聞(1月17日)からの引用です。

------------------------------------------------------------------------

世界初、 廃木材からバイオエタノール 堺に製造施設完成

 廃木材からバイオエタノールを製造する世界初の施設が16日、 大阪府堺市内に完成した。年間1400キロリットルを生産し、ガソリンの添加剤として販売する。原油価格の高騰で, バイオエタノールはガソリンに代わるエネルギー源として注目される半面、    製造コストの高さや税制の不利など価格面では課題も指摘される。
  製造施設の建設主体は、大成建設や丸紅、サッポロビールなど5社が出資する「バイオエタノール・ジャパン・関西」(大阪市) で、総事業費は約40億円。商業用バイオエタノール製造施設の稼働も国内初となる。
  施設では、約1センチ程度に粉砕した廃木材から糖分を収集後、特殊な菌で発酵させ、エタノールを製造する。 原料には建設廃材などを想定しているため、産業廃棄物の減量にもつながるという。
   海外のバイオエタノール製造は、トウモロコシやサトウキビなど農作物を原料とする場合が多く、 廃木材を原料とした例はない。バイオエタノール・ジャパン・関西は「廃材を利用した方がコストも安い。一石二鳥だ」と話している。
 当面は環境省の実証実験向けに販売するが、今春以降は民間業者などにも販路を拡大し、 平成20年度には生産量を年間4000キロリットルまで引き上げる予定。
課題は、1リットルあたりの製造原価でガソリンの約2倍となるコストだ。バイオエタノールはガソリンに3%混ぜて使うが、 現行制度ではガソリン段階とガソリン混合段階の2度、揮発油税がかかるという。同社は「エタノール販売だけでは収支が合わない。 廃材の処理費と合わせ、採算を取りたい」と話している。

-------------------------------------------------------------------------

で,さらに関連記事をウオッチしていると,呆れるニュースがありました。
石油元売業者が,そんな国産バイオエタノールなんか使えねぇ~って駄々こねています。
そういえば,今朝のNHKニュースでもちらっといってたなぁ。

以下は,共同(1月15日)から引用です。

-------------------------------------------------------------------------

バイオ燃料利用に黄信号 石油業界の反発で

 地球温暖化防止のため環境省主導で進んでいるバイオエタノールとガソリンの混合燃料の供給事業に、石油元売り業者が協力を拒否、 今夏に予定している販売開始のめどが立たない状況に陥っていることが15日、分かった。
 環境省とは別種のバイオ燃料利用を推進している業界が、原料のガソリン販売に難色を示しているためで、両者の対立の結果、 温暖化対策として世界的に注目されているバイオ燃料の国内普及が滞る可能性が出てきた。
 環境省はバイオ燃料本格普及のため2004年度から民間企業を補助する形で、 堺市に建設廃材を原料に年間1400キロリットルのバイオエタノールを製造する工場を整備。これをガソリンに3%混ぜた「E3」 という燃料を関東や関西のガソリンスタンドで乗用車年間4万台分に相当する4・7万キロリットルを今夏から供給する事業を進めている。

--------------------------------------------------------------------------

石油元売は,バイオエタノールが普及すると自分らのガソリン売り上げが減るから危機感をもってるんでしょう。

バイオエタノールが普及すると,ガソリン売り上げが減る分を何かで補わなぁアカン・・・・・・
そうや,バイオエタノールの流通を握れば利権が入るでぇ~
そやから,何が何でも環境省主導の国産バイオエタノールは使えねぇ~な。

これが,業界が別種のバイオ燃料利用を推進している理由でしょう。
その別種のバイオ燃料とは,外国から輸入するバイオエタノールです。
同じもんです・・・
わざわざ,石油燃料を使って海の向こうから運んでくるのです。

ふぅ~

石油元売業界には,環境問題, 日本国民・・・・何それ~って感じですw
古い世代がいっぱい残ってるところやね。この業界は。
経産省もグルでしょ~か。

 

関連記事 (http://www.gamenews.ne.jp/archives/2006/12/post_1787.htmlから抜粋)
--------------------------------------------------------------------------

 NHKが報じたところによると石油元売り業界はバイオエタノール(バイオマス燃料)を混ぜ合わせたガソリンについて、 「バイオガソリン」という名称で来年2007年4月から一般に販売することを決定した。
 石油元売り業界である【石油連盟】では【石油連盟、バイオエタノール原料の輸入事業組合を1月設立】でも報じたように、       2007年4月からバイオエタノール燃料の販売をめざしているが、同記事が報じたところによると

・燃料そのものはフランスから輸入
・レギュラーガソリンと混ぜ合わせて販売
・名称は「バイオガソリン」

ということに決まったとしている。

----------------------------------------------------------------------------

 
          

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

「七人の侍」のモデル?

故黒沢明監督の「七人の侍」。好きな映画の一つです。
そのアニメVer.「サムライ7」も面白かったですネェ。

ところで,「七人の侍」の元になった出来事が実際にあったのでは・・・・・・という資料がみつかったそうです。

以下,日本海新聞より(http://www.nnn.co.jp/news/070110/20070110001.html) 抜粋。

--------------------------------------------------------------------------------------
 農民に雇われた侍が野武士から村を守る故・黒沢明監督の名作「七人の侍」と同様の “出来事”が、中世の鳥取県智頭町であったことが、 横浜市金沢区の金沢文庫所蔵の古文書に記されている。現在の同町那岐地区で、 農民が自己防衛のために用心棒を雇い、 村を守る防護柵を作った費用などがつづられた文書は、映画のシナリオに酷似。

 資料は横浜市金沢区にある金沢文庫所蔵の「称名寺(しょうみょうじ)文書」の一つ「因幡国智土師郷上村結解状 (いなばのくにちはじごううえむらけちげじょう)」(一三四二年)。町誌などによると、那岐地区は鎌倉時代の末期、智土師郷東方上村 (現・ 同町奥本)と呼ばれ、幕府の重要な祈願寺であった称名寺の領土となっていた。しかし、 南北朝の動乱期に入ると幕府の後ろ盾を失った寺領の農民たちは反幕府勢力から略奪を受けるようになり、 自己防衛手段を取らざるを得なかったという。
 結解状(中世の収支決算書)には、用心棒八人分の費用二十四石のほか、防護柵や堀を作ったとされる「城こしらえ」作業員の食料など、 村の防衛に使った費用が記されている。
 「影武者」「まあだだよ」「乱」などの黒沢作品に出演し、監督と親交の深かった俳優の油井昌由樹さん(59)=東京都=は二十年ほど前に 「江戸勤めの侍の日常生活を描いた作品を考えているときに、『農民が武士を雇った資料があった』という記事のようなものを見て、 そこから一気に『七人の侍』のシナリオが出来上がった」と黒沢監督から聞かされたという。
 智頭町誌編さん室の村尾康礼さんは「三十年以上、歴史研究に携わっているが、農民が武士を雇う資料は称名寺文書しか知らない」 と黒沢監督が見た資料が同一のものであった可能性を指摘する。
 残念ながら、同町が作品のモデルとなったかどうか真相は、はっきりしない。村尾さんは「智頭町に『七人の侍』 に似た歴史の舞台があったことは事実。そこに住む人が郷土の歴史を知り、語ることで、誇りや喜びを見いだしてほしい」 と同町の歴史を通して郷土を愛する心が培われることを願っている。
---------------------------------------------------------------------------------------

 

|

2007年1月14日 (日)

ひさびさの1/43スケールF1キットの完成

ひさびさのエントリーです。

今日完成したキットは,タメオ TMK227 Toleman Hart TG184 Monaco GP 1984。

熱烈なアイルトン・セナファンのMy奥さんの依頼で作製しました。

キットになったマシンについて
故アイルトン・セナは,1983年,トールマンチームのTG183BでF1デビューしました。
翌1984年,フルカーボンモノコック,斬新なフロントウイング, 現在に続くラジエーター配置などなどのニューテクノロジーを投入したニューマシンTG184が実戦投入されます。
F1,2年目のセナは,このマシンを駆り,雨のモナコで将来のライバルとなるプロストを追って2位になるという快挙を成し遂げました。 雨で中止されなければ,プロストを抜いたかもと言われています。

モナコは,ワタクシの好きなコースの一つです。
モナコマイスター・セナが,その才能の片鱗を見せたこのTG184モナコVer.は,外せないアイテムですネ。

キットについて
タメオのF1キットには,シルバーラインキットと通常キットがあります。通常キットは,作るのにけっこう苦労すると聞いています。
実はこのキット,F1モケイの2作め。確かに苦労しましたw
まず,パーツの合いが悪い。特にフロントセクション。
ここは,実車に基づいてサスペンションアームの取り付け部を新しくハンダを盛って作ったため,よけいに時間がかかりました。
それから排気管形状。TG183Bバージョンだったため作り直しました。
後で気がついて手遅れだったのが,リヤの前側のウイング。サイドの形状が違います(~_~:)
それから,写真ではよくわかんないからOKだけど,リヤタイヤ周辺に重要なパーツが付いてません。
作るのメンドクサイからパスしましたw

後,細かいパーツが全然付いてないエンジン周りをディテールアップ。
この頃のF1マシンは,エンジン剥き出しだから,やるっきゃないですw

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

西陣のどらやき

先日,どらやきの話をしてしていたら,知人が,かま八のヤツも食べてみるべきやネ,って・・・・・・

そこで,早速,息子と和スイーツを求めて遠征です。

上の写真は途中に寄ったところ。「牛若丸誕生の井」

実は,ここを探してうろうろし,最初,常盤御前が牛若丸(義経) を出産したと伝えられている総神社に行っちまいました。
早くスイーツを食したい息子をなだめて, なおも近所を30分くらいうろうろし,ついに住宅地のなかにポツンとあるターゲットを発見。ふぅ~です。

この「牛若丸誕生の井」の石碑の後ろの茂みには, かの牛若丸の産湯の水を汲んだといわれる深さ10mの石組み(井戸?) があるそうです。
真偽を見たいけど,ヒトの畑の中なので近づけませ~ん。
このあたり(北区紫竹牛若町)は, 古来源氏と縁深い土地で、 源義朝の別邸があったともいわれてます。

ここを見て,大徳寺傍らを通り過ぎ,船岡山へ。

船岡山天辺には, 古代の祭祀の痕跡ではないかといわれている磐座があります。
祭祀はともかく,ここはちょうど平安京の中心軸「朱雀大路」の延長線上にあることから、 平安京造営の基準点ではないかと考られているそうです。
ここ船岡山は,近代では,応仁の乱に登場します。

そんなこんなで,息子は京都ジュニア検定のプチ勉強をしましたとさ。

さて,忘れそうになった本日の目的,西陣の「かま八老舗」へ。

生姜の香りが強いジューシィな皮に粒餡が包まれています。
粒餡の光沢がなぜか印象に残ります。
餡は,下河原三笠よりも甘いですネェ。あまりさっぱりとしない後味でした。

それよりも,何よりも,どうも皮の生姜の香りが強すぎて,皮も餡も, その味わいがよぉ~く判らなかったというのが正直な感想です。

ハイ,次はナシ,って息子は言っておりましたw

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

超高純度鉄って凄い


-1℃の朝

純度99.999%の鉄は,空気中で錆びないし,塩酸ともほとんど反応しない,というスーパーなヤツです。

でも,最近の研究では,もっとウルトラスーパーなことが解ってきています。

従来の鉄では,クロムを最高30%くらいまでしか合金化できないんですが,超高純度鉄では60%くらいまで合金化できるため, 高性能な合金が期待されています。
また,超高純度な鉄と銅は,溶接できるそうです。これは驚きですw。
異種金属は,結晶系と結晶粒の大きさが同じ場合にのみ,溶接できるんですけど。
参照:1月9日 日経産業新聞

そうそう,錆びない鉄といえば,アショーカ王の柱が有名ですネ。
これが造られたのは,紀元415年。1500年以上もの間,内部へ錆が進行していないそうです。
この鉄の純度は,99.72%。超高純度鉄じゃありません。
なんで錆びにくいんやろ?             

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

お~ MADE IN USAか

今日は,朝から雪。
が,昼には雨にかわり,2時頃には日が射して・・・・・・,でまた雨,の繰り返し。ハッキリせい~

昼から,チャリ用のいいジャケットがないもんかとWILD-1(自転車屋じゃない)へ。
けっこう使いやすそうなpatagoniaアウトレット品のフリースジャケットがあったんで購入。

買う時は気が付かなかったけど,後でみると,Made in USAじゃないですか。珍しぃ~
衣類関係のMade in USAは,3年前に買ったコンバース(今は,東南アジアで生産)以来です。

patagoniaの製品は,機能的で着心地がいいから,いろいろ使ってるんやけど,たいていは,Made in Chinaとか, Made in Vietnamなんですょ。それが当たり前のように。

まぁ,現在,衣類関係のUSAブランド,ほとんど本国では生産されず,多くはアジア製がフツウですよねぇ。チャリみたいに。

で・・・・ 別に生産拠点が変わったら,品質が変わるなんて思ってないけど,このタグを見てチョイと感動したワケですw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

新年おめでとうございます

一日遅れのご挨拶でございます。
しがない当ブログをご覧くださっている皆様,今年もよろしくお願い申し上げます。

新年早々,不可思議な写真を申し訳ございません。
アメーバです。ウチの水鉢に生息しております。

今年は,いろいろなことが起こりそうな予感。
アメーバのように無定形に柔軟に対応していけたらいいなぁ~っと・・・・・・・

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »