« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

GR DIGITAL II かぁ

昨日の話になるけど,GR DIGITALの生産中止から程なく後継機がでましたねぇ。

内容からすると,初代GR DIGITALのマイナーチェンジって感じです。
新CCDは,数値上GX100と同じです。
レンズ等は大きな変更はないんでしょうか。MTFは同じです。

となると,新旧画質対決は,新CCDと新画像エンジンの差ですかね。



GR DIGITALⅡ↑


GR DIGITAL↑

で,GR DIGITALとGX100の両方のオーナーとしては,このくらいのチェンジじゃ魅力は感じませんね。
CCDが違うけど,GR DIGITALとGX100との間にレンズ差&画像処理エンジンによる画質(色調,ノイズ感,階調など)の差は, あまりないです。画像周辺の歪は別として。そうそう,解像感は,画素数の多いGX100の方がいいです。

新CCDで解像感は向上してるでしょうけど,GX100のと同じならば,GX100と大差はないでしょう。
それよりも,スナップをしないボクとしては,マクロ性能がよく,ズームが使えるGX100の方がありがたいですね。

大型のCCDを使ってノイズをもっと減らしてくれていれば・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

PANTOのスプロケを換えてみた


GX100 24mm Macro f2.5 -1.7eV

激坂用にXTの11-32Tを入れてたけど,旧アルテグラ12-27T(9S)が手に入ったので,換装してみました。
ただし,14Tを外してDeoreXTの11Tを入れ,11-12-13-15-17-19-21-24-27Tに。
たいていは,12,13Tばかりで,27Tなんて,めったに使うとこないですけど・・・・・・・

さて,試乗。

MTB用のギア板を混用できるのか~
杞憂でした。
同じシマノの9S,規格が同じようです。
変速は,全然問題ないし,ギア落ちもありません。
やっぱり,ギアが近いと変速が気持ちいいし,走りも滑らかになりますねぇ~

これで,スプロケ換装は終わりかな。
次は・・・・・・

ところで,今月のBiCYCLE CLUBに「ダンシングで上りが劇的にラクになる!」ちゅ~記事がありました。
確かに,そうなんだけど,小径車のPANTOは,フロントが振れてダンシングがしづらいしなぁ~
でも,PANTOでなんとかコツを掴む努力をしたほうがいいのかなぁ~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

時々曇,時々雨,時々晴

今日は,曇ってるかと思うと陽がさし,雨が降るという,クルクル変わる天気でした。

陽がさしながら雨が降ってるんで,見事な虹が。

小さい頃は,あの虹の根元に近づけそうな気がしてワクワクしたよなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

十三夜の月

今日は旧暦9月13日,十三夜の月です。
先月の十五夜だけでは、「片月見」といって忌まれるので今日も月見です。

今日は,先月と違って見事に晴れ渡って,美しい月がでてました。満月じゃないですけど・・・・


E-300&ED50mm 16倍にトリミング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

秋らしくなってきた

最近,夜が冷え込むようになって,街の景色が秋らしくなってきました。

出勤帰りにちょっと寄り道を・・・・・・・


ハナミズキ


イヌタデ


ヨウシャヤマゴボウ


柿の実@紙屋川


柿の葉@紙屋川


ヤマハゼ

京都市の北の方は,ぼちぼちと色濃くなってきてます。


芭蕉庵@金福寺


楓@金福寺

お寺の楓は,色づき始めてます。


絶滅危惧種 フジバカマ

以上,GX100

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

セアカゴケグモかと思った

帰宅したとき,玄関先に大きな黒いクモが・・・・・・・

最近,大阪の方でセアカゴケグモの被害が出ている矢先なんで,思わず身構えてしまいました。
近づかずに正体を見るため採った手段は・・・・・・・・ デジカメ撮影。


GX100 72mmマクロ f5.6 AUTOストロボ

ついでにE-300&50mmマクロも持ち出して・・・・・・・


E-300 & ED50mm マクロ f5.6 AUTOストロボ

同じ絞り値でも被写界深度が微妙に違いますねぇ。72mmと100mmの違いか・・・・・

解像感は,やはりデジ一眼の方がまさってます。というか,このED50mm Macroレンズの性能がかなりハイレベルですからね~

こうしてみると,GX100は,コンデジながらかなりガンバッてますよ。

脱線しましたが,このクモの正体はキノウエトタテグモ♂でした。

キノウエトタテグモ
体長♀13~17mm、♂9~12mm 成体♀通年、♂9~10月 寺院・ 神社の境内、旧家の庭先などの土台石や敷石の脇に多い。石垣・崖、大木の根元にも見られる。地面に穴を掘って住居を作り、 入口には片開きの扉をつける。殆どが縦穴だが崖地などでは横穴となる。扉の裏で外を窺い、昆虫等が通ると飛び出して捕え、 住居の中に引きずり込み食する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

久々の深泥池の微生物エントリー

深泥池のプランクトンの写真を整理したので,久々のエントリーです。

深泥池は,観るたびに新顔のプランクトンがいるんですが,やはり今回も・・・です。

では,まず盛夏(8月4日),50種ほど観たなかの新顔です。


ミドリムシ植物門 ミドリムシ藻綱 ミドリムシ目 ウチワヒゲムシ属

ウチワヒゲムシは,他に3種ほどいましたが,こいつは初めてです。


ミドリムシ植物門 ミドリムシ藻綱 ミドリムシ目 トラケロモナス属

トリケロモナスは角のないヤツは前に観たことがあります。


渦鞭毛植物門 渦鞭毛藻綱 キストディニウム属

コイツは初めてです。去年は観たことがありませんでした。


繊毛虫門 梁口綱 ゾウリムシ目 ゾウリムシ属

ミドリゾウリムシです~


肉質鞭毛虫門 根足虫上綱 葉状根足虫綱 無殻葉状根足虫亜綱 マヨレラ属

ミドリアメーバです。深泥池では,アメーバは初めてです。


肉質鞭毛虫門 根足虫上綱 葉状根足虫綱 有殻葉状根足虫亜綱 ナベカムリ目 ナベカムリ属

ナベカムリはよくいますが,横ショットは珍しいんで。


不等毛植物門 黄緑色藻綱 ミショコックス目オフィオキティウム属

面白いカッコしてますね~


藍藻植物門 藍藻綱 ネンジュモ目 アナベナ属

よくいるはずなのに初めて観ました。


緑色植物門 シャジク藻綱 ホシミドロ目 スタウラストルム属

スタウラストルムは,いろんなカッコのがいますね~


緑色植物門 シャジク藻綱 ホシミドロ目 スタウラストルム属


緑色植物門 緑藻綱 クロロコックム目 ディクティオスフェリウム属

糸で繋がってます。


緑色植物門 緑藻綱 クロロコックム目 テトラエドロン属


緑色植物門 緑藻綱 ヨツメモ目 スフェロキスティス属

さすがに夏は種が豊富です。

さて,お次は,初秋(10月8日)の35種ほど観たなかの新顔です。
上とかぶっているのも何種かいました(除いてます)。


繊毛虫門 オフリディウム属

巨大な繊毛虫です。


不等毛植物門 黄緑色藻綱 ミショコックス目オフィオキティウム属


緑色植物門 シャジク藻綱 ホシミドロ目 スフェロゾスマ属


緑色植物門 緑藻綱 クロロコックム目 コエラストルム属


緑色植物門 緑藻綱 ボルボックス目 テトラバエナ属


輪形動物門 輪虫綱 ハナビワムシ目 ハナビワムシ科 ハナビワムシ属


輪形動物門 輪虫綱 遊泳目 カシラワムシ属

寒くなると,種が減ってちょっと寂しいですね~
今回は,なぜかワムシ類が豊富でした。写真のヤツの他に3種ほどまだいましたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

プラタナスグンバイだってぇ

近所のプラタナスの葉が,9月初旬より一斉に白茶色に変色を始めました。
で,特にひどい木は,既に葉が剪定されています。
こんな現象は,今年が初めてです。

それらの木々の幹には筵や布が巻かれ,こんな↑札がついてました。
葉の変色原因は,北米産のプラタナスグンバイという虫だったんです。

この虫,2001年に国内で侵入が確認され,少しずつ被害が拡大しているそうです。
今年は,ここ京都でも大量発生ですね。

ところで,葉についている虫は,葉とともにいなくなっていると思うんですけど,この筵で何をしてるんですかねぇ~

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

硫黄岳に登ってきた

黄葉にはちと早いかと思ったけど,子供の山デビューを兼ねて登りやすい八ヶ岳連峰の硫黄岳に登ってきた。

昨日9時に出発し,中央高速諏訪ICを降り,茅野を横切って三井の森を抜け,未舗装林道を桜平まで走り,そこで車中泊。
駐車場は標高1935m,気温4℃だった。お~寒。

メガーヌは,後席をたたみ,前席も倒し,シュラフマットをひくと,大人が脚を伸ばして寝ることができる。
これで朝まで快適にお眠りして,7時半に出発。

朝の駐車場はこんな具合だったけど,昼撤収する時は隙間もないほどにいっぱいになっていた。
さすがに秋山のシーズンイン。

登山道を登っていると朝日が。

夏沢峠で一休み。

目指すはあの山の向こう。

目指すはあの小さい人影が見える稜線。ちょっと天気が怪しい。

9時半に山頂に到着。
頂上はガスが・・・・・・・
残念ながら周囲の絶景はお預け・・・・(T_T)

今回見たかった硫黄岳の 巨大な爆裂火口跡。
写真じゃよく判らないが, 足元は断崖絶壁となって鋭く切れ落ちている。

下界の黄葉はまだまだだけど,山頂は高山植物が色づいていた。


ウラジロツツジ


ミヤマダイコンソウ


イワウメ

ガスに覆われ,風が強くなり,体感温度が下がってきたので,横岳は諦めて下山。

下山中,森の中を眺めてみると,キノコの森だった。

最後に見た高山植物,ホソバトリカブト。

お昼は,ガソリンスタンドで教えてもらった蕎麦屋さん(信州味屋敷ささおか)で天そば。

ここの藪そばは,柔らかいのこしがあって美味だった。

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »