« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

O~クションが終わった

およそ1年前に第一次放出をしたコレクションの1/43絶版キット。
今回、第二次放出。
メッチャ忙しい発送作業がやっと終わった。

去年、1/43キット界の大物原型師が亡くなり、彼の作品にはプレミアムが付いていた。
今回の放出品には彼の作品が何品かあり、案の定、購入価格の倍近い価格の落札。
そんな貴重なキットを・・・・・
なんだが、ボク自身は実車と似ていない造形があまり好きでないから・・・・・・
それから、作らずに押入れに眠らせておく気もないし。
実は、もっと貴重なヤツが、まだまだ残ってるし・・・

前回と同じく、落札していただいた方々から、長年探していた貴重なキットを・・・・、というメールを何件かいただいた。

さて、売却金額を計算してみた。

           フフフ、夢魔に貢ぐ資金が出来たぜ・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

製作の再開

自転車に関心が移ったせいでしばらく途絶えていた自動車模型作りを再開することにした。

か~な~り、やってなかったので感が鈍ってるやろう~、ってことで、 リハビリがてら完成間近で止まっているヤツから片付けていくことにした。

第一段、AMRの Ferrari 330LMB LM63 #26。
通常、このタイプは330LMBとして有名だが、キットの元になったクルマは、250GTOの外装を乗せ換えた経歴を持ち、 そのため3Lなので実は250LMBである。

このキットは、今は亡き原型師A.M.Rufの作品だが、フロントがブタみたいで全く実車に似てなかったから、大幅な修正を施した。 それから、いびつなサイド窓枠を削りとばして。
デザインは原型師の解釈やから尊重すべきという意見もあるけど、ボクは修正するww
フロントの修正がもう大変だったんで、ここで力尽きた次第だ。あとサイド窓枠を作り直し、全体を磨きあげれば、 大変な作業はほぼ終わりなんだけど。

さあ、3月はまた山サイで忙しくなるから、2月中に完成させねば・・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

キッチンドリンカー

今日は、奥さんが会議で遅くなるから、ボクが夕食の準備。

息子と二人で何にするかあれこれ思案しながら、冷蔵庫を漁っていると、シャブシャブ用冷凍牛肉があるじゃないか。
これで、あっさりと牛丼に決まった。
牛丼なんかに使って・・・って怒られそうだけど・・・・・
このへん、生活感のないのが男であるw

さて、まずだしを作るわけだが、料理酒とみりんを使うとすき焼き風になってくどそうなので、 ここはあっさりと仕上げるために白ワインを投入することにした。
おフランスの白ワインじゃあっさりしすぎかもと思い、甘いドイツワインにした。このへん、へんに拘るのも男であるw

酒屋に行ってみると、なんとリープフラウミルヒは600円、その上のカビネットでも800円で置いてある。
何年前だろう・・・・、少なくても2000円だしてカビネットを買ってたよな~。800円のカビネットなんて見たことなかったぜ。
しばらく離れているうちにドイツワインもデフレが進んだのかなぁ。

まあ、800円なんて、酸味が強くてバランスが悪く、まずいに決まってる。醸造元もしらないし、品種も書いてないし。
そう、これは料理酒。そう割り切って購入した。でも、600円のリープフラウミルヒにしないのが男であるw

こいつを200mlほど鍋に注ぎ、醤油、コショー、おろし生姜、牛肉、日本酒、りんごジュース、砂糖などなど、 混ぜてだしをつくり始めたわけだが、煮ている間暇だ。
怖いものみたさに、ワインをコップに注ぎ、飲んでみた。

おっ! なんかけっこう美味いじゃないか・・・・  800円とは思えないぜ!

だしが出来上がる頃、自分も出来上がってしまったww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

冷ぁ~

今回の寒気は、か~な~り、しぶといですね。近所にはまだ雪が残ってます。
向こうに見える比叡山も相変わらず白いです。

それはそうと、1年ほど前に免停になったところ(川端通北行き、今出川交差点手前、レーダーは一条通交差点北あたり) でまたもや取締をやってました。
サイン会場が、1車線分左に入ったバス停なんで、路線バスが終わった夜間しかやらないと思ってたんですけど、下鴨署は大胆ですw

ちょうど、信号待ちで左車線にいて、前の車が遅いから右へ車線変更し、加速しようかな・・・・・・と思った時でした (前に捕まった時と全く同じパターンww)。
いやな予感がして、アクセルを戻し、遠くを見ると、バス停に白いワンボックスが止まってます。
もしやと思った瞬間、レー探が警告を・・・・・・

ハイ、お約束の警官が赤色棒を持って道路脇から走り出て来ました。

冷ぁ~

並走してた軽四が止められました。

きっと、運転してたお姉さんは、納得がいかないことでしょ~
ボクもよくわかりませんww

あのアクセルを戻した時が明暗を分けたのかも・・・・・・

それから、下鴨署はステルス型のレーダーを使ってます。レー探は役に立ちませんねぇ~(ToT)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

氷の路面やで~

昨晩からの霙が、今朝凍りついてました。京都市内はこの冬一番の冷え込みとなり、最低気温は氷点下1・9℃だったそうで。

そんな今朝、東京へ行くため、朝6時にクルマで京都駅に向かったんですが、濡れてると思ってた路面が実は凍ってました。

そんな路面をノーマルタイヤでゆるゆる走る通勤車。その横に、これまた通勤原チャリ。
路面に氷がはってるんやから、ノーマルタイヤで走るなよ~

こんな連中に道を阻まれて、新幹線に乗り遅れそうに・・・・
おかげで朝から体力の限界に挑戦しちまった。

あ~~、しんどかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

蜀台のよう・・・

夜、出先から戻ってふと見た京都タワー。蜀台のようでした。

朝から降り始めた雪。夜になっても、市内北部はかなり雪が残ってます。
明日、乾いてくれないと、明後日、遠征でけへんやないかぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

はなこさんで~す

目が何となく・・・・・・・
そうです、スギ花粉が飛んでます、もう。

今年は便利なアイテムが登場しました。
環境省の花粉観測システム「はなこさん」です。
ネーミングはちょっと・・・・ですが、なかなか優れものです。毎日愛用しております。

ところで植物がらみじゃないですけど「Dream Farm」っていう、ネット上で周りのヒトを巻き込んでミニトマトを育てるブログパーツ、面白そうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

チェーン引きのスぺーサーを作った

アルミパイプでごまかしていた9629のチェーン引き用のスぺーサーを作りました。

最初は、Φ10mmのアルミ○棒にΦ5mmの穴をあけようかと思ってたけど、メンドそうなので断念。
何かいいものあらへんかと道具箱に転がってるモノをあさってたら、丁度、M5ナットが、外径、内径ともにいいサイズ。

そこで、M5ナットの角をヤスリで削って丸く修正。

さてはめてみると・・・・・・

ぴったし!

錆びへんようにグリースをたっぷり塗って、クイックシャフトを通してオワリ。
こういうしっかりしたスぺーサーを入れると、リヤの剛性感が上がったようで気持ちエエです。気分的なもんやけど(^o^)

ついでに、9629はヘッドが立っていてハンドルがクイックなんで、 もう少し穏やか~を目指してステムを50mmからDAKARについてる70mmに交換してみました。

う~ん、やはりコントロールしやすくなりましたわ。おまけに、リヤが上がり易くも(^_^;
ところで、フロントのみ制動した時、ジャダーが・・・・・
よく見るとフォークレッグが、ガガガガァ・・って前後に震動してるやないですか!
フォークへの作用点が20mmずれただけで・・・・・
DAKARじゃこれほどの影響や変化はないっすねぇ。9629のフレームは、ちょっとピーキーなのかも・・・・

それよか、ジャダーの原因はローターにありそうやけど、フォークレッグが振動するやなんて、ありえへんです(T_T)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大陸の向こうで大変なこと

今、日本では農薬混入餃子事件で大騒ぎです。
どこで、どないして入ったんでしょうなぁ。
しかし、大陸の向こうではもっと大変なことが進行してます。

インド西ベンガル州と隣のバングラディッシュで、 H5N1鳥インフルエンザの家禽類への感染拡大がコントロールできなくなっているんですな。
この地域は、正確な情報が上がってきにくいので、実態はさらにひどいかも。

H5N1が家禽類に拡がるだけなら、それほどの大事件ではないんですけど・・・・ ヒトへうつりはじめたんですな、やっかいなことに。
インドでは、鳥インフルエンザ様症状を呈したヒト26人を隔離したそうです。
インドネシアでは、死者が102人に達してます。
感染したヒトは、50%以上死亡しており、か~な~り、恐ろしいヤツです。
死因は、多臓器不全とか呼吸困難とからしく、ただのインフルエンザではないんですね~

今、H5N1の感染拡大が続いているインド・バングラディッシュは、人口密集地域であり、家禽とヒトとが密接に関係していることから、 ここでウィルスがヒト間の感染力を獲得するのも時間の問題と考える人もいます。
既に中国では、ヒト-ヒト感染が疑われる事態が起こってますからね・・・・・

詳しくは下記サイトを。

http://homepage3.nifty.com/sank/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »