« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月24日 (土)

せんべいの聖地?巡礼

煎餅発祥の地へ行って参りました。

向かうはあの聖なる山。
じゃないですが・・・・・・・・

こんな石碑も立ってます。
ここから先は冥界へつながる道です。

ピシピシと刺すように冷たく容赦ない風を受け、時にはチャリごと飛ばされそうになりながら・・・・・・・・

巡礼者のように・・・・・・・・

着きました。

最近、米系焼き菓子に拘ってるワタクシには、ここは外せない聖地ですww

かなり放置プレイの立て札、解読してみました。

嵯峨小倉の里
   
煎餅発祥の地

 往古このあたりは「野は嵯峨野さらなり」と
枕草子の第一にも上げられ天皇 貴族は
ここで遊猟し若菜を摘んで遊楽をした
 山城国葛野郡嵯峨小倉の里の住人 和三郎
なるもの帰朝した 弘法大師空海○○煎餅の
製法を伝受され これにより葛根 米の粉○果実
の糖液を混合してこれ○○○亀甲煎餅として
嵯峨天皇に献上した 天皇は殊のほか賞味
され以後 和三郎は亀屋和泉藤原政重と
号し 嵯峨御所菓子御用となった 
 和三郎は このほかにも○○○ろの菓子を
考案 ○○ ○○○広めた 大同六年(八〇
六年)の事と伝えられた 

このハナシ、実は作り物という説もありますw
飛鳥時代に中国から原型が伝わったというハナシもありますが、それは現在に煎餅とは全く違ったものだったようです。

現在の醤油味煎餅は、今の草加市でできたというのが有力な説です。
農家の人たちが余ったご飯を煎って蒸し、塩をまぜてのばし、竹筒に入れて丸型に抜いて天日干ししてから、炭火で焼いたのが始まりで、 これに醤油味をつけて「草加せんべい」が完成したそうです。時代は江戸、江戸庶民の間で人気となり全国に広がったようです (http://www.senbeifun.com/knowledge/history.html) 。
この煎餅、いわゆる固焼きの醤油味のやつです。岡崎の煎餅屋で売っているやつですね。

そういえば、炭酸せんべいとか八ツ橋とか瓦せんべいのような板状甘系菓子も「せんべい」 と呼ばれてますね~
その昔、唐から、八種(やくさ)の唐菓子と14種の果餅(かへい)が、その製造方法とともに伝えられました。
この果餅に煎餅(いりもち)があり、小麦粉を練って焼いたものとされてます(http://www.kyototsuu.jp/Life/KashiTougashi.html) 。
そんで、これが「草加せんべい」じゃない煎餅のルーツとも言われています。

 

発祥の地を見た帰り、煎餅を買いました。
べたな行動ですw

小倉山荘の「嵯峨乃焼」(左)、蕪村庵の六角焼(中)、播磨屋本店の「はりま焼」。

何れも薄醤油味で生地は柔らかく仕上げられています。
草加せんべいとは対照的で、京風とも自称しておりますw
関西人のワタクシには、こちらの京風の方が美味しいですね~
その中でも、小倉山荘のやつが最も上品な味と食感でよかったです。

続きを読む "せんべいの聖地?巡礼"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

おかきとせんべいは違った

恥ずかしながら白状します。この年になって、おかきと煎餅は違うもんだということに気がつきました(大汗

きっかけは、日展を見に行った帰りに買った煎餅堂(岡崎)というところの煎餅。
家族は、定番醤油味が美味しいといって食べておりました。

ボクは、この醤油味があまり好きじゃないわけで・・・・・・
好きなのは、黒豆が入っていてシンプルな薄塩味の四角いやつなんです。
煎餅堂では売ってなかった・・・・・

そんなこんなで、あれこれ煎餅屋やおかき屋を調べていると・・・・・・・
ボクの好きなのは、「おかき」なんですね~ 「煎餅」じゃない。

広辞苑(第六版)によると、

おかき【御欠】
(女房詞)かきもち。

かきもち【欠餅】
(2)餅を薄く切って乾燥したもの。あぶり焼いて食う。(3)あられもち(物類称呼)

せんべい【煎餅】
(1)塩煎餅のこと。

しおせんべい【塩煎餅】
粳米(うるちまい)の粉を水でこねて蒸し、餅のように搗(つ)いて薄くのばしたものを丸く打ち抜き、醤油で付け焼きにした焼物菓子。

う~ん、ようは「おかき」は「糯米」が原料で、餅由来の食物。「せんべい」は「粳米(普通米)」の粉を練って、 醤油味に焼いた食物ってことのようです。

そんな「せんべい」も、関東風と関西(京)風があるんじゃないかな・・・・・・と思います。
というのは、同じ岡崎にある小倉山荘の「嵯峨乃焼」(薄甘醤油味の定番せんべい)と煎餅堂の定番醤油味せんべいを比べると、食感や味付けが全然違います。食感は、絹ごしと木綿の違い。味付けは、うどんつゆの違いに近いです。もちろん煎餅屋が関ヶ原の東方の感じです。

 

 

 

続きを読む "おかきとせんべいは違った"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

いつの間にか、近くでヒト感染が・・・・

中国では、今年に入って強毒性のH5N1型鳥インフルエンザウイルスに4人が感染し、うち3人が既に死亡したんですね~
去年は遠いバングラデシュやインドネシアの話しだったのが、いつの間にか近隣国に・・・・・・
おまけに、感染が速すぎです。

そろそろ、本格的に2週間以上篭城できる備蓄を始めないといけないのかも。

それはそうと、NHKのニュースで、最近ひっかることが多いな~
消費税増税のニュースでは、必ず反対派山本太一議員の映像が流れる。
詐欺罪の容疑を認めてる小室容疑者のニュースじゃ、いまだに小室プロデューサーって言ってるし。

なんでもないことでも繰り返すと、視聴してる方には刷り込みが起こるんですよね~
前回の件といい、何か意図的なものを感じるのはボクだけだろうか・・・・・・

 

続きを読む "いつの間にか、近くでヒト感染が・・・・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

正確な報道・・・・

NHKニュース 1月13日 4時40分
東京の「年越し派遣村」を主催した実行委員会が、派遣村を訪れた人たちに聞き取り調査をしたところ、 契約の打ち切りなどで仕事や住まいを失ったと答えた人が、40%近くを占めていたことがわかりました。
これは、「年越し派遣村」を主催した労働組合や弁護士などで作る実行委員会が、派遣村を訪れた人たちに聞き取り調査を行ったもので、 354人から回答がありました。それによりますと、元派遣労働者で「景気の悪化で契約を打ち切られたり、 契約を更新されなかったりして仕事や住まいを失った」と答えた人は73人、率にして21%でした。また、 「日雇い派遣で働いていたが仕事がなくなり、住まいも失った」と答えた人は57人で16%でした。その結果、 元派遣労働者は日雇いの人も含めてあわせて130人で、全体の40%近くを占めています。一方、 路上で生活をしていたと答えた人は33人で9.3%となっています。実行委員会は、仕事や住まいを失う労働者が後を絶たないため、 国や自治体に対しシェルターと呼ばれる一時避難所を各地に設けるよう求めていくことにしています。また、 派遣村に寄せられたカンパがこれまでに4000万円を超えたことから、失業した派遣労働者などを支援する基金も創設する方針です。 派遣村に集まった人のうちおよそ160人は、新しい仕事を確保する見通しが立たず、実行委員会は13日から東京都内に2つの旅館を借りて、 自立に向けた支援を続けていくことにしています。


・・・・・・そうです。朝のNHKだけで報道されてました。

派遣村を訪れた人のうち4割が、仕事や住まいを失くした元派遣関係者。
じゃ、残り6割は何者?
いろんな報道を見てたら、派遣問題とは全く無関係な事書いた幟を担いだヒトたちがたくさん映ってましたね~
タバコ吸殻やビール缶などがたくさん転がっていたと証言するボランティアの人もいました。

国民は、集まった人のほとんどが元派遣の不遇な人たちばかりだと思ってますよね~
そして、その人たちへの善意のカンパが4000万円。
この貴重なお金が、カンパした人たちが意図していない人たちに流れているかもですよ。元派遣じゃないヒトが6割ですよ~!
(ここは公正さを必要とする報道じゃないですから、勝手な憶測を交えてますww)

実行委員会は、残り6割の正体を明らかにしていないのか、NHKが黙ってるのか、さてどっちでしょう。
前者なら、そこまで取材しないNHKは問題ありやし、後者ならもっと問題ありです。
今のままじゃ、国民は意図的に正しいことを知らされていないようなもんです。
そして、棚ぼたの奴らがいるのかも・・・・

最近は、意図的に正確に伝えない報道が多いような気がしますね~
というか、昔からそうだったのかもしれないけど、インターネットが発達したおかげで隠せなくなった?

それから、メディアがするアンケート調査結果。
某新聞社の調査なんて、平日に家にいるヒトに聞いてるそうじゃないですか。母集団が偏り杉でしょ。 何かミスリードしようという意図があってやってるとしか思えないですw

 

続きを読む "正確な報道・・・・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

ピニンファリーナが・・・


トロン 1/43 Alfa Romeo Giulietta Spider

ちょっと前のハナシになりますが・・・・・・・


 経営再建中の伊ピニンファリーナは12月31日、創業一族が株式を手放すことで銀行団と合意に達した。 また2011年をもって現在の受託生産事業から撤退することも明らかにした。
 従来ピニンファリーナ家は、一族の投資会社ピンカー社を通じピニンファリーナ全株式の50.6%を所有していたが、 それらすべてを09年3月までに銀行団に担保として提供する。これによりピニンファリーナ家の持株比率は別企業を通じて保有する5% 未満に低下することになり、1930年以来78年間続いた創業家支配に終止符が打たれることになった。
 さらに現在トリノで行なっているフィアット車(アルファロメオ『スパイダー』、『ブレラ』)とフォード車(フォーカス『CC』) の生産も2011年の契約満了をもって打ち切り、受託生産事業から事実上撤退する。08年初めのベルトーネ倒産に次ぐ生産終了で、 これによって大メーカーの受託生産を行なえる大規模カロッツェリアはイタリアから消滅することになる。(レスポンス 1月2日)


・・・・・・そうです。

数々の名車を生み出してきたイタリアのカロッツェリアが、また一つ消えます。
寂しいですね・・・・・
時代が変わったんですね・・・・・

1950年代後半から1960年代のクルマが好きなワタクシとしては、カロッツェリアの黄金時代はこの頃と思ってます。この頃のベルトーネ、ピニンファリーナ、ザガートなどのカロッツェリアから生み出されたクルマは、どれも美し~い。

この時代の日本といえば、「ALWAYS 三丁目の夕日、続三丁目の夕日」の頃です。同じ敗戦国なのにイタリアでは次々と美しいクルマが生み出されていたんですねぇ~

そうそう、「ALWAYS 三丁目の夕日」を観た時、ある種の違和感を感じたんですよ。
その時はそれが何なのか別に気にもしなかったけど・・・・・
「続」を観て、悟りました。人の顔が違う。
1960年代に幼少期を過ごしたワタクシにとって、あの映画に登場する人々の顔はあまりに現代的過ぎるんです。今の映画やからしょうがないですけどね。

ハナシがそれましたけど、ピニンファリーナデザインのクルマで好きなヤツはあまりないんですが、アルファロメオ ジュリエッタ スパイダー (1955年)とか、プジョー205とかはいいですね~。あっ、そう、フェラーリ 375MM イングリッド・バーグマンは最高です。

美しいです。

 

続きを読む "ピニンファリーナが・・・"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »