« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月29日 (水)

SIGMA DP2を買ってしもた

1年前、SIGMA DP1というメガーヌにV6エンジンをぶち込んだようなコンパクトデジカメが出た。
こいつは、コンデジサイズのボディにAPS-CサイズのFOVEON X3 CMOSセンサーを積んでいて、半端じゃない画を造る。

そのDP1を1年使ってきたわけだが、35mm換算41mmの焦点距離を持ち、 画質や操作性がブラッシュアップされたDP2が発売された。

で、買ってしもた、わけで、今日、夕刻、いろいろためし撮りをしてみた。
共通設定は、ISO100/RAW撮影。SPP3.5でそのまま現像。

まずは、DP1が弱かった赤。


f2.8/カラーモード:STD/WB:☀

見た目に近い色。


f3.5/カラーモード:STD/WB:☀

ん? 絞ると少し色相が変わる。少し青っぽいかな・・・・・・


f3.5/カラーモード:NTR/WB:☀

んん? カラーモードを変えると色相が変わる。さらに青っぽくなる。


f3.5/カラーモード:NTR/WB:AUTO

んんん? WBをAUTOにするともっと青っぽくなる・・・・・・・


f3.5/カラーモード:STD/WB:AUTO

今度は白い花。


f3.5/カラーモード:STD/WB:☀


f3.5/カラーモード:NTR/WB:☀


f3.5/カラーモード:NTR/WB:AUTO


f3.5/カラーモード:STD/WB:AUTO

次は青空。


f3.5/カラーモード:STD/WB:AUTO


f3.5/カラーモード:NTR/WB:AUTO


f3.5/カラーモード:NTR/WB:☀


f3.5/カラーモード:STD/WB:☀

今日の夕刻の感じは、カラーモード:STD、WB:☀でちょうどくらい。

カラーモードは、NTRにすると青っぽくなるみたい、というか彩度が落ちるようだ。
WBは、AUTOにすると青っぽくなる。
絞ると色相が変わるみたいだ。

う~ん、結構、癖があるなぁ・・・・・
ファームウェアのバージョンアップで、この辺は今後修正されるかもね。

 

続きを読む "SIGMA DP2を買ってしもた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

似たモノ同士

左図はルノーメガーヌRSのダブルアクスルFサスペンション。右図の左はニューフォーカスRSのレボナックルFサスペンション。

どちらも、ハイパワー&大トルクを受け止めるために開発されたFサスペンションシステム。

限りなく似てますね~w

オートカー誌によると、どちらも2001年に開発が始まり、フォードが特許取得した時に、ルノーはオレが先や・・・・ と文句をつけたそうです。
目指すところが同じで、合理的アプローチをすれば、出来上ったものは限りなく近いものになるという一例ですかね・・・・・・・

今度のニューフォーカスRSは、300ps&44.1kgm。
ニューメガーヌRS(250ps/5500rpm、最大トルク34.7kgm/3000rpm)もびびるパワー。
正直なところ、これだけのパワーをきっちり受け止めることができるんですかね~
メガーヌRS(Ph1)では、一気に加速すると、か・な・りトルクステアでますから・・・・・

続きを読む "似たモノ同士"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

高島トレイル

毎年、5月の連休は近郊の山に登っている。
ここしばらく、鈴鹿山系ばっかだったから、どこか他所に行きたくなった。

近年整備されたきた高島トレイルのアプローチしやすい赤坂山~三国山が、まずはいいかも。

ルートは、 「マキノ高原駐車場~登山口~武奈ノ木平~栗柄峠~赤坂山山頂~明王の禿~三国山分岐~三国山山頂~三国山分岐~黒河峠~黒河越林道~黒河越林道入り口~白谷~マキノ高原駐車場 (オプション、マキノ高原温泉「さらさ」入湯)」かな・・ ・・

でも、 黒河越林道入り口→マキノ高原駐車場まで普通の道を2時間近く歩かんとあかんらしい。
寄り道になるけど、先に黒河越林道入り口にチャリを置いておくとかどうかな~
ついでにプチダウンヒルもできるし~w

で、 誰か行きませんか~

続きを読む "高島トレイル"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

タイヤのちょっとインプレ

土曜日まであった桜花。
昨日で一気に散り、今日はすっかり葉桜に。
土日と夏日が続いたから、しょうがないでしょw

ミシュランプライマシーHPに換えて一般道&高速を500kmほど走って、一皮剥けたところでしょうから、ちょっとインプレを。

対ワンダリング性がイイというのは、ホントですねぇ。めったに走らない高速道路の走行車線が楽ですw
対ワンダリング性と関係してるのか、直進性がすごくいいです。
それから、静か。
それから、それから、よく転がる感じがします。速度維持が楽です。
パイロットスポーツPS2の時に比べてガソリン消費量が5~6%ほど改善されてま~す。

加速はPS2の方がいいような気がします。
当たり前ですが、PS2の粘着テープのようなグリップはないですからねぇw

まあ、断面幅は一緒やけど扁平率が違うから単純比較はできませんけど・・・・・・
高速道路に関しては、換えて正解でした。PS2の時と比べて運転がかなり楽です。
峠道に関しては、やはりというかグリップに頼るドライビングはちょっと無理。
まあ、ボクのようなヘタッピには、プライマシーHPの方がいいでしょ。
無茶できないし、丁寧な荷重移動を心がけるようになるしww

 


 

続きを読む "タイヤのちょっとインプレ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

常温核融合

ちょっと前のハナシですが、アメリカ化学会(3/22-3/26)で常温核融合(Cold Fusion)のセッションが設けられ、 多くの発表があったそうです。
これまでアカデミズムの世界では日陰モノだった常温核融合、認知されたということでしょか。(http://www.eurekalert.org/pub_releases/2009-03/acs-fr031709.php

これから厳しい戦いが始まりそうです。なんせ、先に技術を制した者がエネルギー事情を制するかもしれませんから・・・・・

パラジウムの先物か・・・・ふふふ

続きを読む "常温核融合"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

あ~~ カフン

昨日、外に停めていたメガーヌ。
まるで、工事現場にあったよう。
黄砂があったにしちゃ、ひどすぎるな、と思いつつ指でなぞると、砂にしちゃ、やけに感触が軽い。

もしや、と思いつつ、「砂」を顕微鏡で覗いてみると・・・・・・・・

これが、「砂」の正体。

積っていたのは、ぜ~んぶ「ヒノキ花粉」。

あ~、指で触ってしまった!!
指先がぴりぴりし、息苦しくなってきますたw

「はなこさん」の記録をみると、昨日の最高は2200個/m3。
まるで花粉シャワーです。
致死量ですw

 

続きを読む "あ~~ カフン"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

宇宙太陽光発電

もう見頃ですよ~


 宇宙で太陽エネルギーで発電し、地上に送って電力利用する「宇宙太陽光発電」の技術開発に、日本が乗り出す。 5月に策定される政府の「宇宙基本計画」に盛り込まれる見通しになった。3~5年後を目標に小型の人工衛星を打ち上げ、 発電や送電の技術を確かめる実証試験に入る。
 3日にあった政府の宇宙開発戦略本部(本部長・麻生首相)の専門調査会で基本計画の骨子案が示され、「宇宙太陽光発電」を環境・ エネルギー対策の先端的研究に位置付けた。小型衛星による実証試験後、経済性などを見極め、実用化に向けた検討に入る。
 人工衛星に取り付けた太陽電池パネルで発電し、大気や雲に吸収されにくい電磁波に変えて地上に送る案が検討されている。 宇宙空間は天候に左右されず、昼夜を問わず安定した発電が可能。このため、地上の5~10倍の効率で発電できると試算されている。 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が中心となって基礎研究を進めてきた。

 宇宙太陽光発電は欧米でも検討されているが、人工衛星を打ち上げて試験する段階には達していない。

朝日新聞4月3日http://www.asahi.com/science/update/0403/TKY200904030062.html


JAXAが研究を進めてきた「宇宙エネルギー利用システム(SSPS:Space Solar Power Systems)」 http://www.ard.jaxa.jp/res/amrc/ssps/index.htmlが、 国策として本格的に推進されるんですな。
こいつは、太陽光エネルギーを赤道上空約36,000kmの静止軌道上の衛星で収集し、 マイクロ波やレーザーの形に変換して地上に送るエネルギー供給施設のことで、 地上でそのエネルギーを電気や水素として利用することを想定しています。
実現すると、 究極のクリーンエネルギーになり、日本はエネルギー供給の制約からかなり解放されます。

と同時に・・・・・・・
核とは違う抑止力にもなるんでは・・・・・
えっ、どうして・・・・・・
宇宙空間から収束された強力なエネルギーが地上にやってくるわけです。
エネルギー密度はどれくらいか分かりませんけど、ある意味、ガンダムOOで登場した衛星兵器「メメントモリ」ですよ~w

 

周りの国が黙ってないでしょw

続きを読む "宇宙太陽光発電"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

タイヤ交換

今年の冬は、全くスタッドレスの出番がなかったなぁ。
というか、毎年、雪が少なくなってる。来年は、スタッドレスいらないかも・・・・

というスタッドレスを夏タイヤに交換するわけだが、もう直ぐ交換時期がくるその夏タイヤを、この際新品に換えてしまうことにした。

ところが、悩みどころがホイールである。純正ホイールに戻すか、今夏タイヤ付けてる軽量クロイツァーXで行くか、である。

というのも、純正&215/50スタッドレスのハンドリングが気持ちよかったので純正&215/50タイヤを試してみたくなったから。
それから、今は高速道路しか走ってないから、高速道路が楽な(=対ワンダリング性=ノーマルトレッド幅&高扁平でないタイヤ) 方向がいいのもある。

で、結局、チョイスは純正&ミシュランプライマシーHP 215/50。
225/45タイヤと比べたら、タイヤ径が1cm強大きくなり、おまけにサイドがムチムチっと丸っこいから迫力低下(涙
でも、フェンダーとタイヤの隙間が狭くなって間抜け度低下したんで相殺でしょw

クロイツァーX&パイロットスポーツPS2(後1000kmほどの寿命)、誰かもらってくれるヒトいないかなぁ・・・・・・・

続きを読む "タイヤ交換"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

銘菓「春日乃豆」

銘菓「春日乃豆」
大豆粉を飴蜜で練り上げた物を「すはま」と申します。竿菓子の洲浜を作る生地という意味が語源です。この素材でいろいろと細工をいたします。
指先でひとひねりし、お多福豆(空豆)を作り、丸太町通りの、古名 春日小路に因み「春日の豆」と名付けた初代以来、
  まめのすはま
とご愛顧いただいております。

  御洲浜司 植村義次 http://www.hpmix.com/home/suhama/AI3.htm


・・・・・ちゅ~美味しいお菓子をいただきましたw

大豆粉と飴から作られた単純なお菓子で、「柔らかくて、甘ったるくもなく黄粉の風味がよかった」くらいの感想でした。

けど、HPのQ&Aの「すはま」についての解説を読んでみると、素材は単純やけど、 その味や食感が成り立つ背景は単純ではないちゅ~ことです。

凄いですね~和菓子は。奥深いです。それが深い味わいを生んでいるんですね。

 

続きを読む "銘菓「春日乃豆」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

インサイトとプリウス

最近、新インサイトをよく見る。
コンパクトで、なかなかいいんやないですか。

ただ、あのスタイル、プリウスに似とるね~
トヨタお家芸の「売れているクルマと同じようなスタイル、コンセプトのクルマを後出しして市場を横取る」っていう手法を、 ホンダが逆手に取ったか・・・・・・ちゅ~感じ。
ホンダは、これを散々やられたからな~

ところで、やられたトヨタ、相当怒ってるようです↓。
http://blogs.jp.reuters.com/blog/2009/04/02/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%80%81%E3%80%8C%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%80%8D%E3%81%A4%E3%81%B6%E3%81%97%E3%81%AE%E6%9C%AC%E6%B0%97%E5%BA%A6/
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200903310016a.nwc

トヨタは今年5月、3代目「プリウス」を投入するけど、当初、現行モデルよりも高い価格に設定するつもりが、 最低価格を現行より引き下げるらしい。おまけに現行モデルは引き続きインサイト並みの値段で販売を続けるそうやし。
新「プリウス」は、2代目よりかなり品質が向上していて、インサイトと比較するとはっきり勝ちだそうです。
だから、現行より価格を下げたら赤字でしょ。

    やっぱり、インサイトを潰す気やね。

トヨタはHV車市場を自分で開拓したという自負があるんやろけどな~ 
これからの車社会のあり方、これまで自分らがやってきたことを省みれば、もうちょっとオトナの対応もあるんやないかなぁ・・・・・・・

やっぱり個人的には、トヨタは好きになれへん。どんないいクルマだろうと。
HV車を買うならインサイトでしょw

続きを読む "インサイトとプリウス"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »