« 無限遠 | トップページ | 河合神社界隈 »

2009年11月28日 (土)

Planarの試し撮り

曇天が恨めしいが試し撮りをしてみた。
ピン山がつかみにくい5Dのファインダー、メチャ左目が疲れたっすw

まずは光量(絞り値)に対してカメラが選ぶ露光量(シャッタースピード)をテスト。
だいたい、どこのメーカーも自分とこのレンズ特性に合わせて露光量を決めてるから、他所のレンズじゃ最適露光量は得られないもんです。
テストは、ISO100、評価測光、WB:☀、RAW撮影でDPPそのまま現像。

F17
f1.7

F28
f2.8

F56
f5.6

F8
f8

さすがにフルサイズだとPlanarのボケボケがいきるねぇ~
絞るほど明るく写ってるのは、カメラが露光量を計算してシャッタースピードを変えてるから。
やはり、予想に違わず露出がダメダメっすw
それから、解放では噂に聞く周辺流れと周辺光量不足がありんすw

同時にDP2で撮ってみた(RAW撮影、補正なし)。

Dp_f56

f2.8

背景がよく写ってるw
葉の輪郭もはっきりしてる。
これがフルサイズとAPS-Cサイズの違いかね~
Planarの方は、f5.6でもある一点でピントが合ってて周辺はボケてるんですわ。
う~ん、葉の輪郭の鮮明さはレンズのせいかもね。

で、上の画像の明るさは適正。
じゃあ、Planarでは、f2.8~f5.6の間で適正な露出?

F4_sky
f4

う~ん、やはり、だいたい、f4くらいの時が適正露出みたいやね。

そんじゃ、解放近くで撮るにはどれくらい補正しとけばいいか・・・・・・・

F17_0
f1.7 

F17_03
f1.7 +1/3補正

F17_07
f1.7 +2/3補正

F17_1
f1.7 +1補正

F28_03
f2.8 +1/3補正

解放に近いときは、だいたい+1/3ほど補正すればいいみたい。

だいたい、癖が解りました~

追加

F28_2

f2.8 +1/3補正

このボケがいいっすね~w






|

« 無限遠 | トップページ | 河合神社界隈 »

c. 撮影機材」カテゴリの記事

コメント

5Dのファインダーでもやはりマニュアルフォーカスではピントの山がつかみにくいんですか?
老眼進んでるので僕にはつらいかも・・・

また5D自体のクセとレンズ固有のクセがやはり問題となるんですね?

色合いについては記憶色(つまりイメージから)、実際に近い色合い、派手目の色が好みとか、撮影者本人の好みが反映されて設定するということになるのでしょう””

最近のデジ一眼は色合いの設定も大幅にいじれるようですし、コントラストも自動的に拡大する設定できるし、昔の銀塩に時代にはラボでやってた工程がカメラ内でできるみたいですね””
画像エンジンが進歩改良されているのが大きいのかな?

僕はイージーに流れるの方なので、あまり積極的には使用してないですが・・・・
でも目で見たイメージにはこだわりたいものです!

僕は純正のレンズのみ(しかもデジタル専用のもの)のみしか持ってないので、他社のレンズではこういう作業は常に必要なんですね””
参考になりました””

投稿: ハクセキくん | 2009年11月29日 (日) 13:22

5Dの標準スクリーンはピントの山がつかみにくいことで有名みたいです。
スクリーンを換えねば・・・

レンズの露出補正は、予めやらなくても撮りながらやればOKでしょう。
これは、ボクの興味だけですw

画の色合いは、JPGで撮るとカメラ任せになるんで、ボクはRAW撮影し、必要な場合は好きなように弄ってます。
フォーサーズは、JPGでもRAWでも差がなくて寂しいですね~

投稿: MEGPON | 2009年11月29日 (日) 20:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104553/46883290

この記事へのトラックバック一覧です: Planarの試し撮り:

« 無限遠 | トップページ | 河合神社界隈 »