« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

大晦日

Img_8470_r
5D & Elmarit 2,8/28

今年最後の夕日です。
火事場のように赤く焼けてますね~
フッ、来年を予感させるって・・・・・・w

実は、寒波が来てる今日、あのあたりは、雪が降ってるようです。

さてさて、今年の重要出来事、私的版。

まず、海外。
・米国 民主党 オバマ新政権
 ノーベル平和賞は、核削減をホンキでせい!ちゅ~ きつ~いメッセージですねぇ・・・w
 同じ民主党でも、某国民主党のボスとは雲泥の差です。
・米国GMとクライスラーの経営破たん
 米国民は愕然としたことでしょう。不滅はないのです。
・ウイグル暴動
 次から次へと事件が起こるんで、あっちゅ~間に記憶のかなたに・・・・・
・COP15
 結局、じこちゅ~な中国や米国のせいで結論が先送りになりました。
 おかげで欧州排出権相場が暴落して、欧州涙目。
・新型インフルエンザのパンデミック
 鳥インフルだったらパニックでしょ~
・イラク多国籍軍の撤収
 長かったっす。次はアフガンに舞台チェンジです。オバマさん。

お次は国内。
・民主党新政権
 自壊した自民党に代わり、朝令暮改の鳩山新政権っす。
 めっちゃ不安で年を越すのが怖いんですけど・・・・・
・新型インフルエンザ流行
・裁判員制度
 一般人に量刑判断させるとはねぇ・・・・・
・円高、デフレ
 政府が「デフレ」宣言だしました。景気悪化、株価は日本一人負けです。
・無人輸送船HTVの成功
 いや~快挙でしょ!
・ハイブリッドカーの一人勝ち
 日本のクルマ文化は終わりです。
・奈良県桜井市が邪馬台国の有力候補地に
 纒向遺跡や箸墓古墳から続々と有力証拠がでました。そろそろ、決着がつくのかねぇ~

オバマ大統領のChangeじゃないけど、いろいろ変化の大きかった今年。

ワタクシ的には、4駆車に換えたこと、カメラ沼に再び足を突っ込んだことで、行動パターンが変わりそうです。
まあ、景気が回復してくれないことには、全く動けないですけどね・・・・・shock

ここをご覧の皆様、お世話になりましたm(_ _)m
良いお年をshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

09年発掘回顧

 今年の発掘調査は、奈良県桜井市の纒向(まきむく)遺跡で「卑弥呼の宮殿か」と話題を集めた大型建物跡が出土、箸墓(はしはか)古墳(同市)では築造年代が卑弥呼の没年に近い3世紀 中ごろと判明するなど、邪馬台国畿内説が一気にヒートアップした。島根県の砂原遺跡では12万年前の国内最古とみられる旧石器が出土。旧石器捏造(ねつぞ う)問題以降タブー視されてきた研究進展に弾みがつくなど、考古学界にとって大きな1年となった。

 「卑弥呼の金印が見つからない限り、所在地論争は永遠に決着しない」ともいわれ、古代史最大の謎を秘めた邪馬台国。しかし、纒向遺跡の発掘調査で、床面積238平方メートルのこの時期としては国内最大規模の建物跡が見つかった。

 邪馬台国九州説の有力候補地である吉野ヶ里遺跡(佐賀県)の大型建物跡の156平方メートルを大幅に上回る規模。纒向遺跡の建物跡は東西方向に4棟が一直線に並び、後の飛鳥時代の宮殿を思わせる規則的な配置だったことから、卑弥呼の宮殿説が一気に浮上した。

 箸墓古墳でも注目される成果があった。国立歴史民俗博物館(千葉県)の研究チームが、出土した土器を放射性炭素年代測定法で調べたところ、240~260 年ごろの可能性が高いと発表。卑弥呼は248年ごろに死亡したとされ、「卑弥呼の墓であることはほぼ確実」との見解を打ち出した。

産経新聞 2009/12/23
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/339052/

・・・・・・・

いや~今年は、奈良方面がアツイ年でした。
数年内に邪馬台国論争の決着がつきそうです。

ワタクシ的には、桜井決定ですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

年も暮れて・・・・

Img_8355_r
5D & Macro Elmarit 2,8/60

もう年も暮れ。
借用してたマクロエルマリートもお帰りになる時。
で、最後に何故か和む13号路地を写してみました(一昨日です)。

う~ん、この画じゃ和みませんね~
壁の色はもっと青緑で艶やかだったのにね~
エルマリート2,8/28ではいい感じに写ってたのにな~

他の画もなんとなく眠くて生彩に欠けてる(んで、載せませんw)。
言っちゃ悪いがハズレ玉?
それとも、こんな玉?
ただし、マクロ性能はマクロレンズでした。
ネットの作例を探してみたけど、使ってる人、ほとんどみあたらないですw

まあ、そんなこんなで、久々にカメラ沼にちょっと落ちてしまった今年後半。
来年は景気が良くなってくれないと・・・・・・・

そうそう、今年もあと一日という時、ワタクシ的には今年最大かというような話題が日経サイエンス(Vol.40 No.2)に載ってました。

2004年にインドネシアのフローレス島で見つかった1万8000年前の小型の人類化石(フロレス原人)。最初、この原人は、我々現生人類の先祖であるホモ・エレクトスの子孫と考えられていたけど、よく調べてみるとホモ・エレクトスより原始的で、より古いホモ・ハビリスの子孫かもしれなくなった。そうなると、人類の進化にかかわる重要仮説が覆る可能性があるという。

つまり、アフリカで誕生した人類の祖先は、180万年前のホモ・エレクトスの時に出アフリカをして世界に広まったと考えられているわけです。
が、ホモ・エレクトスより原始的なフロレス原人が200万年前に先に出アフリカをして、はるばるインドネシアまでやってきて、ほとんど進化なしに1万数千年前まで生きてた・・・・・・・・impact
2万数千年前まで生きてたネアンデルタール人より長生きですよ~sweat02

これがホントなら驚くべきことsign03

今後の研究に目が離せません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

Planar と Elmaritの違い

一般にツアイスレンズはコッテリとした写り、暖色系の発色をするといわれてます。
ワタクシもそう思います。
では、同じドイツでも、ライカはツアイスと違うのか・・・・・・
いろんなところで語られてますが、機会があったので自分の眼で確かめてみました。

比べたのは、Planar 1,7/50mmとMacro Elmarit R 2,8/60mm。
絞りはf2.8、WBは☁、露出補正-2.0。

Img_8313_r Planar 1,7/50

Img_8311_rMacro  Elmarit R2,8/60

Planarは、実際より暖色方向に写ってます。
Elmaritは、やや寒色方向ですが実際に近いです。
画角が違うからなんともいえないけど、Planarの方が立体感がありますね~

Img_8315_r
Planar 1,7/50

Img_8318_r
Macro Elmarit 2,8/60

実際の山茶花の花の色はElmaritの方ですけど・・・・・・・
Planarのほうが艶やかな感じです。

う~ん、Planarのちょっと艶やかな暖色系もいいですな~
被写体によって使い分けるなんて贅沢なことができればいいな~ってとこですかw

まあ、色合いなんて画像処理でなんとでもなるので、今の時代、あまり重要なファクターじゃないかも・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

窮すれば濫す

Img_8274_r
5D & Elmarit 28mm

京都は未明に初雪があったそうです。
どうりで、今朝のチャリはいつになく寒かった・・・・・

迷走してた子供手当ての所得制限と暫定税率廃止の件、所得制限なしで暫定税率は廃止して新たに導入した税で実質的に税率維持とな・・・・・・

子供手当て、所得制限なしにばら撒くと経済格差が広がるような気がするが・・・・
それに、今は貯金になるだけやから、景気回復に投入した方がいいのに。
景気が良くなりさえすれば、全てOK。雇用も貧困も政府の支持率も~w

それから、税収が落ち込んで困ってる政府、この際、新たな税でもっと広く課税して実質的に税収を増やす魂胆やないでしょうなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

路地......

Ws000034

Ws000035_2

EOS 5D & Elmarit R28mm

街中には、細~い裏通りがいっぱいあります。
人がいない時に迷い込むと、日常から乖離した空間を意識します。
しばらくカメラ片手にうろうろしてみます。ただし、人がいない時間が重要・・・・

自分が感じた気分が写るかな・・・・・
下手やから、ただの変な写真になるでしょう。
自分はそれを見て、その時の感覚が蘇るからいいけどなぁ・・・・・・

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

どこの利益代表?

Ws000019
5D & ELMARIT 28mm

小沢幹事長は、どこの国の利益代表っすか?
最近の言動は、メチャ危険なヨカンがするんですけど・・・・

鳩山不況、事業仕分け大不発、普天間迷走による日米の軋み、さらにアブナそうな小沢・・・・・・
これだけ揃っても支持率50%~ shock

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

日本の温暖化ガス削減量は25%もいらんとな・・・・

Ws000031
5D & ELAMRIT 28mm

 IEA(国際エネルギー機関)は毎年1 回、世界の最新のエネルギー情勢等を踏まえた上で詳細なモデル分析を行い、長期のエネルギー需給見通しを作成している。その最新版である”World Energy Outlook 2009”は今年11 月10 日に発表された。ここでは、2030 年までの長期の将来について、「各国政府が既存の政策や対策を全く変えなかった場合」のリファレンス・シナリオと、「大気中の温室効果ガス濃度をCO2 換算で約450ppm の水準で安定化させる」ことを想定した450 シナリオとが対比的に示されている。

               中略

 IEA は450 シナリオにおいて、各方面からの情報収集に基づき世界各国のエネルギー需給や削減対策の導入状況を考慮した上で、エネルギー需給やコストの分析を行い、それぞれの国や地域について真水分のCO2 削減量を試算している。ここでは、より高コストの対策が導入されることにより、OECD+諸国(OECD 諸国及びその他のEU 加盟国)での二酸化炭素価格は50 ドル/トンに達するとされている。米国の削減量は1990 年比▲3%、EU の削減量は同▲23%、ロシアの削減量は同▲27%とされており、いずれも各国の表明した削減目標を上回っている。日本の真水での削減量は同10%である。

首相官邸ホームページ:IEA(国際エネルギー機関)の分析について 参考資料8 (http://www.kantei.go.jp/jp/singi/t-ondanka/dai5/sankou1_8.pdf)

・・・・・・・・ということです。

政府の無策による株価一人負け、円高、デフレでジリ貧の日本。
そんな中、産業界や国民にさらに負担を強いる温暖化ガス25%削減。
鳩山は、このIEAの分析にどうリアクションするのか見ものだ・・・・w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

グリュックス・シュバインのチーズケーキ

Ws000029
5D & ELMARIT 28mm かなりトリミング

グリュックス・シュバインのレアチーズケーキを食べてみた。

美味しそうな見た目に反して、限りなく甘くないケーキだった。
しかし、美味しくないかといえば、そうでなく、こってりとした食感はまさにレアチーズケーキであり、微妙なチーズの風味、微妙なレモンの酸味が調和した味は、ケーキとは人にとってなんであるか考えさせるような、形而上学的味といえるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

エルマリート、撮ってみた

今日は午後から恐るべき天気の回復。
で、試し撮り。

Ws000018
EOS 5D & REITZ ELMARIT 28mm f2.8 (ISO400 f2.8)

Ws000022

Ws000021

Ws000023

Ws000025

Ws000028

Ws000027

Ws000024

よく解像してるけど、立体感がいい。
DPシリーズとはここらあたりが違うね。
派手ではないけど色乗りもいい。

31年前のレンズなのに、そんなこと微塵にも感じさせないくらいよく写ってる。

この頃のレンズは、たしか鉛ガラスやね。
鉛はガラスの屈折率と透明度を向上させるのでレンズにはぴったしな素材なんやけど、環境配慮から近年のレンズは無鉛となり、鉛を使わないデメリットをコーティングで補っているといわれてる。

他の鉛ガラスレンズも試してみたいもんやね~w

とは言っても、ツアイスだとかライカだとかキヤノンLレンズだとか、実際はそんなに写りに差はないのだと思う。
カメラ機材ちゅ~やつは気分よく撮れるほうがええから、そこだけのハナシかな・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

沼に・・・・・・

Ws000015

5Dは、マウントアダプターでいろんなレンズが使えるのです・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »