« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月27日 (土)

サクラの蜜をなめてみた

Img_0302_r_2
Micro-Nikkor 55mm f3.5

花ごと落ちているサクラをみると、写真のように穴が空いている。
この時期、花ごと落ちるはずもなく、何事もなく落ちたのであれば穴は空かないだろう。

Img_0304_r

花を一つとって、柄を引っ張ってみると、あっけなく穴が空いた。
そこには液体があったので舐めてみた。

甘~い。
  が、ちょっと蘞味を感じるな~

やっぱり、鳥はこれを舐めていたんだな。

| | コメント (0)

2010年3月26日 (金)

スズメも桜の蜜を舐めるのか・・・・・

3月末とは思えない寒い日が続いてます。
ダウンをなかなか脱げません。

でも、早々と開花したサクラ、寒くても開花は進んでま~す。

Img_0278_r
Nikkor ED 180mm  (クリックで拡大)

スズメがサクラの花をしきりにつついてます。

Img_0279_r

・・・・・で、花を根元からちぎって、しばらく咥え・・・・・・・ ポィッと捨てた・・・・・・
これを何度も繰り返してる。

以前、メジロがおかめ桜の蜜を舐めていたんで、スズメも同じく舐めているのかも・・・・・

Img_0283_r

三条木屋町あたりの桜はご覧のとおり。
日曜日あたりはもう見頃ですな。


| | コメント (0)

2010年3月24日 (水)

こんどは暗黒流動・・・・・

Img_9230_r

最近知ったのだが、宇宙に「暗黒流動(ダークフロー)」という壮大な物質の流れがあるとする理論がある。
これは、「数百個の銀河団が時速360万キロで同方向に流れている」という発見を、「銀河団は既知の宇宙の外側にある物質の重力によって、強く引き寄せられている」と解釈する理論である(ナショナルジオグラフィックニュース2008年11月28日)。

この理論を裏付ける新たな発見があったそうだ。
それは、理論を唱えたチームが前回の2倍の数の銀河団を追跡調査した結果、地球から25億光年以上離れた宇宙にまで及ぶ同一方向の流れの存在を確認したということ。

この発見からチームの科学者は・・・・・

「ビッグバン直後に、物質の塊が既知の宇宙の外に押し出された」という理論の新たな裏付けとなる。これが正しいとすれば、私たちの住む宇宙 は“多世界宇宙(multiverse)”というさらに大きな宇宙の一部ということになる。

               中略

暗黒流動は観測可能な宇宙の全領域、つまり約470億光年の彼方にまで広がっていると推測している。これが正しければ、「既知の地平を越えたところに存在する物質に、銀河団が引き与せられている」ということになる。

・・・・・と述べている(ナショナルジオグラフィックニュース2010年3月23日)。

一方向というのが気になるよな~
まるで全宇宙が水洗トイレのなかのようだな~w
しかし、多元宇宙というのはちょっと大げさかも。
ただただ、人間の観測限界の向こうに、磁石のような、あるいは排水口のような何かがあるということだろ~w

ビッグバン、ブラックホール、ダークマター、ダークエネルギー、ボイド構造、ダークフロー・・・・・・・
人知を超えたモノもの。ぢつは、宇宙がいちばんミステリアスなのかもしれない。

| | コメント (0)

2010年3月22日 (月)

ツマグロオオヨコバイ

Img_0221_r
Makro planar 2/50 ZF + PK-13  (クリックで拡大)

Makro planarにPK-13を付けると等倍撮影できるわけだが、ワーキングディスタンスがなくなって、レンズで被写体を覆うようにして写すことになる。
で、レンズで影が・・・・coldsweats02

虫を撮るために、100mm以上の等倍マクロがほすいなぁw

ツマグロオオヨコバイは、カメムシ、アブラムシ、セミと同じく長い針状の口吻を持つカメムシ目の昆虫で、クワ、チャ、ブドウ、柑橘類などの汁を吸って生きてるそうだ。

で、なんで今頃・・・・・・・・・
            成虫で越冬するらしい。

| | コメント (0)

2010年3月21日 (日)

すごい黄砂でした

Img_0195_r

朝から霧が出ているような感じ。
しかし、なんとなく視野が黄色っぽくて粉っぽい。

Img_0196_r

Img_0210_r

昼過ぎまでこの状態でした。

| | コメント (0)

2010年3月20日 (土)

今日は暑いくらいだった

Img_0169_r
Micro-Nikkor 55mm F3.5 + PK-13  ニホンミツバチ (クリックで拡大)

朝は肌寒かったけど、気温は急速上昇。
あちこちで花が咲き、虫、虫・・・・・
ワクワクやけど、重いレンズたち(古いやつは重いし、短焦点ばかりなんでcoldsweats01)と重いEOS5Dを、どう持ち歩くか悩みどころですw

午後は、23.7℃までいっちまい、生暖かい強風吹きまくりでした。
前線を伴う低気圧が急速に発達しながら朝鮮半島付近を日本海方向へ進んだ影響で、西日本に南から暖かい空気が流れ込んだせい・・・・だって。
おまけに午後は黄砂もきてたみたいで、なんというか、いろんな気象現象てんこ盛りの1日でしたねぇ。

そうそう、昨日、京都地方気象台がサクラ(ソメイヨシノ)の開花宣言です。
平年より12日早いそうで、やはり、今年は暖冬気味だったのかな・・・・
ちなみに、開花宣言の基準は、気象台(中京区)にある京都の標本木のソメイヨシノに5輪以上の花が咲くこと・・・・だって、今年知りましたconfident

| | コメント (0)

2010年3月19日 (金)

アメバチの仲間?

Img_0066_r
ZUIKO Macro 90mm F2  (クリックで拡大)

夜、壁に張り付いている虫を見つけた。
大きさ3cmほどで細長いからガガンボかな~ そろそろ虫も動く季節か~って写真におさめた。
後で撮った写真をよく見るとガガンボじゃない。
姿形からハチだろうとめぼしをつけ、ネットを探しまくること2時間。

ヒメバチ科のアメバチなのかな~
これ以上はお手上げでしたw

ところで、ヒメバチって、他の昆虫やさなぎに卵を産み付ける寄生バチなんですね~
知らなかったw

| | コメント (2)

2010年3月18日 (木)

ソメイヨシノ、咲く

忙しさはピークを過ぎたので、再びチャリでゆるゆる通勤っすw

Ws000042
Nikkor ED 180mm トリミング

散り始めたおかめ桜の花にくちばしを突っ込んで、なにやら忙しそうなメジロ。
どうも花の蜜を舐めているようす。

Img_0112_r_r

木屋町三条のあたりでは、ソメイヨシノが開花してました。

気がつけば、もうすぐ4月か・・・・・・


| | コメント (0)

2010年3月16日 (火)

春一番

Img_0057_r
Elmarit R 35mm

昨日、近畿地方では春一番が吹いたそうですね。昨年より30日遅れで・・・・・

おかめ桜は散り始めました。

| | コメント (0)

2010年3月12日 (金)

亡国の・・・・・

Img_9936_r
Nikkor ED 180mm f2.8

子供手当て法案が衆院厚生労働委員会で民主、社民、公明などの賛成多数で可決されましたね。本会議での可決も予定コースでしょう。
この法案って、鳩山は、

母国に子供を残した日本国内の外国人への「子ども手当」支給について、平成23年度以降に手当を全額支給する法案の立法過程で見直しを検討する方針を明ら かにした。ただ、22年度に関しては、現行の児童手当と同様に子ども手当を支給する考えも示した。産経新聞3月10日

・・・・そうじゃないですか。

もともと、子供手当ては、少子化対策とか子育て支援という目的があるわけだから、日本国籍のない外国人の子供に手当てを出すのはおかしいという議論があったはず。
それなのに、外国人の子供にも支給するは、挙句の果てにそいつらが日本国内にいなくてもOKだなんて、友愛がすぎますぜ!

ここに引用されてる「5日の衆院厚生労働委での、自民・田村憲久氏と長妻厚労相・山井政務官らのやり取り」をみると、国益を無視した民主党のポピュリズムにあきれ果てます。
それを見抜けない国民は愚民レベルですけど・・・・

それから・・・・・・・
みずほたんが、「自衛隊は合憲か」とただされ、「うん」といっちゃったそうです。
彼女のこれまで主張は、昔の学生運動家そのままでしたが、転向しちゃうとタダのおばさんっすねw

それからそれから、ネットではほとんど公知の資料だけど、あらためて・・・・・・・・

戦時中の徴用令によって日本に渡航し、昭和34年の時点で日本に残っていた朝鮮人は、当時登録されていた在日朝鮮人約61万人のうちわずか245人だったこと が10日、分かった。自民党高市早苗元沖縄・北方担当相の資料請求に対し、外務省 が明らかにした。産経新聞3月11日

ハイ、鳩山さんにとって何がまずいかって・・・・・・
外国人参政権法案の重要な根拠が消えるのですよw

鳩山相場が下落中、現在30.9%(時事3月12日)。
そのうち紙切れになりますw


 

| | コメント (0)

2010年3月11日 (木)

さくら、さくら

いや~、ここしばらく寒いし、太陽を見ていなかったような気がします。

太陽の日差しのもと、気がつくと桜が咲き始めてます。

Img_0024_r
Nikkor-UD AUTO 20mm f3.5

出町柳の長徳寺のおかめ桜です。満開です。

Img_9988_r
Nikkor-UD AUTO 20mm f3.5

下京区のとある公園。これはカンザクラかな。

| | コメント (4)

2010年3月10日 (水)

ピントのヤマ

Img_9893_r
Micro Nikkor 3.5/55 + PK-13

う~ん、愛くるしい笑顔w
キスしたくなりま・・・・・・・・・せんですw アブナイ・・・・・confident

・・・・・って、このハナシじゃなくて、またまた、レンズのハナシっすcoldsweats01

オールドレンズ沼に足をつっこんで、あれこれいろんなレンズを使ってみて、眼が訴えるんです。
ピントのヤマが判りやすいレンズ、そうでないレンズがあるって。
眼がいうには、レンズの明るさの問題ではないそうですw

う~ん、例えば、3本のマクロレンズで、暗いMicro Nikkorが最も判りやすく、明るいMakro Planar 2/50が一番判りにくいって。f3.5に絞っても。

MFの場合、ピントのヤマの判りやすさって、酷使される眼には死活問題なんですよねぇ~

ところでこれって、レンズ性能のどこに関係してるのですかね~
ネットを調べても誰も教えてくれないです。
手持ちのレンズを比べるとNIKONは判りやすいと眼は言っております。
ZEISSは判りにくい。ZUIKOも判りにくい方だそうですw

*上の写真、何かわかったヒト、おたくに認定しますw

| | コメント (0)

2010年3月 7日 (日)

あ~ やっぱりやってしまったw

報告書作成に追われている今日この頃、出勤するつもりだったんだけど、家の桜桃が開花していて、ついレンズの誘惑に負けて撮り比べをしちまった。
2時間のロスタ~イムcatface

Img_9881_mp_f4_r
Makro Planar 2/50 F4   (クリックで拡大)

Img_9884_nm_f4_r
Micro Nikkor 3.5/50  F4

Img_9891_zm_f4_r
ZUIKO macro 2/90  F4

自動画像処理をかけてしますとみんな同じになってしまい、違いが判らなくなるから、RAW現像→シャープネス処理だけ。
ピントは全て手前のおしべ先端に合わせてある。

さて、違いがあるのか・・・・・

どれもピントの合ってるところはシャープに写っていて、さずがにマクロレンズ。
解像感は差がない。

カラーバランスも差がない。
Makro Planarはもう少し暖色よりかと思ってたけどな・・・・・
ただし、太陽光下では差がでるかも。

Makro Planarが50mmでMicro Nikkorが55mmだから、画角はほぼ同じ。
この2つ、ボケ方にも差がない。

このサイズでみると、はい、マクロ撮影は30数年のNIKONのレンズで十分でしょうpaper
となるのだけど・・・・・・
ぢつは、もっと大判でみると、Makro Planarは他の2本より立体感があったのでした。

そうそう、鳩山内閣相場の下落が止まらないそうだgawk
現在、36%(共同通信3月7日)。
そりゃ、「党にとっては反党行為というのが一番厳しく罰せられなくてはならない」 な~んていうヒトだもんなw

| | コメント (2)

2010年3月 6日 (土)

いろいろ、あれこれ

Img_9835_r
Micro-Nikkor 55mm f3.5  (クリックで拡大)

Img_9850_r

Img_9853_r

またまた、オールドレンズに手を出してしまったw
今度は1970年代のニコンのマクロレンズ。
15年ばかりカメラをいじってるけど、実はニコンのレンズを使うのは始めてなんだなぁ。
1970年代のレンズは何本か持ってるけど、古いといっても侮れない。
で、これも、侮れないレンズの一つだった。

撮り比べしたわけじゃないけど、f3.5での画を比べたらコシナ製Makro-Planar 2/50と見分けつかないんじゃないかな・・・・・
カラーバランスも悪くないし。
写す時のピントの山が分りやすいぶんだけオールドニコンの方が点数高いくらいやね。

とまあ、またレンズのハナシになっちまったが、忙しくしているうちに世間ではいろんなことが起こってた~w

まずはサイエンス系。

●スノーボールアース

 カナダ北西部、ユーコン準州の山岳地帯で、約7億年前(原生代後期)に地球全体が凍結する「スノーボールアース(雪玉地球)」となった可能性を示す地層が見つかった。
 スノーボールアース説は1992年に提唱され、オーストラリア南部などで証拠とみられる地層が見つかっているが、まだ少ない。原生代の約22億年前以降、 数回起きたと考えられ、調査結果は気候変動の解明に役立つと期待される。時事通信 3月6日

その昔、地球が雪だるまになって生物が死に絶えたことがあったって説だが、現実味を帯びてきたな。
そういえば、今冬は、米国、欧州などで記録的な大雪や低温で、30年に一度以下の異常気象って気象庁が発表してた。あちらの方じゃホンマに温暖化してんのかと庶民は言ってるそうだw
その温暖化、ICPPの報告書に相次いで誤りが見つかったり、「クライメートゲート」事件なんかが起こって、その温暖化主張に懐疑の眼が向けられてる。
こ~んな面白いハナシもあるしw

だから・・・・・・
温暖化ガス削減は重要だけど、「25%削減」な~んていきなりする必要はないだろう。
日本が経済で一人負けするかもしれないし。
「地球温暖化対策基本法案」(仮称)が先送りされて、鳩山なみだ目w
        「25%削減は絶対必要なんだ。トラストミー!」

最近、「trust me」って軽い言葉だと知りました。

●小惑星衝突で恐竜絶滅説

 恐竜など白亜紀末期の生物大量絶滅は、現在のメキシコ付近への1回の小惑星衝突が原因とする論文を、日本など12カ国の国際チームが5日の米科学誌「サイ エンス」に発表した。約6550万年前に地球環境を一変させた破壊的衝突の全容も明らかにした。大量絶滅をめぐっては、複数の地球外天体衝突説、火山噴火 説も出されているが、研究チームは「否定された」と結論付けた。
                    中略
 チームによると、衝突した天体は直径10~15キロの小惑星、衝突速度は秒速約20キロ、衝突時のエネルギーは広島型原爆の約10億倍、衝突地点付近の地 震の規模はマグニチュード11以上、津波は高さ約300メートルと推定された。
 衝突による放出物は世界約350地点で確認された。放出物は大量のちりとなり、太陽光がさえぎられて地球上が寒冷化。5~30度の気温低下が約10年続 き、海のプランクトンや植物が死滅、食物連鎖の上位にいた恐竜などが絶滅したと考えられるという。
 この際、海底に生きる一部のプランクトンや、体が小さく食料が少なくてすんだ哺乳(ほにゅう)類は生き延び、後に多様化したとみられる。
毎日新聞 3月5日

これで決着はつくのだろうか・・・・・・・
近い未来に地球の軌道とクロスする彗星があるとかないとか・・・・・・shock

●恐竜の起源はもっと古いかも説

アフリカ・タンザニア南部の約2億4000万年前(三畳期中期)の地層から、初期の恐竜に最も近い爬虫(はちゅう)類「シレサウルス類」の化石が発見さ れ、恐竜の起源も従来の推定より1000万年以上さかのぼる可能性が浮上した。この化石は同類で最も古く、新属新種に分類された。
時事通信 3月4日

その他・・・・・・・
民主党や民主党支持団体の日教組(北教組)の闇の実態がどんどん晒され始めてる。
こんな民主党の支持率がまだ40%ほどあるなんて、何者が支持してるのか全く想像できないっすcatface

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »