« 30.9度ってか・・・・ | トップページ | けいおん 4話 »

2010年5月 7日 (金)

「休日上限1千円」で二酸化炭素排出量が増えるのかぁ・・・・

Img_1141_r

糺の森 by Distagon 2,8/25 ZF

 昨年3月下旬から実施されている高速道路の「休日上限1千円」の料金制度によって高速道路利用が増え、二酸化炭素(CO2)の排出量が年間約287万トン 増えるとの試算を、環境省がまとめた。朝日新聞の情報公開請求でわかった。
 環境省の試算によると、料金が安くなって行楽に鉄道を使わずに高速道路を使うようになったことなどで休日の高速の交通量は1.32倍に増え、自動車の旅行距離も平均で1.15倍に増えた。このため、車の平均速度が速くなって燃費が向上する分を打ち消し、CO2排出量が約287万トン増えると計算された。
 この量は、国内の運輸部門の温室効果ガス排出量の約1.1%にあたり、一般家庭の排出量では約60万世帯分になる。

                      中略

 鳩山政権は、高速道路の原則無料化を選挙公約で掲げていたが、一方で2020年までに温室効果ガス排出を1990年比25%削減する目標も掲げており、今回の試算では公約の方向性が反対になる結果になった。
 国土交通省国土技術政策総合研究所は、07年度に首都高速、阪神高速を除く全線で終日無料化した場合で、高速道路への移行で一般道の混雑が緩和されると 見込んで、年間約310万トン削減すると試算していた。環境省の試算と違って、道路利用者を一定として、新たな利用者や鉄道から高速道路への転換は考慮し ていなかった。(桜井林太郎)
朝日新聞5月7日

・・・・・・・・だそうです。

「休日上限1千円」も止めですねww

|

« 30.9度ってか・・・・ | トップページ | けいおん 4話 »

a. 日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 30.9度ってか・・・・ | トップページ | けいおん 4話 »