« 宵山の朝 | トップページ | 変形飛行機雲 »

2010年7月19日 (月)

八ヶ岳 横岳 1dayトレッキング

一気に梅雨があけたましたね~

早速、八ヶ岳へトレッキングに行ってきました。

17日19時30分 出発
   23時30分 桜平到着 既に駐車場はいっぱいで林道に駐車。
          夜中じゅう、車がやってきてたびたび起こされ、寝不足です。

今回は、美濃戸~赤岳~横岳~硫黄岳~美濃戸とぐるっと一周しようかと思ってたんですが、人が多くて鎖場で渋滞すると時間切れになりそうなので、桜平からのピストンにすることにしました。
・・・・・で、桜平の混雑をみると選択は正解だったようっす。

18日05時05分 登山ゲート出発。既に歩いている人多数。
   06時10分 オーレン小屋着
   06時45分 赤岩の頭着

Img_2351_r_2  横岳、赤岳方面@赤岩の頭 

Img_2352_r  御岳、乗鞍方面@赤岩の頭

Img_2353_r  穂高、槍方面@赤岩の頭

Img_2357_r  硫黄岳

   07時03分    硫黄岳着

Img_2361_r  カモシカ@硫黄岳

こんな高山に何故かカモシカが・・・・

Img_2365_r

左のやや尖がったピークが目指す横岳です。

以下は、硫黄岳~硫黄岳山荘で見た高山植物。

Img_2413_r_2  ミヤマシオガマ

Img_2415_r  イワウメ

Img_2412_r_2  コイワカガミ

コイワカガミの垂直分布は広いですね。硫黄岳山頂付近にもありました。
もう花期は終わってますけどw

Img_2425_r  オンタデ

Img_2370_r

登山道わきはコマクサがいっぱい咲いています。

Img_2376_r
白いコマクサも咲いてます。

Img_2372_r_2  コバノコゴメグサ(左)とコケモモ

硫黄岳~横岳周辺の高山植物については、多くの人がネットにUPしてますけど、コバノコゴメグサはみあたらないですね。
う~ん、なぜだろう。

Img_2377_r   イワキキョウ

Img_2371_r_2   キバナシャクナゲ

Img_2380_r   ムシトリスミレ

ウルップソウの花期はもう終わってました。もう数日早かったら・・・・・・ 残念 ゚゚(´O`)°゚

次は、硫黄岳山荘~横岳。
花を見るなら、この区間ですね~

Img_2389_r  ミヤマダイコウソウ

Img_2392_r  ミヤマキンバイ

Img_2395_r  チョウノスケソウ

Img_2397_r  オヤマノエンドウ

Img_2399ho_r  チャボゼキショウ?

Img_2400_r  ハクサンイチゲ

Img_2405_r  イワベンケイ 

Img_2411_r  ヤツガタケキスミレ

  08時20分 横岳着

Img_2403_r

Img_2404_r

富士山が見えます。

振りかえると・・・・・・・

Img_2402_r

硫黄岳です。

山頂にどんどん人が溜まってきたので、鎖場が渋滞しないうちに撤収。

  09時15分 硫黄岳着

Img_2422_r

Img_2420_r

さっきまでいた横岳です。
てっぺんにはバンザイをした人が写ってましたw

Img_2428_r  硫黄岳 爆裂火口 端

Img_2430_r  爆裂火口 中央

Img_2429_r  爆裂火口 下

硫黄岳の爆裂火口を覗き込むのは、清水の舞台よりこわいです (@Д@;

帰りは、夏沢峠経由で下山。

  で、・・・・・・・・後悔です。

疲れた脚には、あのガレ場&丸石がたくさん転がる樹林帯の道がキツイことを忘れてました。
今度は、絶対、赤岩の頭経由で帰ります。

  11時10分 桜平着  
  15時30分 帰宅 高速道は快走~

前に硫黄岳に登った、というより高山に登ったのは、2007年10月以来。
久しぶりに登山して変わったな~ということは、若い女性が増えたな~っていうこと。
たいていは、前または前後に男性がいますが、単独や2人組なんかもおりました。
 で、必ずといっていいくらい愛想よく挨拶してくれるから、癒されま~す (゚ー゚)
逆に、挨拶しない高年の男性が増えたな~

|

« 宵山の朝 | トップページ | 変形飛行機雲 »

a. 日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宵山の朝 | トップページ | 変形飛行機雲 »