« 満月と地球に接近 | トップページ | 秋の山里 »

2010年9月24日 (金)

尖閣事件

Img_3355_2_r

那覇地検は、拘留中の中国船長の処分保留による釈放を唐突に発表した。
その理由のひとつは、「日中関係を考慮」だそうだ。
与野党から批判の声が上がってる。

そもそも、司法を司る地検が、「日中関係を考慮」なんて政治的判断をすることがおかしいんじゃないのかなぁ・・・・・・・
つまり、この釈放理由が日本外交に影響する、いや既に影響してるということは、三権分立の観点から司法が行政に首を突っ込んでいることになる。
もし、政府の圧力があったとしたら、それはそれで行政が司法に首を突っ込んでいることになる。
どちらにしても、日本の三権分立を犯した歴史的出来事ではないかと・・・・・・

それにしても、弱腰の日本は今後どうなるのか・・・・・・メッチャ不安です。

|

« 満月と地球に接近 | トップページ | 秋の山里 »

a. 日々のこと」カテゴリの記事

コメント

それにしても中国の圧力に屈して釈放なんていうのはまずいよね””
日本は弱腰で主張すべきことも外圧で簡単に曲げてしまいますよ、とサインしたことになる””

日本の外交下手が招いたことなんでしょうが、こんなになっても世界に味方がいない・・・アメリカに後ろ盾になってもらわんと中国と対等に話ができんとしたら、困ったもんだ””

対米追従の外交一筋できていて、いざとなると米国以外に味方がいない・・・・
これが現実でしょうか””

投稿: ハクセキくん | 2010年9月25日 (土) 00:04

今回の釈放事件、仙谷が首謀者とのもっぱらの噂ですね。
おそらく菅もグルなんでしょう。
団塊世代が日本を悪くしてると勝手に思ってるワタクシ、よけいに嫌いになりました。

あ~、子供の時代が心配です。

今は米国が少しは味方ですが、今後はわからんですね~
支持率急低下のオバマやし・・・・・

投稿: MEGPON | 2010年9月25日 (土) 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 満月と地球に接近 | トップページ | 秋の山里 »