« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

良いお年を

Img_5259_r     5D + EF17-40mm L

激動の今年を総括するような大寒波が来ましたね~
列島各地が雪の中に沈んでいるようで~す。

去年の大晦日、夕焼けが火事場のように赤く焼けていて、来年を予感させるってコメントしてました。
で、今年は・・・・・・・・
日本経済も政治も外交も焼け落ちてしまいました。

来年の日本、灰から復活するフェニックスのように浮上して欲しいですよね~。

さてさて、今年の重要出来事、私的版。

まず、海外。
・ギリシャ財政危機
 彼国だけでなく極東の某国の公務員も何とかせにゃあかんのとちゃう~
・北朝鮮が韓国の島を砲撃
 韓国の国民は眼が覚めました。次は極東の某国の国民の番でしょ。
・北朝鮮、3代目襲名
 こう書くと、〇〇団みたいっす。というか、みたいじゃなくて、そうなのだ。
・露大統領、国後島訪問
 足元みられて、既成事実固めモードに入られましたぁ~
・ウィキリークス
 米国政府、涙目っす。
・COP16、結論先送り
 日本が京都議定書の単純延長にノンといったもんだから大騒ぎに。
 米国も中国もいいかげんうんと言えよなぁ~
・生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)
 名古屋議定書と愛知目標が採択されてよかった。
・蜂群崩壊症候群(CCD)
・IPCCの評価報告書の疑惑
 温暖化問題についてもカネがついてまわるのです。

お次は国内。
・普天間問題~管政権
 普天間問題を全く理解してなかった鳩山は、金疑惑の小沢を道連れに退陣。
 代わりに管が代表に。不安は増した・・・・・
・尖閣事件
 違法操業の中国漁船が巡視船に特攻。船長は逮捕されたが釈放。
 外交上の大失態、ため息しかでない・・・
・宮崎の口蹄疫
 政府の対応がねぇ・・・・
・ハヤブサ帰還
 快挙、快挙!!
・猛暑
 いや~、クソ暑いちゅ~もんじゃなかった。
・2日本人にノーベル化学賞
・円高
 円高がとまらな~い。
・参院選
 民主党大敗でネジレ~~

民主党政権になって、さらに沈んだ今年shock
来年は政権が変わるかもねぇ・・・・・ 希望ですconfident

ワタクシ的には、デジタルオーディオとモールトンに足を突っ込んだことが大きな出来事ですかねぇ。
来年は、息子の入試が終わるから、モンゴルへ旅に行きたいところです。
それから、もうそろそろあの□をとる覚悟を決めねば。

ここをご覧の皆様、今年一年お世話になりましたm(_ _)m
良いお年をshine

Img_5264_r

| | コメント (4)

2010年12月30日 (木)

モールトン また変わる

Img_5156

昨日の朝、信号待ちからゆっくり加速し始めたピストを追い越したのだけど、100mほど走ったところであっさりと抜き返された。
ピストはかなり重いギア比にしてるようで、スピードに乗ってしまうと、モールトンの53T X 11Tじゃかなり回さないとついていけなかったことに少々凹んだ。

・・・・・で、53Tを外して↑これをインストール。

58Tというちょっとレアな板にしたのは、FDとの干渉を避けるためであったのに・・・・・
インナーにシフトすると当たってしまったcrying
どうも58TにもなるとFD台座にスペーサーを入れなあかんようだね~

当面インナーを使うことはないから、FDを外してコラムのシフターも外して、flameさんから届いたWレバー台座を使う。

Img_5157

FDって、ついているのはビジュアル的に好みじゃないから、今の方がいいねぇ~lovely
ヒルクライムは、手動でインナーを使うとしようかな~

それはそうと、Wレバーをフリクションで使う場合、Duraよりダイアコンペの方がはるかに使いやすい。Duraはフリクションモードじゃ止まりが悪くて勝手に変速しちまうよ・・・・

| | コメント (0)

2010年12月26日 (日)

代替フロンの懸念

Img_5140_r      EF 17-40mm L

冬枯れした葉っぱをみると、ここ数日の寒さが身に染みる~

寒さといえば地球温暖化。
2010年の地球の平均気温は観測開始以来、最も高くなる可能性があると世界気象機関(WMO)が発表している。
温暖化の原因は二酸化炭素の増加とされているが、エアコンなどに使われている代替フロンは二酸化炭素の百倍以上の温室効果があるので、今、大気中での増加が懸念されている。
代替フロンの発生源は、コンビニなどの業務用冷蔵庫やエアコンからの漏洩。
最近、家庭用エアコンから漏洩している代替フロンの方が、電気使用で発生する二酸化炭素より温暖化の影響が大きいとの分析を産業技術総合研究所がまとめている(毎日新聞12月26日)。

地球が暖まってくると、暑いからエアコンの使用が増える。そうすると漏洩代替フロンが増える。するとさらに地球が暖まるからエアコンの使用が増える → 漏洩代替フロンが増える → ・・・・ 負のスパイラルやね~shock

おお~怖sign03

| | コメント (2)

2010年12月25日 (土)

雪がまう

いや~ 今日は寒かった。
ドロハンにしたモールトンで峠へ向かうという行為をあっさりと取り下げるに十分な寒さだったsad
そういえば、午前中は雪が舞っていたなぁ。

Img_5133_r

今のモールトンTSR18。
リア9速、フロントダブルで18速。
ドロハンにしたらブレーキレバーが遠くなったんで、ステムはTNiの50mmを使用。
モールトンTSRのカタログでは、対応身長155cm~ってなってるけど、ぢつはエフェクティブTT長が545mmほどもあるから、ロードバイクに対応させてみるとこのフレームは自分には大きいわけだ。

ただ、未だにわからないことは、ステムの長さでずいぶんと乗車姿勢が変わるので、身長に対するTT長の目安っていったいどれくらいのステムを使う前提のハナシなのかなぁ・・・・?
ロードバイクを真剣に乗ったことのない自分は知らない。

TT長510mmでステム90mmとかだったら、TT長545mm+50mmステムの場合とブレーキレバーまでの距離はあまり変わらないから、乗車姿勢は同じようなもんだろう。
ただ、この場合、フォークコラム中心からハンドルバーの握ってるところまでの距離は、ステムが長い方が長くなるのでハンドリングはずいぶん違うかもね。

| | コメント (2)

2010年12月23日 (木)

モールトン ドロップバーに交換

AM、モールトンでちょっと峠越えへ。
登りはまあだったけど、下りが・・・・・・
ブルホーンバーじゃ怖かった。

で、ドロップバーに交換してみることに。

Img_5110_3

廃番になってる旧~いNITTOのバーがあったので買ってきた。
最近のバーと比べるとちょいと重いけど、ブレーキアウターを通す穴があいてるという便利もの。バーテープを巻かなくても使える。

さて交換してみると、ちょっとブレーキバーが遠くなったんでステムを短くする必要が・・・・・

| | コメント (2)

2010年12月21日 (火)

ぱわーすぽっと@京都

パワースポットが流行りものらしいねぇ~

京都の鞍馬寺は有名らしい。
本尊は「尊天」で、鞍馬寺はどこにでも存在する「尊天」のパワーが特に多いんだそうだ。
キメは、奥の魔王殿に祀られている魔王尊。650万年前に金星から地球に降り立ったという。
パワーっ気十分だなw

そんな鞍馬寺の他に、賀茂川と高野川が合流する左京区・出町柳の「デルタ地帯」が新たに登場。ここに強大な力が集まっているそうや~(毎日新聞12月21日)catface
その近くにある下鴨神社はパワースポットだという人もいるから、そのパワーのおこぼれがあるかもしれへんけど、あの三角洲にねぇ・・・・・・

"どこでもパワースポット"やね・・・・・

そういえば、貴船神社の奥宮(こちらが本宮)の御船形石あたりは何か感じるconfident

| | コメント (2)

2010年12月19日 (日)

イルミネーション@北山通

夜、岩倉へ用事があったついでに北山通、通称ウェディングストリートのイルミが綺麗という噂に乗ってみた。

Img_5076_r        EOS5D+EF17-40mmL

なんか、夜のこのエリアは、カメラを持った一人オトコには気恥ずかしい雰囲気がムンムン・・・・

Img_5079_r
  北山ルアンジュ教会 

Img_5081_r      北山ルアンジュ教会

なんか、サンタさんの下のほうがとてもあやしいっすw

Img_5084_r

週末はクリスマス寒波が来るそうで・・・・・・

Img_5090_r

Img_5094_r

至る所にサンタとスノーマン。
イルミの規模はロームにとてもかなわないけど、なかなか、建物と調和していて綺麗で雰囲気がいいよ~

今週末は、ワタクシなんぞ近づけないエリアになるんやろうねぇ~

| | コメント (2)

2010年12月18日 (土)

モールトン 駆動系の完成

モールトンの駆動系はDura 7703シリーズで組んでます。
そして、今日最後のパーツが届き、駆動系が完成しました。
それは・・・・

Img_5073

一つはWレバー台座。
届いたのは右の平たいヤツ。
元々は左のダウンチューブ用台座が付いていて、これってDixnaのコラムマウントには付けれないので平たいヤツを探してたわけです。
これで、DuraのWレバーを使えます。

Img_5075

もう一つはフロントディレイラー。
FD-7700、つまり2速用はけっこう新品をまだ売ってるけど、3速用はめったにないレアモノなんです。やっと中古の美品を見つけました。

えっ、なんでわざわざ3速かって・・・・
別にクランクを3速にするつもりはなかったけど、3速のクランクが新品で手に入ったためで、深い理由はありませ~ん (^-^;

そもそも、旧いDuraを選択するからパーツ探しに苦労するんやろ~ ってことなんですけど・・・・・
Mぢゃないっすよ~
ただただ、7700シリーズのデザインのシンプルさと使われてるアルミのウォームな輝きに魅せられただけです (*^.^*)

| | コメント (0)

2010年12月16日 (木)

イルミネーション@街

Img_5056_r

京都ホテルオークラは、毎年この時期イルミをします。
今年は、去年より少しばかり灯りが増えたもよう。
でもねぇ・・・・ ロームを見た後じゃちと寂しいなぁ。

Img_5067_r
LEDが安くなったのか、今年は至る所にイルミネーションが・・・・
カメラを手に彷徨ってみようかな。

| | コメント (2)

2010年12月15日 (水)

北極振動なんですか

Img_3927_r

なにやら、今、北極振動指数が負で北半球は冷え込んでいるらしいよ。
そういえば、2005年の12月が同じような状況で、京都では大雪だったなぁ。
明日から冷えるらしいけど、まだ雪は降りそうにない。

寒くなるとチャリ通は眼がシンドイ。
冷たい風が眼にしみて涙が溢れるんですよ。
そろそろ防寒メガネが必要か・・・

モールトンで時々通勤してるんだけど、ポジションがいまいちしっくりこないし、まだハンドリングが微妙に敏感過ぎて悩んでる。
前に乗ってたVIGOREのロードバイクなら、ハンドル位置を下げる方向で、スラロームやコーナーでの安定感が増して乗りやすくなったんだけど、モールトンは同じようにはいかないみたいなんだなぁ。
そこで、今日は逆にステム位置をめいっぱい上げて乗ってみたところ、スラロームやコーナーでの安定感が増して乗りやすくなった。

 一件落着~
・・・・なんやけど、上体が起きてしまつた。
ドロップハンドルの導入時期かな。

| | コメント (0)

2010年12月 8日 (水)

イルミネーション@ローム

関西では有名になったローム本社のイルミネーションです。

Img_5035_r     EOS5D+EF17-40mmL

Img_5036_r

セコイア並木が燃えているようです。

Img_4991_r

Img_5043_r

平日なのに多くの人。 週末はどうなるんでしょう・・・

Img_5028_r_2

LEDだけじゃ光量が足らないからか、白熱球も使ってたんですな・・・・ なら、電力をかなり食うやろうねぇ。 グリーン発電(風力、太陽光)で電力をまかなってるってロームさんは言ってるけど、それだけで足りてるのかな・・・

Img_5052_r

Img_5055_r

| | コメント (4)

2010年12月 4日 (土)

モールトンのスタンドを換える

モールトンにはエスゲのダブルレッグスのセンタースタンドを付けているのですが、重いし不整地じゃ立ちにくいしで、シングルレッグに換えることにしました。

買ってきたのは、KOBAのアルミ鋳造品。Made in Japanです。
最近、Made in Chainaは控えるようにしてるんで、丁度よかったです。

このスタンド、台座にイボイボがあってフレームにしっかりとまるようになってます。
・・・・が、塗装に痛そう。
フレームと台座の間に何か挟めばよいのだけど・・・・・

ゴムじゃ柔らか過ぎるし、プラスチックじゃ滑るし、ちと硬い。
あれこれ手元にある品を探してみると、バルサ材がよさそうな感じ。

実際に挟んでボルトをしめてみると・・・・

Img_4777_r

左はフレームによる凹み。右は台座による穴。
このように締め付けると凹むけどが、完全には潰れていない。
しっかり固定できそうで~す。

Img_4783_r

はい、かくして、フレームを痛めることなくスタンドをしっかりと固定することができました。
ちなみに台座とバルサ材は瞬着で接着してます。

それはそうと、このTSRのリヤサスは、写真のようにリヤ三角がトラスフレームにピボット止めされ、ラバーコーンで支えられてます。フルサスMTBに構造が似てますが、リヤ三角の方にクランクを配してるところは違います。
でも、上位車のAMシリーズ(ニューシリーズはTSRと同じ)はトラスフレームの方にクランクを配しているんで、まんまフルサスMTBと同じっす。

Am_esprit_up_1000w

TSRの方が設計は新しいので、リヤ三角にクランクを配する利点がなにかあるんでしょうねぇ~

 








| | コメント (4)

2010年12月 1日 (水)

モールトン Fサスの微調整

モールトンネタが続いておりますcoldsweats01

Img_4776_r

モールトンTSRのFサスです。
フォーク根本にある銀色の棒の上にバネがあって、この棒を回すとバネが縮んでプリロードがかかるようになってます。
フォーク下のビス3本で止めてある2枚の銀色のプレートの間にプラスティックの板が挟んであり、ビスで締めることによってリバウンドを調整するようになってます。

極めてシンプルな作りですが、ちゃんと衝撃吸収して乗り心地をフラットにするように機能しているんですよ。感心しますsign03

今日は、このプレートのビスを緩めてリバウンド速度を抑制しないようにしてみたところ、フロントの動きがフラットになって乗り心地がよくなり、めでたしめでたしですhappy01

それから、シートを1cmほど下げてみたところ漕ぎやすくなり、いつもの信号区間(丸太町-寺町交差点~今出川-寺町交差点)でスピードアップしてることが確認できましたが・・・・ 信号手前で脚がタレた・・・・・・
それでも、スリックタイヤ仕様のTransAMよりちょっと速い程度なのが、ちょっと悲しいっすweep

そもそもスピードが乗らない理由が、漕ぐ漕ぐ漕ぐ・・・でリヤが上下に振動して推進力が逃げるからなんですな。リヤサス(ミニのサスを発明したA.モールトン博士の発明です)のゴムのリバウンド速度を制御できたらいいんでしょうけど、なんとかならへんかな~

それとも、滑らかなペダリングで解決するものなのか・・・・・sign02

| | コメント (7)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »