« 美山へ | トップページ | 続 光る石@鐘打鉱山跡 »

2011年5月 9日 (月)

光る石@鐘打鉱山跡

1982年に閉山した鐘打鉱山は、府内では有数のタングステン鉱石を産出する鉱山でした。
鉱脈はまだ残っているそうですが、安い輸入品に押されて採算が合わなくなったようです。

で、ワタクシがここへ行った目的は、タングステン鉱石の灰重石を拾うこと。
といっても、石英脈中に存在しているらしい灰重石は、よっぽど立派な結晶でない限りわからんそうです。
では、どうやって探すのか・・・・・
254nmの紫外線をあてると蛍光を発します。

でも、フィールドで持ち歩けるようなライトは持ってないので、これかな~という石を手当たり次第に持ち帰りました。

さて、持ち帰った石、約30個。
コレらに254nmの紫外線をあててみたら、3個光っているじゃないですか・・・・・

P50933421_r2_2

P5093338_r2_2

いや~ 美しいですなぁ・・・・・
ラピュタの飛行石みたいでしょw
これを観たかったのでした。

もっと大きな結晶が欲しくなってきた・・・・・・

|

« 美山へ | トップページ | 続 光る石@鐘打鉱山跡 »

a. 日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美山へ | トップページ | 続 光る石@鐘打鉱山跡 »