« モールトン ぷち改造 | トップページ | 関電 予備率-6.4%・・・・・ »

2011年6月 7日 (火)

不幸な時代です

過去、国民にこれだけ〇〇と思われた首相はいないと思うんだけど、本人はどう考えて判断し、行動しているんだろう。
これまでの行いを見ていると、ある意味△△としか思えないんだが、一国の首相、ありえないと思いたい。
・・・・なわけで、純粋にすご~く知りたいですw

まあ、いずれにせよ、菅は、絶対に歴史書に名を留めますね。
本人の希望通りでしょう。
子孫が気の毒ですが・・・・・

首相、民主党は、今日も平常運転ですww

内閣不信任決議案否決に大きく響いた菅直人首相の「退陣発言」。その作戦は、採決を翌日に控えた1日夜、民主党 の岡田克也幹事長や枝野幸男、仙石由人正副官房長官ら政府・民主党の幹部10人で練られたものだった。
時事ドットコム(06/03)

「退陣」を仄めかしただけで、国際社会では交渉相手から外されるんですけど。
それに、不信任が出てくる状況で、「退陣」をちらつかせると逆に突っ込まれるでしょう。
姑息な手を使って不信任は乗り切ったわけだけど、結局は自分らで退陣の道筋を付けちまったわけっすw
やはり、思いつきだけで行動してるわ・・・・・ あたま・・・・・

東京電力福島第一原子力発電所で最初に水素爆発があった3日後、原発から約50キロ離れた福島市内の雑草から、1キログラム当たり100万ベクレルを超え る高い放射能が検出されていたことが分かった。福島県は政府に連絡したが、公表されたのは、翌日に別の場所で測った6千分の1ほど低いデータだけだった。 県は「意図的に公表しなかったわけではない」としている。
asahi.com 6/5

福島市は今でも放射線量が高いです。
やはり、かなり核汚染されてたんですね。
それを隠して、「今のところ問題ない」というワケわからん言葉で誤魔化している県や国です。

 東京電力福島第一原子力発電所の事故について、政府が国際原子力機関(IAEA)に提出する報告書の全容が7日明らかになった。
 報告書は、破損した1~3号機の原子炉圧力容器の底部から溶融した核燃料が漏れ出し、格納容器内に堆積している可能性を指摘した。
 格納容器まで溶けた核燃料が落下する現象は「メルトスルー」(原子炉貫通)と呼ばれ、「メルトダウン」(炉心溶融)を上回る最悪の事象。これまで 圧力容器底部で、制御棒の貫通部などが破損し、高濃度の放射性物質を含む汚染水が漏出したことは明らかになっていたが、政府が公式にメルトスルーの可能性 を認めたのは初めて。
読売新聞6/7

地震の揺れで、制御棒がきちっと入らなかったとか、原子炉容器が壊れた可能性があるかもね。
東電や政府は絶対に認めないし、IAEAも追求しないでしょう。
それが事実なら、想定外の津波のせいにできなくなるし、原子力発電所稼働への影響が大きすぎるからねぇ~

福島第一の件で、この国の統治機構の実態が顕になってきました。
今の状況は「人災」ですな。
国民は為す術はないのか・・・・

|

« モールトン ぷち改造 | トップページ | 関電 予備率-6.4%・・・・・ »

a. 日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モールトン ぷち改造 | トップページ | 関電 予備率-6.4%・・・・・ »