« 伊香立と仰木界隈へ行く | トップページ | 夏らしくない空 »

2011年7月24日 (日)

モールトン ナウ

昨日の乗鞍遠征は、秋に。
というのも、太平洋高気圧が弱くて天気がすっきりしないんでね。
やはり、夏山=抜けるような夏空でしょ~

そんな今日、遠征に使う予定だったモールトンのショートブルホーンバーをMaryさんバーに換えてみました。ほんの興味100%からです。

R0010396_ho_r2_2

ドロハン&革サドルが定番やろ~、美しくない~ とお考えのモールトニアからみれば、ママチャリバーのような幅広バーを付けたモールトンなんて大いに邪道かもねぇ~w
まあ、AMじゃなくてTSRですからw

まあ、そんなことは置いといて、ワタクシにとって重要なことは、このバンドルバーにしてどんなふうに乗り味が変わったかです。
まず、ドロップやブルホーンじゃなくてもしっかり漕げます。
ドロップほどじゃないけど乗車ポジションを変えることができます。
峠下りの安心感は、Maryバー>ブルホーン>ドロップ。
これは、ブレーキの効きとアンダーステア傾向の順とみてもよいです。
そもそも、TSRはフロントのバネが柔らかいので、前傾の強いポジションやドロップ下ハンでは、下りでオーバーステアが強くなるんじゃないでしょうか。それがドロハン時に下りが怖かった原因かも。

それから、最も○だったことは、小径車ならではの身軽さという美点が安定感とともに感じることができたこと。
安心してヒラヒラと自転車を操ることができますw

ミニべロには幅広過ぎちゃうか~と思ってましたけど、なかなか見た目バランスは悪くないです。

このハンドルバーはオススメですね。

|

« 伊香立と仰木界隈へ行く | トップページ | 夏らしくない空 »

d. 自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊香立と仰木界隈へ行く | トップページ | 夏らしくない空 »