« 身近なところにタイの洪水の影響 | トップページ | 月と木星が近づく »

2011年10月30日 (日)

マイナーな撮り比べ

D7000とK-5、APS-Cを2台も持つ理由がないので、D7000はYオク行き確定。
その前に、DA 14mm f2.8の実力を見るため、手持ちのSIGMA 8-16mmNikon用と広角域を撮り比べしてみた。SIGMAはD7000との組み合わせになるが、K-5もD7000も元の撮像素子は同じだから、解像度や歪などは比較できるかなと思う。

DA 14mm 2.8は、PENTAXユーザーの間でも今ひとつ人気が無く、評価サイトでは★3つ。めったにでないが、Yオクで安く手にいる。
SIGMA 8-16mmは、CanonやNikonユーザーでは使ってるヒトがまあまあいて、評価サイトでは★4つ。Yオクでも高い。

K-5で広角が欲しいなら、フツ~はSIGMA 8-16mmPentax用の選択となるかな~と思うが、自分は20mmあたりしか使わないから、コンパクトで軽量な単焦点でOKなのだ。

ともかく、どっちもフツ~のカメラマンはあまり使わない広角レンズなので、今回は、誰もしない、誰も関心ない、ようなマイナーな比較なのであるw

撮影条件:
・共通 f5.6, ISO100, -0.3eV, 中央部重点測光, RAW撮影後 WB5000Kで現像
・SIGMAは14mm目盛で撮影
・画質:D7000はニュートラル、K-5はナチュラル設定

●D7000 + SIGMA 8-16mm

Dsc_1587_r2

●K-5 + DA 14mm

Imgp0815_r2

どちらも露出補正-0.3eV/WB5000Kなんだけど、ずいぶんと露出と色温度が違うね~
デジタル時代になった今、レンズの癖は昔ほどないだろうから、これがメーカーの色ちゅ~ものなのだろう。
D7000はきれいに見える画作りと思う。

SILKYPIXのような独立系ソフトを使うとメーカー間の色調の差は小さくなるらしいけど、それはそれで今度はSILKYPIXの色調となるわけで、結局、好みに応じて選ぶしかないということなのだな。

●D7000

Dsc_1588_r2_2

●K-5

Imgp0817_r2

緑を比べると、色温度5000K設定にもかかわらず、D7000は低い方(黄色い方)に寄ってるかな。

次は、上の拡大。

●D7000

Ws000008_r2_2

●K-5

Ws000009_r2 

ピントは白い板あたりに合わせたつもり。
葉やレンガはDA 14mmの方がはっきり写ってる。
画の端をみると、階段はSIGMA 8-16mmの方がしっかり写ってる。
もしかして、SIGMAは後ピンなのか?

さらに・・・・・

●D7000

Dsc_1589_r2

●K-5

Imgp0819_r2

DA 14mmの周辺の歪は・・・・・・coldsweats01
まあ、現像ソフトで修正できるからよいけど。
この写真では、レンガ面だけ見るとK-5の方が黄色く感じるけど、葉はD7000の方がやはり黄色い。
う~ん、これほどまでに各メーカーが微妙な色調設定をしていたとは・・・・・・

次は、上の拡大。

●D7000

Ws000006_r2

●K-5

Ws000007_r2

ピントは中央のレンガ面のつもり。
SIGMAは、ピントが合っていないような・・・・・・

メーカーの色調とレンズの話がごっちゃになったけど、レンズ性能だけの話をすると、手元にあるSIGMAはどうもピントズレがあるみたいで、DA 14mmと比較できないちゅ~ことが分かりました、ということでした。

|

« 身近なところにタイの洪水の影響 | トップページ | 月と木星が近づく »

c. 撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 身近なところにタイの洪水の影響 | トップページ | 月と木星が近づく »