« きのこコレクション@深泥池 | トップページ | ふべんぢゃ »

2011年10月 3日 (月)

テレコンの性能

昨日鳥撮りに使ったBORG 71flは、天体望遠鏡なので対物レンズ+鏡筒+ヘリコイドだけという潔い構成。
これをマウントを介してカメラにつなぎ、400mm f5.6レンズとして直焦点撮影に使う。もちろんAFはできない。

しか~し、AFテレコンという便利な物があって、使ってる人は多い。
これは、テレコン内でレンズが前後移動する仕組みになっており、カメラ側からその移動量を制御してピントを合わせるわけだ。移動量が少ないからこれでフルAFはできないけど半AF化は可能。
ニコンには昔MF→AF移行期に製造していたTC-16Aがある。ペンタックスは、同様のテレコンを今も製造している。

さて、MFで鳥を追うのはシンドイのでBORGをTC-16A改で半AF化して、昨日使ってみたのだけど・・・・・・・
テレコンの光学性能が悪いのかピント精度が悪いのか、今ひとつBORG本来の解像感がないので、テレコンあるなしで撮り比べてみた(昨日のはなし)。

およそ1.4km先にある衛星アンテナにピントが来るようにISO800で撮影。
TC-16Aを使った画を50%にトリミング。他のテレコンなしとTC-14Bを使った画像は、同じ画角になるようにトリミング。

●BORG 71fl(400mm f5.6):テレコンなし

Dsc_1506_r2

トリミング↓

Dsc_1506ho_r2

トリミング面積が最も小さくなるのでISO800の影響も受けて最も不利。

●BORG 71fl + TC-14B (560mm f8)

Dsc_1504_r2

トリミング↓

Dsc_1504ho_r2

●BORG 71fl + TC-16A (640mm f9):マニュアルフォーカス

Dsc_1503_r2_2

トリミング↓

Dsc_1503ho_r2

●BORG 71fl + TC-16A:オートフォーカス

Dsc_1500ho_r2


衛星アンテナを見比べると、TC-16Aでは、明らかにエッジのシャープさが落ちている。
後方の塔のレンガパターンも解像していない。
35mm換算で960mmになるから、3脚使用でも手振れの影響を無視できないけど、倍率の高いテレコンの画質低下はよく知られているから、TC-16Aもやはりというところかも。

こうしてみると、TC-16Aは止めるしかないか。
AFが使えないのは少し悲しいけど・・・・・・

BORGとTC-16Aのブログ記事は多く見るのだけど、画質低下はどうなんだろう。
単にウチのTC-16Aがハズレだったりして・・・・・

|

« きのこコレクション@深泥池 | トップページ | ふべんぢゃ »

c. 撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« きのこコレクション@深泥池 | トップページ | ふべんぢゃ »