« 今年の出来事 | トップページ | 不確定性原理が成立しない場合がある »

2012年1月 7日 (土)

悪事を隠す方法

Imgp0335_r2

by PENTAX Q

「出来事の遮蔽」は理論上可能という記事がありました。

「出来事の遮蔽」とは、ある出来事を視覚的になかったことにするという、まさに泥棒にはうってつけの事象です。
どうするのかというと、ある出来事が起こっている間、その周りの空間の光の速度を遅くするのです。
人間は、物体からの反射光を見て物体を認識してます。
例えば、泥棒が事を成す間、泥棒に光が届かないくらい十分に周囲の空間の光の速度が遅くなると、泥棒は眼に知覚されないことになるんですなぁ。つまり、気がつくと金がなくなってるとか。

言われてみれば、簡単な理屈です。感心しました happy01

ただし、空間の光の速度を遅くする方法はハンパなく難しい。
でも、いつかは実現するような気がします。
米国のアーミーあたりでねw

|

« 今年の出来事 | トップページ | 不確定性原理が成立しない場合がある »

a. 日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年の出来事 | トップページ | 不確定性原理が成立しない場合がある »