« 北極海の海氷が減って厳冬 | トップページ | 雪景色@金閣寺 »

2012年2月13日 (月)

古の京都市電架線柱

Imgp6021_r2
架線柱@賀茂大橋 by BORG71FL + F AFx1.7 + K-5

こうした錆びついた古びたモノに郷愁にも似た魅力を感じるのですが・・・・・
モノが謂れを持っていれば、その魅力は倍加しますですw

この街灯もいい加減草臥れて、いい雰囲気を醸しておりますが、主役は錆びた柱の方でございます。
この錆びた柱は、その昔、今から30年以上前、京都に通称「京都市電」と呼ばれた路面電車が走っていた頃の遺構でして、電車の電線を吊っていた架線柱でした。
当時、この架線柱のある賀茂大橋には今出川線が走っていまして、現在でも今出川通には架線柱が12本ほどまだ残っているそうです。

ちなみに、日本最初の電車は京都で走りました。
1891年に琵琶湖疏水に設置された蹴上発電所で日本初の水力発電の営業が始まり、1895年にはその電力を利用した電車の営業が京都で始まったのでした。
京都駅の北東角の交差点に「電気鉄道事業発祥の地」の碑が建ってます。

|

« 北極海の海氷が減って厳冬 | トップページ | 雪景色@金閣寺 »

b. 京都の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北極海の海氷が減って厳冬 | トップページ | 雪景色@金閣寺 »