« 柏餅 by 銭幸餅 | トップページ | 金環食@木漏れ日 »

2012年5月 8日 (火)

新旧のライカ銘レンズ

一旦新しいカメラボディを入れると、漏れ無く新レンズがついてくるので困ったもんですw
世間ではこれをレンズ沼に○○○とも言いますw

E-M5には、’旧~いMFレンズで渋く’と決めていたのですがねぇ、あまりに快適なのでAFレンズが欲しくなってしまいまして・・・・・・・
m4/3では街撮り用標準として使えるLeica Elmarit R 28mm F2.8が手元にあるのに、Leica DG Summilux 25mm F1.4を買ってしまいました。

でなんですが・・・・・・
せっかく新旧のライカ銘(と言っても、新はパナとの共同モノなんですが・・・)レンズがあるので、1970年代のライカレンズはE-M5撮像素子の解像度に負けているのか、新ライカ銘レンズで評価してみようと思い立ったわけです。

レンズの規格が違うから中心部の解像度だけ比べてみました。

まずは、旧モノ Elmarit R 28mm F2.8。

P4270061_r2
(AWB ISO200 f4.0)

次は、新モノ DG Summilux 25mm F1.4。

P5080016_r2
(AWB ISO200 F4.0)

天気が違うのはご勘弁を。

新モノは周辺までクッキリすっきりですな。
それから、線の細い描写です。
旧モノは絵画性が高く、新モノは記録性が高い、といった感じですか。

さて、中心部の等倍切り出し。
まず、旧モノ。

Ws000004_r2

次は、新モノ。

Ws000010_r2

緑色の看板の「美容室」に注目下さい。
6mmの画角の違いがありますが、新旧とも同レベルの解像・・・・・
これって凄いんぢゃないですか~lovely

まあ、周辺画質とかコントラストなどはデジタル用にチューニングされた最新レンズが明らかによいのですが、旧いライカレンズも使い方次第では、まだ現役ですね。

|

« 柏餅 by 銭幸餅 | トップページ | 金環食@木漏れ日 »

c. 撮影機材」カテゴリの記事

コメント

ほぅ~古いレンズの方が味があるねぇ~。まさに絵画的(笑)

投稿: バード | 2012年5月18日 (金) 19:52

PC上で100%でみるとどちらのレンズも解像感に差は無いように見えるんですが、全体を見ると明らかに違いがあるのですわ。
レンズって、長年使ってもよく分かりませんなw

投稿: MEGPON | 2012年5月18日 (金) 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 柏餅 by 銭幸餅 | トップページ | 金環食@木漏れ日 »