« 銭湯が廃業していく | トップページ | 昭和なリド飲食街@七条通 »

2012年6月 4日 (月)

ここは、残ってほしい銭湯~

先日唐破風のある銭湯の1軒が廃業されたことを書きました。
残るは6軒。その内の船岡温泉は登録有形文化財に指定されているので必ず残りまする。

残る5軒はただの銭湯なので、廃業するとその建物は消えてゆく運命ですが・・・・・
私的には、芋松温泉は是非とも残してもらいたいです。

P5300009_r2

by E-M5

芋松温泉の唐破風、立派です。
町家に唐破風を配置する建築様式は、その昔流行ったようですが、芋松温泉のようにほとんど昔のままのような銭湯はもうありません(船岡温泉を除く)。

旧い料理旅館を改造した船岡温泉と町家の軒先に唐破風を配置した芋松温泉とでは、その建築様式が異なりますので、芋松温泉はそれで残す価値があると思うんですがねぇ・・・・

芋松温泉の周囲は、元は古い民家が密集した地域だったんですが、コインパークが至るところに出来、住人が減っています。
なので、近い将来、芋松温泉も・・・・・・・ 

|

« 銭湯が廃業していく | トップページ | 昭和なリド飲食街@七条通 »

b. 京都の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銭湯が廃業していく | トップページ | 昭和なリド飲食街@七条通 »