« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

彼岸花

9月は今日で終わり。
それにしても、今年の9月は暑かった。
そのせいらしく、各地で彼岸花の開花が遅れているようです。

彼岸花が畦にかたまって咲いてると、お~綺麗と思って写すのだけど、後から見てつまらん写真~と、いつもがっかりです。
まあ、自分の腕が悪いから、次こそはと毎年思うのだけど・・・・・・

参考にと思ってネットで画像検索してみるけど、これという写真に出会ったことがないので、最近、自分のことは棚に上げて、”彼岸花って、実はムズい被写体ちゃうか” な~んて思ったりもしてます。

で、今年も飽きずにトライ・・・・ というか季節モノなんで惰性で写してるちゅ~か。
そんなところで・・・・(汗

Sdim0051

@上高野 by DP2 merrill

近場でそれなりに田舎といえば、チャリで15分の上高野。
最近、あまり見かけない(ワタクシだけ?)稲干し風景がありました。

Sdim0690

のどかな風景がありますなぁ。

Sdim0705

あちらこちらに彼岸花が咲いてるけど、いまいち立地が・・・・・

そう言えば、農村で彼岸花といえば、しばしば稲穂が一緒に写るけど、あの色と彼岸花の赤とは相性悪いな~といつも思ってたんだった。

Sdim0707

そう、今年は開花が遅れたせいで黄色い稲穂がないのでした。

このあたりでは、彼岸花は今が旬。

| | コメント (0)

2012年9月29日 (土)

ふる~いクロモリフレームのレストア その3

Sdim0720ho

リン酸処理して水洗するとうっすらと錆が・・・・・・
これは、水道水中の塩素のせいなので、某所から蒸留水をいただいて洗浄。
やはり錆はほとんど出ませぬでした。
お家では、大量のミネラルウォーターがいりますかねぇ~

1週間よぉ~く乾かして、本日下地塗装です。
使ったのはHOLTZのプラサフホワイト。
コイツはなかなか食いつきが良いです。

下地塗装は、錆止めと上塗りに影響するのでしっかりとします。
・・・・と、4本も使っちまいました(涙

明日は台風。
上塗り・クリアがけは次の3連休か・・・・・

乗鞍遠征に間に合わせようと思ってたのになぁ・・・・

 

| | コメント (0)

2012年9月27日 (木)

ソニーのRX1

Sdim0719_2

コスモス原@静原 by DP2 merrill

ソニーが発表したフルサイズコンデジのRX1の公式サンプルが出てきましたよ。

さすがにツアイスレンズ&フルサイズ24MPはよく写ってる。
画は柔らかな印象で、DP2mとは対照的やね。
もっと作例を見てみないとなんともわからへんけど、いまのところ画のリアリティはDP2mの方があると思う。

フルサイズ&35mmツアイスレンズは魅力的だけど値段がすごいな!

 

| | コメント (0)

2012年9月22日 (土)

ふる~いクロモリフレームのレストア その2

Sdim0672

暑さ寒さも彼岸まで。
大陸の高気圧が日本列島に張りだして来て、ようやく涼しくなってきましたねぇ。
塗装剥離作業も楽になりますw

残った塗装をリムーバーで浮かし、スクレーパーであらかた削りとっていきます。
最後にどうしても剥げなかった塗装を鋼線ブラシを付けたモーターツールで強引に削っていきました。

次いで、リン酸処理して錆止です。
が・・・・・・

風呂で洗うと錆てきました(涙
明日、もう一度鋼線ブラシポリッシュして直ぐにプライマー処理しましょ。

| | コメント (0)

2012年9月16日 (日)

ふる~いクロモリフレームのレストア

かなり前になりますが、何故か再びロードバイク熱がふつふつと沸き上がってきて、Yオクで伊太利亜は某C社の1980年台後半のクロモリフレームを落札してしまいました。

錆つきだったのでお安かったんですが、錆止&再塗装マストです。
まあ、それは覚悟の上だったんですが、いざやろうと思うと敷居が高いのですなw
塗装屋さんに頼む手もあるんですが、ハナシを聞くと、塗装剥離した後は下塗り&上塗りでフィニッシュ。リン酸を使った錆止め処理なんてしてくれないんです。

ということで、やはり自分ですることにしました。

Sdim0613

元の塗装は、職人が手作業で塗った立派なものだったので、現状維持という選択もあったんですが、塗り直すことにしました。

まず、HOLTSの塗装剥離剤を使って塗装剥離です。
が、全然剥離してきません。下塗りが随分丈夫なようです。
結局、剥離剤で柔らかくなった塗膜をスクレーパーで削ることになりました(涙
しかし、これがかなり難儀な作業でして・・・・・・
結局、半日で全剥離はできませんでした~

残りは次の天気の良い日に・・・・・・

| | コメント (0)

2012年9月14日 (金)

エクストレイル20GTのリコール

私が乗っております20GTがリコールされました。

対象となるのは、2008年8月20日~2012年7月30日に製作された1万7861台。
対象となる不具合は、以下です。

1、ディーゼル車で、エンジンルーム内の遮音材固定方法が不適切なため、ブレーキ配管により遮音材がエンジン側に押され、エンジン過給器の熱により遮音材が焼損するおそれがある。

2、ディーゼル車のDPFエンジン制御コンピュータのPM除去制御が不適切なため、短時間の走行を繰り返した場合、PMが多量に堆積した状態で自動再生が行われてDPFが高温となり、DPFが破損して黒煙が排出されるおそれがある。

3、ディーゼル車の吸気ダクト強度が不足しているため、ダクト固定用のクランプ部に亀裂が発生し、吸入空気、ブローバイガスが漏れ、エンジン警告灯が点灯して加速不良に至るおそれがある。

不具合発生件数は1が2件、2が15件、3が35件。
市場からの情報で明らかになったそうです。

ワタクシの20GTは、上記3の不具合を起こし(35件のうちの1件ですなw)、ディーラーが原因を突き止めるのに手間取ったため、DPFが詰まって黒煙を吐き、排気系の一部交換となりました。
ある意味、人柱になったのですなw

そうそう、3の不具合対策でダクトを交換したのですが、このダクトの配管の調整が難しいらしくて、うまくしないとエンジン回転数1000-2000rpmの間で共振を起こしてうるさいことになります。ワタクシの20GTがそれでして、この車検時に徹底的に見てもらって、ほぼ共振現象が治りました。


| | コメント (0)

2012年9月10日 (月)

しばらくサンフランシスコに行っておりました

Sdim0492_2

by DP2 merrill

仕事でサンフランシスコに3日間滞在しておりました。
その間にいろいろ感心することがあって、仕事で行ってたとはいえ面白かったのでした。

まず、彼の地のSushi。

話には聞いてましたが、ここではSushiが深く浸透しております。
何件もスシを標榜する店があり、刺身はRaw Fish、巻きずしはSushi Rollでメニューになってます。
握りは、Nigiriらしいですけど現地では確認してません。

現地訪問先の昼食にもSushiがでてきました。サンフランシスコで一番いいとこのSushiを用意したとのこと。
握りは少々でしたが、巻きずしと日本では見かけない形態のSushi?をたくさん食べることができて良い経験をしました(汗

彼の地であのような変容を遂げる寿司に、ある意味、和食の懐の深さを感じましたねぇ。
ただ、いろんな事情があるんでしょうけど、やっぱり酢飯を使って欲しいなぁ・・・・・

Sdim0493

仕事自体は1日だったのですが、IATA協定なるものにより、もう2日の滞在。
飛行機代が1/3になるそうなので。
で、残り2日間は、いわゆるサンフランシスコの観光インフラの視察ということで・・・(汗

Sdim0497

サンフランシスコを初めて訪れたのは約20年前。
その時は、若かったからか、異世界に来たという感動がありましたけど、今度は特に無し。

帰国して、
  「な~んか日本の風景とかわんかった」
と言うと、写真を見てた妻が、
  「日本車ばかりやからと違う?」
と鋭い指摘。
そう、20年前はアメ車らしいアメ車がいっぱい走ってた記憶があります。
    車が風景を変える・・・・・・
ありえます。

Sdim0499

日本車といっても、デザインは微妙にアメリカナイズされてますから、あちらの風景には馴染んでますけど、それでも日本でよく見る車なわけですw

それから、白熱灯が多いこと。特にブティックなどはほとんどが白熱灯を使ってます。
青白い光がないから、夜になると風景は日本と全然違います。
これはこれで雰囲気があって良いのですが、エネルギー的にはねぇ・・・・

Sdim0508

さて、アメ食に飽きた夜はチャイナタウンの向こうまで出向き、中華食。
日本のものとはお味が違い、かなり美味で胃が喜んでおりましたw

Sdim0513

ホテルまで歩いて帰ったのですが、普通の人達が普通に多く歩いていて、治安は良いようです。

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »