« 政権が替わる | トップページ | 急性腰痛症になる »

2012年12月17日 (月)

ヘリウムが世界的に不足らしい

Sdim0196_2

@六条通若宮東入上若宮町

イベントで空に飛ばす風船。中にヘリウムが詰まっている。

そのヘリウムが世界的に不足していて風船を飛ばせなくなっているそうだ。
・・・って風船レベルの問題じゃなくて、低温冷却が必須の各種研究機器が使えなくなる危機がそこに迫っているのだ。
ウチの会社のNMRもこのまま不足が続くと危ないらしい。

このヘリウムをどうやって作っているのか・・・・・
恥ずかしながらワタクシは、空気中から回収してるものとばかり思ってた。
が、実は天然ガス中に数%含まれるヘリウムを天然ガスともに採掘して分離しているのだ。
最大の産出国はUSA。世界需要の約7割を生産している。
しかし、近年の中国での需要の増加(日本企業の現地での生産活動のせいらしい)、施設の老朽化、シェールガス増産のせいで供給不足になっているらしいのだ。

さあ、どうなるのやら。

|

« 政権が替わる | トップページ | 急性腰痛症になる »

a. 日々のこと」カテゴリの記事

コメント

医療の世界でもNMRと原理は同じのMRIなどの画像診断の装置の冷却に使用するヘリウムの入手困難に頭が痛いらしい””
ガン、早期の脳梗塞などの診断が将来的にMRIで即というわけにはいかなくなる?MRIの稼働を制限されると脳梗塞の早期治療が影響を受けるかも?

投稿: ハクセキくん | 2012年12月19日 (水) 00:20

医療関係は優先的に供給されてるって聞いてますけど・・・・
ヘリウムって、世間では風船に入れるガスくらいの認識みたいだけど、地味に超重要なんですよねぇ〜

投稿: MEGPON | 2012年12月19日 (水) 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 政権が替わる | トップページ | 急性腰痛症になる »