« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月29日 (火)

鳥が見ている近紫外領域の撮影の件

鳥は、ヒトでいう可視光領域にプラスして近紫外領域も見ているそうです。

Graph

http://www.nippe-powerfactory.com/acalux/column/column02.html

鳥の近紫外領域用の錐体の吸収ピーク(感度の高いところ)は370-380nmにあるようですから、まったくヒトが見ることのできない領域でもなさそうです。ただし、ヒトの場合、その領域は青の錐体で感じることになり、しかも感度が低い領域だから、よほど強い光じゃないと分からないでしょうけど。

それから、鳥とヒトとでは青の見え方が違いそうです。
ヒトの場合、紫〜藍色の波長域で感度が高いですけど、鳥ではそこはほとんど感度0。
つまり、鳥は紫〜藍色は見えていないかもです。

こうしてみると、近紫外域までカメラで写してみると鳥の見ている世界に近づけるのではないかと思えてきます。
そこで、近紫外領域を透過するレンズを探したところ、UV−NIKKORというレンズがありました。

このレンズ、波長220nm~900nmの全域で透過率約70%を確保するという驚くべき性能なのですが、値段も驚くべき値なのです。

  他にないのか・・・・・・

モノクロ印画紙の主な感光域は近紫外線380nmなので、古〜いEL-NIKKORという引き伸ばしレンズが使えそうです。

Sdim0123_el_nikkor

ただし、ヘリコイドなし、ライカLマウント、無限遠が出ないなど、鳥撮影用途にはなかなか手強そうです。

| | コメント (0)

2013年1月28日 (月)

ツクシガモをみた

Img_3103

ツクシガモ (全部♀)

冬、有明湾に多く飛来したことからツクシガモと名付けられたカモ。
西日本にやってくることは稀なので、こちらでは、ある意味珍鳥です。
今年は「赤い鳥」、いやどこかが「赤い」鳥がテーマなので、東の海まで遠征して来ました。

このカモもそうですけど、赤い嘴の鳥は、たいてい黒頭(ミヤコドリ、バン、コクチョウなど)をしてますねぇ。
ヒトは朱色っぽい赤と黒の組合せをよく使いますけど、鳥の世界にこれだけ赤い嘴に黒頭の例があると、鳥とヒトは同じような色彩感覚を持っているのかと思ってしまいますw

しか〜し、鳥はヒトが知覚できる光(400〜800nm)+300〜400nmの光を知覚できるので、ヒトとは違った色空間を見てるのでしょうねぇ〜

     可能ならば、見てみたい〜w

それから、もひとつ、どこかが「赤い」鳥を。

Img_3004

ニシオジロビタキ 成鳥♂

ニシオジロビタキ♂はメチャ珍しいそうですし、ちょっと苦しいけど胸がオレンジ色。
東の海に行ったついでに見て来ました。

| | コメント (0)

2013年1月20日 (日)

エクストレイルのエンジンがかかりにくくなった件

Img_2513

ウチのエクストレイル20GTのエンジンの始動性が昨年11月あたりから悪くなってきて・・・・・・
最初は寒くなったからかとのんびり構えてたんやけど、最近はコンビニに寄って、さて始動・・・クランクすら回らへん、ちゅ〜ことが度々。

さすがにエンジン暖まってんのに始動でけへんちゅ〜のは尋常ではないんで診てもらいました。
その時、忘れてたけどリコールがかかってたんでついでにその対策もです。
リコール対策は、問題のあったインタークーラー配管の対策品交換とECUの書き換えらしいのですが、これでいろいろなところがよくなるから、始動性も治るかもとメカニックの方は言っておられました。

さて、診断は・・・・・

エンジン始動の時、クラッチベダルを踏み込む必要があるんですが、それを検知するセンサー(というような大げさなもんではなくただのスイッチと思うけど)が接触不良を起こしてるらしいということで、交換となりました。

リコール対策とセンサー交換後、

    治りました

ついでに、1500rpm前後で発生してた共鳴音も消えました。
良かったよかった。

| | コメント (0)

2013年1月19日 (土)

アカハジロをみた

Img_2470

「赤い鳥」テーマで胸しか赤っぽくないけど、アカハジロというカモを見て来ました。
この鳥、めったに見ることのできない珍鳥らしいです。
頭は濃いグリーンなんですが、なかなかキレイに写しにくい。

Img_2523_2

アカハジロ♂

中華人民共和国北東部やロシア東部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部や東南アジアへ南下し越冬する。日本には冬季に越冬のためまれに飛来(冬鳥)する。
wikipediaより

日本ではめったにお目にかかれない鳥のようです。

アカハジロと言う名は、色以外はよく似ている白黒パンダのキンクロハジロとの相対的な命名なんでしょうね。しか〜し、ホシハジロ(上の写真の右の鳥)方が頭の赤が綺麗な分、アカ◯◯にふさわしいような気がするけど・・・w

| | コメント (0)

2013年1月18日 (金)

マツダがアルファロメオを作る件

Img_2298


マツダとフィアット グループ オートモービルズは、昨年5月23日に合同発表した協業に関して、正式に事業契約を締結したことを発表した。
これに伴い、マツダは2015年よりフィアット傘下のアルファロメオ向けオープン2シータースポーツカーをマツダの本社工場で生産。アルファロメオ向けの 新商品は、グローバル市場をターゲットとして、次期『マツダ ロードスター(海外名:Mazda MX-5)』のアーキテクチャをベースに開発する。http://response.jp/article/2013/01/18/189120.html

2015年に庶民でも買える価格帯のFRアルファロメオが登場するんですねぇ。

いいですねぇ〜
アルファ75を苦労して2台乗り継いだワタクシとしては、FRアルファに再び乗ることができるかもしれないから、とてもいいニュースですw

| | コメント (2)

2013年1月17日 (木)

現役仁丹町名板が減りつつある件

Sdim0255

@下椹木町通千本東入

京都市内には、古に設置された仁丹町名板が古〜い家と共にまだかなり残ってます。
その風景は、昔の京都の面影を残しており、今となっては貴重なモノに思えるので「仁丹町名板のある風景」として広角レンズで切り取っています。

ただ、通行人がいたりして、見ただけで撮っていない「仁丹町名板がある風景」がまだかなり残ってます。
こうしたヤツを通勤がてら地道に写真に収めているんですが、最近、「えっ、ないやん!」というケースが増えているんです。
つい最近、萬壽寺通、室町通、大宮通寺之内上ル、鞍馬口通、五辻通の町名板が消えました。
改築に伴って消えたヤツが2件、更地化で2件、町名板だけ消えたのが1件です。
改築の場合、復活する例が多いんですが、どうでしょう。

まあ、ともかく、撮り残しをさっさと撮ってしまわねば・・・・

| | コメント (0)

2013年1月14日 (月)

逆さ虹をみた

Img_0030

先日、逆さ虹こと、環天頂アークという気象現象をみました。
めったに見ることのできない現象かといわれると、そうでもないかもしれへんけど、ワタクシ的には珍しい。

太陽の周りに時々虹みたいなのが見えることがあるけど、どう違うの〜というと・・・・
空一面に薄く雲がかかっていて太陽の周りに虹のような輪が見える場合は暈。
晴天で雲の一部が虹のように見える場合は彩雲。
環天頂アークは、太陽の位置が低い時、太陽の上方の空に出るのです。だから朝か夕方しか見ることができな〜い。(上の写真では、太陽は写ってないけど写真下方にあるのです。)

環天頂アークは、上空の風が弱く、雲の中に六角板状の氷の結晶が存在し、それが地面に水平に浮かんでいる時にのみ現れます。
なので、起こりにくいといえば起こりにくい現象なのかも。

| | コメント (0)

2013年1月12日 (土)

ミヤコドリをみた

Img_2281

「赤い鳥」テーマで始まった今年のバードウオッチング。
でも、そうそう「赤い鳥」は居やしませんw

まあ、それでも「赤」関連で赤い目と嘴の鳥を見に三重の海まで行って来ました。

見たのはミヤコドリ。
黒い頭から伸びる朱色がかった赤の嘴。そして黒い背と白い腹。
この色の対比というか、色使いはどこかにあったような・・・・・・
そう、人間世界でよく使われてます。
昔、黒ボディに朱色がかった赤線の入ったガラケー、黒ボディに朱色がかった赤のシートベルトをあしらったクルマを使っておりましたわw

朱色がかった赤と黒、白と黒、どちらの色使いもヒトは美しいと感じます。
それが何故なのか、ワタクシは知りません。

ヒトが美しいと感じる色使いが、様々な♂鳥の色デザインにあります。
♂鳥が、長い進化を経て♀鳥を魅惑する色デザインを獲得したのなら、♀鳥と人間の感性は一緒?

う〜ん、色の世界は奥深いです。

| | コメント (0)

2013年1月 9日 (水)

MacBook Proで音楽を聴く件

Sdim0182
彩雲 by DP1 merrill

最近、ワタクシの音楽鑑賞は、CDからWAVフォーマットでPCに保存し、DACを通してイヤースピーカーで聴くというスタイル(いわゆるPCオーディオ)が定着しております。

というのも、10年前の20万円クラスのCDP+アンプ+5年前の20万円クラスのスピーカーの組合せよりも、Windows機+cPlay(再生ソフト)+Babyface(DAC)+IE8(イヤースピーカー)の方がよい音空間が得られたんで。

そやけど、従来のオーソドックスなCDP+アンプ+スピーカーの組合せの方がより広大な音空間に浸ることができるんで捨てがたい面もあります。
なので、少なくとも音の入口であるCDPを更新しようかとも考えたんやけど、年寄りの多いオーディオ評論家連中の評価が信じられへんので、CDPを選ぶのが面倒になりましたw。歳取ると高低音が聞こえにくうなるのに、正確な音の評価ができるのか、とおもいます。

ハナシが横に逸れました。

常用してたWindows機がダメになってMacBook Proに乗換え、しばらくMacBook Pro + iTunes + Babyface + IE8で聴いてたんやけど、iTunesよりも高音質が得られるという再生ソフトが気になりまして、高評価のAmarraとDecibelをDLして使こうてみました。

以下、感想です。

空間の縦方向の広がり感: iTunes、Decibel>Amarra
空間の横方向の広がり感: 差はない
音の分離(音源の位置の把握しやすさ): iTunes>Decibel>Amarra
低音の出方: iTunes<Decibel<Amarra
音のくっきりさ: iTunes<Decibel, Amarra
音の出方: iTunes ちょっと奥に引っ込む感じ
        Decibel 高音から低音まで均一によく聞こえる
        Amarra 高音から低音の間が圧縮された感じに聞こえる 

以上まとめて
音の空間的バランス: iTunes>Decibel>Amarra
聴き心地: iTunes(音が優しい)>Decibel(エッジが立っている感じで耳に痛い)>Amarra(うるさい)
ということで、ワタクシ的にはiTunesが最もよい結果となりました。

なお、MacBookの端子にIE8を直挿しした場合はDecibelが良かったですから、使こうてるDACによって再生ソフトの評価が変わる可能性があるでしょうねぇ。
となると、ネットの評判はあまり参考にならない、ちゅ〜黴の生えたハナシに帰結?・・・・・w

| | コメント (0)

2013年1月 6日 (日)

ウグイスを間近で見た件

Img_1813

ウグイス 

春先、美しい囀りは聞こえど姿はなかなか見ることのできない鳥。
しかし、美しい囀りは春先になって縄張りを持ってからであり、今は、チュッ チュッ・・・と雀の地鳴きを短くしたような感じで地鳴きしております。

ぢつは、ワタクシ、美しい囀りに比べて激しく地味な姿を間近で見たのは初めてです。
そんな昔でもない頃、「鶯色」は「萌黄色」のような黄緑色系の色と思っていたから、メジロをウグイスと勘違いしておりましたcoldsweats01
鳥を撮るようになって初めて「鶯色」とはオリーブグリーンのような渋い緑だと知ったのでしたw

さて、ホンモノをよお〜く見てみると、どこが「鶯色」なのか・・・・・
後頚から胸あたりにかけてそれらしい色が見えます。

ウグイスは、その美声から、江戸時代に飼うことが流行し、ウグイスの囀りを競う品評会まであったそうです。
当時の人々が、後頚から胸あたりの微妙な色合いを「鶯色」と名付けたのでしょう。
ちなみに、風切羽から尾羽の微妙に緑がかった茶色は、やはり当時に「鶯茶」と名付けられています。
まあ、これほどウグイスは身近な鳥だったちゅ〜ことですかねぇ。

| | コメント (0)

2013年1月 5日 (土)

MacBook Proでネット接続がよく止まる件

Sdim0112

@木屋町通五条下ル

昨年、Windouws機をMacBook Pro with Retinaに換えて、快適に使っているのやけど、たった一つ困ったことがあります、じゃなくて、ありました。

Safariでネット接続中に、ページ更新が度々できなくなってたんです。
そう、かな〜り重いHPを遅い回線で読み込んだ時のように。
そして、ルーターを再起動するまで接続できずshock

同じような症例をネットで検索してみたけど、完全一致の症状はなし。
もう一台あるWindows機はまったく問題なしなんで、MacBook Proに何かあるんです。
でも、ワタクシには何かがよくわからない。

あまりによく起こるんで嫌気がさし、何気なしにSafariをChromeに換えてみたんです。
すると、ずいぶんと頻度が少なくなるぢゃないっすか〜
さらにFireFoxに換えるとほとんど起こらへん!?

                                              なんなんこれ〜 

| | コメント (0)

2013年1月 4日 (金)

あけましておめでとうございます

遅ればせながら、あけましておめでとうございます m(_ _)m
不定期更新のブログですが、今年もよろしゅ〜お願いします。

昨年の年初は1ユーロ98円とかの円高で始まり、日本経済の先行きが懸念される展開となったけど、今年は円安や米国の「財政の壁」問題がとりあえず小康状態(先送りともいう)とまずまずの始まりです。
しか〜し、欧州危機や「財政の壁」問題は根本的解決をみたわけやないんでねぇ・・・・

さぁてと、三賀日はあれこれと忙しかったんで、今日、やっと撮り初めです。
昨年は青い鳥「ルリビタキ」で始まったんで、「色」をお題に、今年は赤い鳥を狙って来ました。
昨年のルリビタキは必ずいることが分かってたんで安心して撮りに行ったんやけど、今日の赤い鳥「ベニマシコ」は出会えるかどうかは運次第、鳥次第。
ある意味、今年の「鳥運」、いや運勢を占う的要素がいっぱいなんで、出かける直前まで「被写体」を換えようかと悩みましたw

結果は・・・・・
ほんの一瞬やったけど、まずまずの画を撮ることができたんで、今年の運勢は中吉かな〜w

Img_1651

ベニマシコ♂ by EOS 7D + EF400mm F5.6L

これで去年撮ったオオマシコとハギマシコと合わせて、近畿圏で見ることができるマシコ系赤い鳥は制覇です。

Img_0168

オオマシコ♂

Img_0925

ハギマシコ♂

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »