« ウグイスを間近で見た件 | トップページ | ミヤコドリをみた »

2013年1月 9日 (水)

MacBook Proで音楽を聴く件

Sdim0182
彩雲 by DP1 merrill

最近、ワタクシの音楽鑑賞は、CDからWAVフォーマットでPCに保存し、DACを通してイヤースピーカーで聴くというスタイル(いわゆるPCオーディオ)が定着しております。

というのも、10年前の20万円クラスのCDP+アンプ+5年前の20万円クラスのスピーカーの組合せよりも、Windows機+cPlay(再生ソフト)+Babyface(DAC)+IE8(イヤースピーカー)の方がよい音空間が得られたんで。

そやけど、従来のオーソドックスなCDP+アンプ+スピーカーの組合せの方がより広大な音空間に浸ることができるんで捨てがたい面もあります。
なので、少なくとも音の入口であるCDPを更新しようかとも考えたんやけど、年寄りの多いオーディオ評論家連中の評価が信じられへんので、CDPを選ぶのが面倒になりましたw。歳取ると高低音が聞こえにくうなるのに、正確な音の評価ができるのか、とおもいます。

ハナシが横に逸れました。

常用してたWindows機がダメになってMacBook Proに乗換え、しばらくMacBook Pro + iTunes + Babyface + IE8で聴いてたんやけど、iTunesよりも高音質が得られるという再生ソフトが気になりまして、高評価のAmarraとDecibelをDLして使こうてみました。

以下、感想です。

空間の縦方向の広がり感: iTunes、Decibel>Amarra
空間の横方向の広がり感: 差はない
音の分離(音源の位置の把握しやすさ): iTunes>Decibel>Amarra
低音の出方: iTunes<Decibel<Amarra
音のくっきりさ: iTunes<Decibel, Amarra
音の出方: iTunes ちょっと奥に引っ込む感じ
        Decibel 高音から低音まで均一によく聞こえる
        Amarra 高音から低音の間が圧縮された感じに聞こえる 

以上まとめて
音の空間的バランス: iTunes>Decibel>Amarra
聴き心地: iTunes(音が優しい)>Decibel(エッジが立っている感じで耳に痛い)>Amarra(うるさい)
ということで、ワタクシ的にはiTunesが最もよい結果となりました。

なお、MacBookの端子にIE8を直挿しした場合はDecibelが良かったですから、使こうてるDACによって再生ソフトの評価が変わる可能性があるでしょうねぇ。
となると、ネットの評判はあまり参考にならない、ちゅ〜黴の生えたハナシに帰結?・・・・・w

|

« ウグイスを間近で見た件 | トップページ | ミヤコドリをみた »

a. 日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウグイスを間近で見た件 | トップページ | ミヤコドリをみた »