« エクストレイルのエンジンがかかりにくくなった件 | トップページ | 鳥が見ている近紫外領域の撮影の件 »

2013年1月28日 (月)

ツクシガモをみた

Img_3103

ツクシガモ (全部♀)

冬、有明湾に多く飛来したことからツクシガモと名付けられたカモ。
西日本にやってくることは稀なので、こちらでは、ある意味珍鳥です。
今年は「赤い鳥」、いやどこかが「赤い」鳥がテーマなので、東の海まで遠征して来ました。

このカモもそうですけど、赤い嘴の鳥は、たいてい黒頭(ミヤコドリ、バン、コクチョウなど)をしてますねぇ。
ヒトは朱色っぽい赤と黒の組合せをよく使いますけど、鳥の世界にこれだけ赤い嘴に黒頭の例があると、鳥とヒトは同じような色彩感覚を持っているのかと思ってしまいますw

しか〜し、鳥はヒトが知覚できる光(400〜800nm)+300〜400nmの光を知覚できるので、ヒトとは違った色空間を見てるのでしょうねぇ〜

     可能ならば、見てみたい〜w

それから、もひとつ、どこかが「赤い」鳥を。

Img_3004

ニシオジロビタキ 成鳥♂

ニシオジロビタキ♂はメチャ珍しいそうですし、ちょっと苦しいけど胸がオレンジ色。
東の海に行ったついでに見て来ました。

|

« エクストレイルのエンジンがかかりにくくなった件 | トップページ | 鳥が見ている近紫外領域の撮影の件 »

h. 鳥類・動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エクストレイルのエンジンがかかりにくくなった件 | トップページ | 鳥が見ている近紫外領域の撮影の件 »