« アカハジロをみた | トップページ | ツクシガモをみた »

2013年1月20日 (日)

エクストレイルのエンジンがかかりにくくなった件

Img_2513

ウチのエクストレイル20GTのエンジンの始動性が昨年11月あたりから悪くなってきて・・・・・・
最初は寒くなったからかとのんびり構えてたんやけど、最近はコンビニに寄って、さて始動・・・クランクすら回らへん、ちゅ〜ことが度々。

さすがにエンジン暖まってんのに始動でけへんちゅ〜のは尋常ではないんで診てもらいました。
その時、忘れてたけどリコールがかかってたんでついでにその対策もです。
リコール対策は、問題のあったインタークーラー配管の対策品交換とECUの書き換えらしいのですが、これでいろいろなところがよくなるから、始動性も治るかもとメカニックの方は言っておられました。

さて、診断は・・・・・

エンジン始動の時、クラッチベダルを踏み込む必要があるんですが、それを検知するセンサー(というような大げさなもんではなくただのスイッチと思うけど)が接触不良を起こしてるらしいということで、交換となりました。

リコール対策とセンサー交換後、

    治りました

ついでに、1500rpm前後で発生してた共鳴音も消えました。
良かったよかった。

|

« アカハジロをみた | トップページ | ツクシガモをみた »

a. 日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アカハジロをみた | トップページ | ツクシガモをみた »