« 逆さ虹をみた | トップページ | マツダがアルファロメオを作る件 »

2013年1月17日 (木)

現役仁丹町名板が減りつつある件

Sdim0255

@下椹木町通千本東入

京都市内には、古に設置された仁丹町名板が古〜い家と共にまだかなり残ってます。
その風景は、昔の京都の面影を残しており、今となっては貴重なモノに思えるので「仁丹町名板のある風景」として広角レンズで切り取っています。

ただ、通行人がいたりして、見ただけで撮っていない「仁丹町名板がある風景」がまだかなり残ってます。
こうしたヤツを通勤がてら地道に写真に収めているんですが、最近、「えっ、ないやん!」というケースが増えているんです。
つい最近、萬壽寺通、室町通、大宮通寺之内上ル、鞍馬口通、五辻通の町名板が消えました。
改築に伴って消えたヤツが2件、更地化で2件、町名板だけ消えたのが1件です。
改築の場合、復活する例が多いんですが、どうでしょう。

まあ、ともかく、撮り残しをさっさと撮ってしまわねば・・・・

|

« 逆さ虹をみた | トップページ | マツダがアルファロメオを作る件 »

b. 京都の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 逆さ虹をみた | トップページ | マツダがアルファロメオを作る件 »