« ミヤコドリをみた | トップページ | 現役仁丹町名板が減りつつある件 »

2013年1月14日 (月)

逆さ虹をみた

Img_0030

先日、逆さ虹こと、環天頂アークという気象現象をみました。
めったに見ることのできない現象かといわれると、そうでもないかもしれへんけど、ワタクシ的には珍しい。

太陽の周りに時々虹みたいなのが見えることがあるけど、どう違うの〜というと・・・・
空一面に薄く雲がかかっていて太陽の周りに虹のような輪が見える場合は暈。
晴天で雲の一部が虹のように見える場合は彩雲。
環天頂アークは、太陽の位置が低い時、太陽の上方の空に出るのです。だから朝か夕方しか見ることができな〜い。(上の写真では、太陽は写ってないけど写真下方にあるのです。)

環天頂アークは、上空の風が弱く、雲の中に六角板状の氷の結晶が存在し、それが地面に水平に浮かんでいる時にのみ現れます。
なので、起こりにくいといえば起こりにくい現象なのかも。

|

« ミヤコドリをみた | トップページ | 現役仁丹町名板が減りつつある件 »

a. 日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミヤコドリをみた | トップページ | 現役仁丹町名板が減りつつある件 »