« またリコールか | トップページ | 近紫外線まで写ると何がみえる? »

2013年2月 6日 (水)

近紫外線写真の道具

鳥が見ている世界を垣間見たくて、近紫外線写真に手を出してしましましたw

先ず必要なのが近紫外線を透過するレンズ。
デジカメ用レンズはほとんど400nm以下はカットされているそうで。
ならば、銀塩写真の頃のレンズならOKなのか・・・・・
そうらしいのですが、本当のところはよくわかりませんし、レンズによって様々らしいですわ。

ならば、確実に近紫外線は透過するレンズということで、お手頃な引き伸ばし用レンズ、EL-NIKKORを手に入れました。
遠くの鳥を狙えるようにできるだけ長焦点の135mmをチョイス。
カメラの方も鳥用にPENTAX Q10をチョイス。ローパスレスですし。
これで、35mm換算画角742mmという超望遠システムの出来上がりw

しか〜し、このレンズ、ベローズ前提なのでヘリコイドなしなんですわ。
ということで、手持ちのBORG用パーツで近傍から無限遠までOKなように組んでみました。

Imgp9310

EL-NIKKOR + 7844 + 7528 + 7860 + 7000 + 5003 + NF-PQマウントアダプター + Q10

この構成で、およそ80cm〜無限遠がOKです。
あとは、HOYA製U360フィルターとアダプターを待つばかり〜

|

« またリコールか | トップページ | 近紫外線まで写ると何がみえる? »

c. 撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« またリコールか | トップページ | 近紫外線まで写ると何がみえる? »