« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月31日 (金)

たそかれどき

Img_1163

Nikkor-S Auto 5.8cm f1.4 + EOS 6D

ブログの黄昏時です。

不定期更新も2週間以上放置じゃ、もはや不定期とはいえないかも・・・・・・\(;゚∇゚)/

というもの、ブログの意義の一つに情報発信があると思うので、一個人のしょうもない情報やけど発信してみよか〜と思って細々と書いてました。
しか〜し、最近、これまでネタにしてきた・・・・
 自転車は、モールトンを手に入れ、コルナゴをレストアしてもうこれでエエか
 カメラは、EOS 6Dを手に入れ、もうこれでエエか

・・・・とまあ、要するにアクセスの多い自転車関係とカメラ関係は発信ネタがもうない状態なわけです。

写真は、いろんな被写体について結構な枚数を撮ってますけど、いつまでもヒトが観たら Why? というようなもんばっかりで、自己満足写真はもうエエって自分で思ってしまったりw
誰もがハッとするような写真を撮ってみたいです〜

その他諸々役に立ちそうな情報はあるけど、しっかり書くには時間があらへんしなぁ・・・・

なら、クローズすればとも思いましたが、毎日過去記事に対して150アクセスほどあるのでねぇ・・・・

と、ぼやいてみましたが、おそらくこのままですねw

 

 

| | コメント (0)

2013年5月14日 (火)

また一つ消えた

Img_9382

この3軒が消えて更地になっておりました。
一緒に仁丹町名板も一つ消滅したようです。

こうして歴史の記憶が消えて行くのですなぁ・・・・

| | コメント (0)

2013年5月12日 (日)

古い電器屋さんを2つ

家電量販店がない時代、家庭の電気製品はこういうお店のお世話になっていたのです。
今は時代が変わりました。

P6030008

昔のシャープのロゴが懐かしいです。
このお店は、去年、更地になりました。

Img_0535

ナショナルのロゴがメッチャ懐かしいです。
今は営業されてないのでしょうか。

| | コメント (0)

2013年5月 8日 (水)

Nikkor-UD Auto 20mm F3.5

Img_0482_2

西寺跡  EOS 6D + Nikkor-UD Auto 20mm F3.5

Nikkor-UD Auto 20mm F3.5は、フィルター径72mm、重量390gという嵩張る奴だったので、5Dとともに持ちだす気にはならへんかったんですけど、小さい&軽い6DとならOKです。

このレンズのデビューは1968年。
ワタクシ並に古い奴ですが、デジタルとの相性も悪くないし、「ゆがみが少ない」「キレがよい」という点では今でも通用する高い描写性能を持ってると思います。
f5.6くらいに絞っておけば、ヘリコイドを回さず撮れるんで街撮りには重宝します。

さて、ここに写ってる場所は、その昔、東の東寺とともに西の西寺があり、今は都市公園です。
西寺は、1223年に塔が消失して記録から消えました。
そもそも、東寺ほど栄えなくて荒廃の道を歩んでいたようです。
その原因は、wikipediaによると、この辺り一体は水はけが悪く、平安後期には住民がいなくなったためだとか。

すぐ東には羅城門跡があります。
羅城門といえば、子供の頃、なんかドキドキしながら読んだ今昔物語集の巻二十九第十八「羅城門に登り死人を見る盗人の話」や鬼の話を思い出します。
平安時代、右京は次第に廃れて行き、それにともなって羅城門界隈も荒廃して、様々な怪奇譚が生まれたようですね。

 

| | コメント (0)

2013年5月 6日 (月)

AWBの微調整

EOS 6DのAWBを微調整してみました。

Img_0423_awb

まず、AWBデフォルト。
実際より、ややマゼンタが入ってます。

Img_0422_awb

AWB微調整で、A1,G1に調整。
ほぼ、見た目どおりになりました。

キヤノン機のマゼンタよりの色再現はDPPによるものだと思ってましたが、カメラのAWBもややマゼンタよりの色再現をするようですな。

| | コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

みそ餡三昧

久々の甘いものネタです。
何時の頃からだろ〜 甘いものネタが切れたのは。
確かに、実生活でも、長い間、市内の菓子店で買ってなかったです。

さて、今日は端午の節句。
定番の柏餅、しかも味噌餡ばかり四つ一気食べ。満足しましたw

で、終わっちゃ〜意味ないんで、順に感想を。

まず、二条通川端東入吉永町の「美よし菓舗」。

Img_0377

デカイです。しかも餅が薄くて餡がたっぷり。食べごたえありました。
餅は、ほとんど無味でちょっとプリプリと水っぽい食感。かなり柔らかくペタペタしてるので半分に切れませんでした。
餡は、山椒の葉がピリリと効いた白味噌多めのちょっと甘く濃い味でした。よぉ〜く練りあげてるのかな。
全体的にもうちょっと餅が多い方がバランスがよいような・・・・

次は南に下って、宮川町通松原下ルの「名月堂」。

Img_0375

ここのもデカイですが、餅の分量は上よりも多めです。
餅は、ごく薄い塩味が感じられ米粉の風味が僅かに残ります。半分に切れるくらいの固さはありながら、口の中で蕩ける不思議な食感がありました。
餡は、生姜の風味が効いていてちょっと甘め。白餡多めとみました。

柏餅は、餡と餅とのコラボレーションが重要です。
普通、噛むことによって両者が混ざり合って、口の中にお味が広がって行きます。
しか〜し、ここの柏餅、あまり噛まずとも、口の中で餡と餅が蕩けて渾然一体となるのです。
これは、これまで経験したことのない新鮮な食感で、よろしかったです。

次は、西へ向かって、鍵屋町通諏訪町西入の「鍵長」。

Img_0371

上の2つと比べると小ぶりです。
餅は、コシがあり、米粉の風味がちょっと残るお味です。
餡は、特に定番の山椒や生姜のアクセントのないさっぱりとお味です。白餡多めとみました。
でも、白餡と白味噌だけじゃない何か隠し味があるようなのですがよくわかりませんでした。

餡と餅のコラボレーションは絶妙で、薄みそ味がお好みの方にはオススメですねぇ。

最後は、北西に向かい、坊城通綾小路上ルの「幸福堂」。

Img_0373

ここも小ぶりです。
餅は、コシがありますが無味です。
餡は、「名月堂」のみそ餡と似ていますが、さらに生姜が効いて甘さは控えめです。こちらの方が白味噌が多いとみました。

上の三つはどれも個性的ですので、「幸福堂」も柏餅は、これらと比べると”標準的柏餅”的感じですかねぇ。

| | コメント (0)

2013年5月 4日 (土)

ニホンミツバチが巣を作る

Img_0170

EOS 6D + EF400mm F5.6 ISO6400

家の裏にあるイチョウの木の洞に蜂が集まってました。

ちょっとビビリが入ったので、離れて望遠撮影して蜂の正体を確認です。
蜂によっては駆除対象ですからw

で、写真を拡大してみると、ニホンミツバチらしいです。
なら、安心ですな。奴らは温厚ですから。

最近その辺の川にカワセミが住み着くようになったけど、ニホンミツバチもヒトの住環境に適応してきたんですねぇ・・・

そうそう、初めてEOS 6DのISO6400を使ってみたけど、いや〜普通に写ってますわ。凄い〜

| | コメント (0)

2013年5月 3日 (金)

町名板のある風景

毎年、大型連休こそはどこか遠くへ行こうと思いながら、近所をうろうろして終わってます。
今年も、そうなりそうな予感。

Img_0197

京都市内には、まだ訪れたことのない場所が無数にあります。
何かしら観光資源のある京都、訪れたことのない処に行くだけでも、観光気分に浸れるのはありがたいですw

| | コメント (0)

2013年5月 2日 (木)

東の海へ

そろそろ夏羽のシギ、チドリのシーズン。
東の海へ遠征して来ました。

Img_0149

EOS 6D + EF35mm F2 IS

絶好の日和なのですか、凶暴な風が・・・・・
カメラじゃなくて体が揺れて、めっちゃ撮りにくい。

なんとか撮った鳥は、キョウジョシギ夏羽♂♀、シロチドリ、メダイチドリ夏羽、チュウシャクシギ夏羽、ハマシギ夏羽、アオアシシギ夏羽、キアシシギ夏羽、ツルシギ夏羽♂♀、コアジサシ、アジサシ、オオセグロカモメ第一回夏羽、ウミネコ夏羽の12種。

今年のテーマ”どこか赤い鳥”にちなんでキョウジョシギ♂とメダイチドリをアップします。

Img_4961

メダイチドリ

胸元のオレンジ色が綺麗です。

Img_4930

キョウジョシギ♂

羽の黒とオレンジ色の対比が綺麗です。

EOS 7D + EF400mm F5.6で35mm換算640mmで撮ってるんだけど、警戒されない距離からじゃ焦点距離がやや足りませんなぁ。
野生の鳥は、やはり警戒心が強いです。

| | コメント (0)

2013年5月 1日 (水)

理髪店を2つ

京都市内には星の数ほど髪を整えてくれるお店があり、今もどこかで新しいお店が誕生してますけど、髭を剃ってくれるお店はどんどん減ってます。

Img_0190

髭を剃ってくれるお店は、どこか古い佇まいを残しており、趣があります。

Img_0204

整髪の立体文字がいいですね〜
古い建築様式のお店ですが、廃業されてます。
そう遠くない時になくなるでしょう。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »