« ニホンミツバチが巣を作る | トップページ | AWBの微調整 »

2013年5月 5日 (日)

みそ餡三昧

久々の甘いものネタです。
何時の頃からだろ〜 甘いものネタが切れたのは。
確かに、実生活でも、長い間、市内の菓子店で買ってなかったです。

さて、今日は端午の節句。
定番の柏餅、しかも味噌餡ばかり四つ一気食べ。満足しましたw

で、終わっちゃ〜意味ないんで、順に感想を。

まず、二条通川端東入吉永町の「美よし菓舗」。

Img_0377

デカイです。しかも餅が薄くて餡がたっぷり。食べごたえありました。
餅は、ほとんど無味でちょっとプリプリと水っぽい食感。かなり柔らかくペタペタしてるので半分に切れませんでした。
餡は、山椒の葉がピリリと効いた白味噌多めのちょっと甘く濃い味でした。よぉ〜く練りあげてるのかな。
全体的にもうちょっと餅が多い方がバランスがよいような・・・・

次は南に下って、宮川町通松原下ルの「名月堂」。

Img_0375

ここのもデカイですが、餅の分量は上よりも多めです。
餅は、ごく薄い塩味が感じられ米粉の風味が僅かに残ります。半分に切れるくらいの固さはありながら、口の中で蕩ける不思議な食感がありました。
餡は、生姜の風味が効いていてちょっと甘め。白餡多めとみました。

柏餅は、餡と餅とのコラボレーションが重要です。
普通、噛むことによって両者が混ざり合って、口の中にお味が広がって行きます。
しか〜し、ここの柏餅、あまり噛まずとも、口の中で餡と餅が蕩けて渾然一体となるのです。
これは、これまで経験したことのない新鮮な食感で、よろしかったです。

次は、西へ向かって、鍵屋町通諏訪町西入の「鍵長」。

Img_0371

上の2つと比べると小ぶりです。
餅は、コシがあり、米粉の風味がちょっと残るお味です。
餡は、特に定番の山椒や生姜のアクセントのないさっぱりとお味です。白餡多めとみました。
でも、白餡と白味噌だけじゃない何か隠し味があるようなのですがよくわかりませんでした。

餡と餅のコラボレーションは絶妙で、薄みそ味がお好みの方にはオススメですねぇ。

最後は、北西に向かい、坊城通綾小路上ルの「幸福堂」。

Img_0373

ここも小ぶりです。
餅は、コシがありますが無味です。
餡は、「名月堂」のみそ餡と似ていますが、さらに生姜が効いて甘さは控えめです。こちらの方が白味噌が多いとみました。

上の三つはどれも個性的ですので、「幸福堂」も柏餅は、これらと比べると”標準的柏餅”的感じですかねぇ。

|

« ニホンミツバチが巣を作る | トップページ | AWBの微調整 »

a. 日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ニホンミツバチが巣を作る | トップページ | AWBの微調整 »