« EOS 70D | トップページ | 改正道交法の施行 »

2013年9月28日 (土)

EOS 70DのAFの件

カタログ的には、EOS 70Dは7Dと同等のAF性能とみられ、一部の人にはがっかりされてますねぇ。

ちょっと比べたところでは大差ないように思いましたけど、今日は、ちょっと難しい被写体で較べてみました。

20130928_162403

左:7D スポットAF / 右:70D 1点AF (レンズ:SIGMA APO 150mm Macro f3.2 SS1/250 共通)

何故、わざわざ7DでスポットAFなん。70Dが不利やないか〜

と言われそうですが、1点AFでは70Dの方が合焦精度がよかったもんでw

さて、上の画(大トリミング後)は、135m離れた建物の窓にある数字にAFした結果です。
被写体サイズは、7DのスポットAF枠より小さく、手前の葉が枠に若干入るレベルです。
70DのAF枠は、もっと大きくて、手前の葉がかなり入ります。

両機を比べると、数字の解像具合はほぼ同じ感じ。
でも、7Dは4回撮り直した内の1枚なんですよ。合焦の歩留まりが良くない。

それから、7Dと70Dとではピント範囲が違ってます。
7Dは、被写界深度が深い、いや前ピン・・・という写りです。
この7Dの傾向は、AFマイクロアジャスメントを弄っても変わりませんでした。
診てもらったほうがよいかもです。

結局、70Dの1点AF性能は、現所有の7DのスポットAFと同等か多少よいということがわかったんで、ワタクシ的には、70Dに対してアドバンテージのない7Dは売ってよいか・・・という心境ですな。

なお、上の結果をもって70Dの方がAF精度がよいと断定はしておりませんので。あしからず。

|

« EOS 70D | トップページ | 改正道交法の施行 »

c. 撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« EOS 70D | トップページ | 改正道交法の施行 »