« 久々の積雪 | トップページ | 35mm換算画角21mmを比べてみた »

2014年1月19日 (日)

6Dで14mm か 70Dで9mm か

Img_7767ho_2

京都市内で姿を消しつつある路地(ろーじ)を写すには画角20mmじゃ、ちょっと足らないです。

そこで、画角14〜18mmくらいで周辺画質のよいレンズはないものかと・・・・・
少なくともEF17-40mm F4Lよりも。

そんなレンズ、単焦点なら、Samyang 14mm、メッチャお金を出せば、EF14mm F2.8L IIやDISTAGON 15mm F2.8。ズームなら、EF16-35mm F2.8LやSIGMA 8-16mmなんかがあります。

こんな広角域は、そんなに頻繁に使う画角じゃないから、最もお手頃価格のSIGMA 8-16mmを使ってみることにしました。

さて・・・・・・
SIGMA 8-16mmはAPS-C用レンズなんで、70Dでは画角13-26mmです。
これを試しに6Dに付けてみると、なんと14mm以上ではケラれません。

そこで、EOS 6Dで14mm と EOS 70Dで9mm を同じ条件(f5.6, -1/3EV, 中央重点測光)撮り比べてみました。

写した景色は上の場所。
さて、中央の一部(AFは滑り台右手前の木)を拡大して比べてみると・・・・・・・
後ろの木々の枝は、6Dの方がはっきりしてます。
全体に6Dの方がキリリとした感じです。

20140119_165456

左:70D & 8-16mm @9mm                                 右:6D & 8-16mm @14mm

いや〜APS-C用レンズなんで70D優勢かと思てましたけど、6Dの方が細部までキリリと写ってますやん。それから、周辺は6Dの方が明らかに良かったです。
6Dも70Dも画素数はほぼ同じなんで解像度的には優劣無いはずやけど、違うもんですなぁ。
9mmと14mmじゃ、撮影倍率が違うからかもしれません。

SIGMA8-16mmは、6Dで運用してみることにしましたw

 

|

« 久々の積雪 | トップページ | 35mm換算画角21mmを比べてみた »

c. 撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久々の積雪 | トップページ | 35mm換算画角21mmを比べてみた »