« 6Dで14mm か 70Dで9mm か | トップページ | 京都の町風景 »

2014年1月25日 (土)

35mm換算画角21mmを比べてみた

専らろーじ撮りに使ってるSIGMA 8-16mm、中心解像度から周辺画質まで含めて評価が高いのですが・・・・
実施に使ってみると周辺部の収差が気になって・・・・・

お手頃価格の超広角レンズなら我慢すべき程度なのか、Distagon 21mmと較べてみました。
また、DP1 merrillにRIGHO GR用のワイコンを付けると21mmなので、ついでにテストです。

EOS70D+SIGMA8-16mm(13mm f5.6)、EOS6D+Distagon(f5.6)、DP1m+ワイコン(f5.6)で下の風景を写し、中心部と左上を比較しました。

Img_7743

中心部

20140119_143611

左:SIGMA8-16                                        中:Distagon 21mm                   右:DP1m+ワイコン

どれも解像感には差がないようです。
けど、DP1mの色の変なこと・・・・・ 
WBがしっかりしてれば、もっと使えるのにねぇ〜

20140119_143405

左:SIGMA8-16                                        中:Distagon 21mm                   右:DP1m+ワイコン

Distagon 21mmは、神レンズと言われているだけに周辺も破綻がないです。
SIGMA8-16mmは、周辺部はDistagonには劣るけどそれほど悪くはないですね。
よれより驚いたのは、DP1m+社外ワイコンの組合せ。色収差が少し出てるけどSIGMAよりシャキッと写ってる〜

DP1mのWBがしっかりしてれば、重いDistagonの代わりに使えそうなのに残念です。

|

« 6Dで14mm か 70Dで9mm か | トップページ | 京都の町風景 »

c. 撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6Dで14mm か 70Dで9mm か | トップページ | 京都の町風景 »