« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月25日 (土)

35mm換算画角21mmを比べてみた

専らろーじ撮りに使ってるSIGMA 8-16mm、中心解像度から周辺画質まで含めて評価が高いのですが・・・・
実施に使ってみると周辺部の収差が気になって・・・・・

お手頃価格の超広角レンズなら我慢すべき程度なのか、Distagon 21mmと較べてみました。
また、DP1 merrillにRIGHO GR用のワイコンを付けると21mmなので、ついでにテストです。

EOS70D+SIGMA8-16mm(13mm f5.6)、EOS6D+Distagon(f5.6)、DP1m+ワイコン(f5.6)で下の風景を写し、中心部と左上を比較しました。

Img_7743

中心部

20140119_143611

左:SIGMA8-16                                        中:Distagon 21mm                   右:DP1m+ワイコン

どれも解像感には差がないようです。
けど、DP1mの色の変なこと・・・・・ 
WBがしっかりしてれば、もっと使えるのにねぇ〜

20140119_143405

左:SIGMA8-16                                        中:Distagon 21mm                   右:DP1m+ワイコン

Distagon 21mmは、神レンズと言われているだけに周辺も破綻がないです。
SIGMA8-16mmは、周辺部はDistagonには劣るけどそれほど悪くはないですね。
よれより驚いたのは、DP1m+社外ワイコンの組合せ。色収差が少し出てるけどSIGMAよりシャキッと写ってる〜

DP1mのWBがしっかりしてれば、重いDistagonの代わりに使えそうなのに残念です。

| | コメント (0)

2014年1月19日 (日)

6Dで14mm か 70Dで9mm か

Img_7767ho_2

京都市内で姿を消しつつある路地(ろーじ)を写すには画角20mmじゃ、ちょっと足らないです。

そこで、画角14〜18mmくらいで周辺画質のよいレンズはないものかと・・・・・
少なくともEF17-40mm F4Lよりも。

そんなレンズ、単焦点なら、Samyang 14mm、メッチャお金を出せば、EF14mm F2.8L IIやDISTAGON 15mm F2.8。ズームなら、EF16-35mm F2.8LやSIGMA 8-16mmなんかがあります。

こんな広角域は、そんなに頻繁に使う画角じゃないから、最もお手頃価格のSIGMA 8-16mmを使ってみることにしました。

さて・・・・・・
SIGMA 8-16mmはAPS-C用レンズなんで、70Dでは画角13-26mmです。
これを試しに6Dに付けてみると、なんと14mm以上ではケラれません。

そこで、EOS 6Dで14mm と EOS 70Dで9mm を同じ条件(f5.6, -1/3EV, 中央重点測光)撮り比べてみました。

写した景色は上の場所。
さて、中央の一部(AFは滑り台右手前の木)を拡大して比べてみると・・・・・・・
後ろの木々の枝は、6Dの方がはっきりしてます。
全体に6Dの方がキリリとした感じです。

20140119_165456

左:70D & 8-16mm @9mm                                 右:6D & 8-16mm @14mm

いや〜APS-C用レンズなんで70D優勢かと思てましたけど、6Dの方が細部までキリリと写ってますやん。それから、周辺は6Dの方が明らかに良かったです。
6Dも70Dも画素数はほぼ同じなんで解像度的には優劣無いはずやけど、違うもんですなぁ。
9mmと14mmじゃ、撮影倍率が違うからかもしれません。

SIGMA8-16mmは、6Dで運用してみることにしましたw

 

| | コメント (0)

久々の積雪

Img_7741

この冬一番の寒気が南下して、今出川通より北ではかなりの積雪。

| | コメント (0)

2014年1月18日 (土)

ハイレゾ音源を聴いてみた

Img_7714

最近、音楽CD(44.1kHz/16bit)の約3〜6.5倍の情報量をもつハイレゾ音源が人気です。
すご〜く、従来の音源と違うんですかねぇ〜 気になります。

家で使ってるUSB DACは192kHz/24bitに対応してるし、ヘッドホンをバランス化したんで、ハイレゾ音源を試してみることにしました。

CDから48kHz/16bitでリッピングしたクライバー指揮第5(WAVファイル)がPC内にあるんで、e-Onkyoから同曲をDL(192kHz/24bit)。

さて、聴き比べてみると・・・・・・

わぉ〜、ハイレゾ音源はとても音の密度が高いです。
それに、オケの楽器の縦方向の位置がわかるほど立体感があります。

いや〜想像以上によいですねぇ〜

しっかし、とても魅力的なハイレゾ音源やけど、その容量のデカイこと。
10分の曲で640MBほど。CDリッピング曲では50MBほどやから10倍以上の大きさですわw
本気になるには、PC関係への投資が・・・・・・

| | コメント (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »