« 2013年の終わり | トップページ | 久々の積雪 »

2014年1月18日 (土)

ハイレゾ音源を聴いてみた

Img_7714

最近、音楽CD(44.1kHz/16bit)の約3〜6.5倍の情報量をもつハイレゾ音源が人気です。
すご〜く、従来の音源と違うんですかねぇ〜 気になります。

家で使ってるUSB DACは192kHz/24bitに対応してるし、ヘッドホンをバランス化したんで、ハイレゾ音源を試してみることにしました。

CDから48kHz/16bitでリッピングしたクライバー指揮第5(WAVファイル)がPC内にあるんで、e-Onkyoから同曲をDL(192kHz/24bit)。

さて、聴き比べてみると・・・・・・

わぉ〜、ハイレゾ音源はとても音の密度が高いです。
それに、オケの楽器の縦方向の位置がわかるほど立体感があります。

いや〜想像以上によいですねぇ〜

しっかし、とても魅力的なハイレゾ音源やけど、その容量のデカイこと。
10分の曲で640MBほど。CDリッピング曲では50MBほどやから10倍以上の大きさですわw
本気になるには、PC関係への投資が・・・・・・

|

« 2013年の終わり | トップページ | 久々の積雪 »

a. 日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2013年の終わり | トップページ | 久々の積雪 »