« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月 2日 (日)

プジョーパシフィックのメンテナンスの件

乗りっぱなし状態のプジョーパシフィックを久々にじっくりみてみると、あちこち逝きそうな状態だったsad
レストアコルナゴ、29er、TSRと3台あるので、ちょい乗り用途で買った中古パシフィックはどうしてもオーナーにかまってもらえないのだなぁ。ある意味、気の毒ちゃ〜気の毒w。

その気の毒なパシフィック、この春には色々と必要とされることが多くなりそうなので、メンテナンスして復活させることにした。

まず手始めに、乗り味をシャキッとさせるためにリアサスのゴムを加茂屋のスーパーバーディーRサス(ハード)に交換してみた。ついでにハンドルバーをプロムナードからストレートに交換、RDを余っているXTに交換して9s化、チェーンリングのオフセット調整などなど。

Img_81791

リアサスを硬くしてみたけど、思ったほどの乗り心地の悪化はなかったなぁ。
リアサスとハンドルバーの交換と乗車位置の再調整のおかげか、スラロームしてもフロントが引っかかってつんのめるような不安感がなくなった。

後は、フロントサスの逝ってしまっているゴムを交換して、もっとシャッキ化〜

ところで、交換したリアサスなんだけど・・・・

Img_81811_2

まず、硬くて硬くてロックを外せない〜 = 折りたためない〜weep
それから、その硬さゆえかリアフレームが歪んでいるように思えるのだけど・・・・・think

| | コメント (0)

2014年3月 1日 (土)

古FORTISのオーバーホールの件

Img_81821

机の中に眠っていた古FORTISを復活させるためにオーバーホールすることにし、見積もってもらったら¥18000程度だったのでそのまま依頼。

1週間ほどして、お店の人から、最近代理店が変わって金額が¥56000ほどになってしまいました。どうされますか、と電話。

   即、止めます、とw

海外産の時計のオーバーホ−ルは、普通の時計店ではやってもらえないんで、こういうことになるわけだけど、ちょっと高すぎやしないかい〜

海外産の時計を持つことはある種の趣味性、さらには自己満足の充足という側面があるからオーバーホール代が高くても受け入れざるを得ないかもしれへんけど、元がこんな安い時計じゃ割が合わへんなぁ〜

海外産時計を持つなら、中途半端なやつは止めるべきか・・・・・・・

 

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »