« HD800をHDVA600でバランス駆動してみた | トップページ | ホソミオツネントンボ »

2014年4月29日 (火)

フルサイズをトリミングする方が良さそうだな

思う処があって、友人からEOS 5D Mk3を借りて試写してみた。

試写のポイントは10mほど離れた物体を写した時、画質が良いのはAPS-Cの画角1.6倍効果利用かフルサイズ→トリミングか...........

ネット上で、時々、5D3の画をトリミングした方が7Dより画質が良いと呟く人が居て、気になっていたのだ。

Img_7705

EOS 70D + EF400mm F5.6 (ISO400 SS500 f6.3 中央重点測光 AFは中央)

284a0435dlo

EOS 5D Mk3 + EF400mm F5.6 (ISO640 SS500 f6.3 中央重点測光 AFは中央)

当然ながらEOS 70Dの方が大きく写るわけで、鳥撮りではAPS-Cの7Dを使う人が多い。
ワタクシもその一人だったが、画質と高感度性能でEOS 7Dから70Dに乗り換えたばかり。

さて、上の画をトリミング→拡大してみると・・・・・・

20140429_112828

左: EOS 70D + EF400mm F5.6
中: EOS 5D Mk3 + EF400mm F5.6
右: EOS 6D + EF400mm F5.6

並べてみるとあまり差が分からないねぇ。
というか、フルサイズをトリミングしてもOKなわけやね。
むしろ、PC上の元画では、EOS 70Dの画は微妙にピントが甘い。これはAF性能の差だろう。

        ネットで呟いていた人の言ってたことは嘘ではなかったわけだ。

5D3と6Dの差は、5D3の画素数が多いことによって解像度がほんの少し良いくらいで、ほとんどないといってもいい。これもネットの噂は嘘ではなかった。
あと、6Dの名誉のために言っておくと、6Dの中央AFの精度はなかなか高いようだ。

結論としては、AF性能と画素数の多いフルサイズを持っていれば、鳥撮りにAPS-Cは要らないと思う。
フルサイズの方が高感度性能が高いことも、大きなアドバンテージやし。

追記:7DのAFは定評があるが、新しい5D3のAFの方が速くて正確だと思う。

|

« HD800をHDVA600でバランス駆動してみた | トップページ | ホソミオツネントンボ »

c. 撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« HD800をHDVA600でバランス駆動してみた | トップページ | ホソミオツネントンボ »