« プジョーパシフィックのメンテナンスの件 | トップページ | 火星とスピカと月 »

2014年4月13日 (日)

フルサイズでエクステンダーを使ったバアイ

さあ、春がやってきて生き物写真の季節〜

蝶とかトンボとか、近くに寄らせてくれない虫さんの撮影は、マクロレンズじゃなくて最短撮影距離の短い望遠レンズが重宝するので、去年はEOS 70D + SIGMA APO 150mm Macro(35mm換算画角216mm)であれこれ撮ってた。

しか〜し、使ってるうちに、SIGMA APO 150mm Macroは開放がダメダメ、AF速度もダメダメ、一度ピントを外すとMFでおよそのピント合わせをしないとなかなかピントが合わないから面倒やな、との感想に至たり、Yオクへ旅だった。短い付き合いだったw

さて、今季はどうしようかということで、手持ちのEF135mmLが90cmまで寄れて、エクステンダーを使うとマクロっぽい写真が撮れるので、70Dでテストしてみた。
AF速度、ピントを外した時のAFの復帰に速さはさすがに純正。しか〜し、いろんなもんが重なった複雑な被写体では微妙にピントを外した画が多い。

う〜ん微妙にアカンな・・・・・と思い、試しにEF135mm + EF1.4X III + 6D(189mm)で画角を近くして同じ被写体を撮ってみると、こちらはバッチリピントが合ってる。
あれ、エクステかましてるのに意外やな〜と感心しながら、70Dとあれこれ撮り比べててみると、6Dを使った方がピントの合ってる割合が高く、画質には差があらへん・・・・・・

 「エクステンダーかますとAFや画質は不利になる」

と思ってたんやけど、単なる思い込みやったのかも。

そこで、鳥撮りを想定して400mmで究極の比較をしてみた。

20140415_204438

左:70D + EF400mm F5.6 (35mm換算画角640mm, f9, SS640, ISO320)     
右:6D + EF1.4X + EF400 (560mm, f9, SS640, ISO640, ライブビューAF)

AF部分を拡大↓

20140415_204742

左:70D + EF400mm F5.6 (35mm換算画角640mm, f9, SS640, ISO320)     
右:6D + EF1.4X + EF400 (560mm, f9, SS640, ISO640)

はい、両者の写りは、被写界深度の違いくらいで差はありませんでしたわ。
むしろ、70Dの方がISOが低いにもかかわらず6Dよりもノイズが目立つかなぁ〜
まあ、400mmを使った場合、6DはライブビューAFを使わざるを得ないから動きのある被写体はアカンやろうけど135mmを使う場合は関係ないし、高感度撮影時(生き物撮影ではよくある)のメリットを考えると6Dにエクステンダーってかなり使えそうな気がしてきた。

70DはYオクへ旅立ってもらい、次の資金を確保せよと遠くの方から声が聞こえてくる・・・・・・w

|

« プジョーパシフィックのメンテナンスの件 | トップページ | 火星とスピカと月 »

c. 撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プジョーパシフィックのメンテナンスの件 | トップページ | 火星とスピカと月 »