« 虫の同定は難しい〜 | トップページ | コシアキトンボ♀の羽化に遭遇 »

2014年5月27日 (火)

Fireface UCXの電源を強化してみた

オーディオ機器の電源は、太い電源ケーブルなり高品質の電源にするなりして強化すると音が変わると言われている。

   これも都市伝説やろ〜

・・・と半信半疑でアンプの電源ケーブルをぶっといヤツに換えてみたことがある。

ところが、換えてみると、音空間が縦に広がり、音の輪郭もはっきりした。

こうした体験から、DACとして使ってるFireface UCXの電源(デフォルトはスイッチングトランスから伸びたか細いケーブルで電力を供給)を強化してみたくなった。

あれこれ探して手に入れたのは、Audio DesignのDCアダプターDCA-12V。

接続して聴いてみると・・・・・・・

音場の変化は無いようだけど、音の芯がしっかりして、音の厚みが増した感じ。
ボーカルがさらに近づいて来て、リアリティ向上〜。

このような効果の大小はシステム構成によって違うだろうけど、DACの電源ケーブルがプアならば恩恵を感じることができるんじゃないかなぁ〜

|

« 虫の同定は難しい〜 | トップページ | コシアキトンボ♀の羽化に遭遇 »

a. 日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 虫の同定は難しい〜 | トップページ | コシアキトンボ♀の羽化に遭遇 »