« 真っ黒なホタル | トップページ | セミが時々・・・・ »

2014年6月30日 (月)

キイロサナエを見たかも・・・・

キイロサナエ。
ここ京都では準絶滅危惧種に指定され、めったにお目にかかれない、はず・・・・
ワタクシもそう思って、いる場所の情報を追っていたりしますw

ところで、今朝、通勤途中に寄ったあるポイントで出会ったサナエトンボなのですが・・・・・

284a73221_2

これはよくお目にかかるヤマサナエ♂だろうと思いながら、現像した画像の細部を見てると、肩縫線や側縫線がやけに緑っぽい、腹部第9節の黄色帯が細くて途中で切れている、尾部上付属器よりも下付属器の方が長いような、などなどヤマサナエ♂とちょっと違うじゃないかという気がして・・・・・

そこで、google画像検索でヒットしたヤマサナエ♂とキイロサナエ♂の画像をぜ〜んぶ見比べてみました。

まず、両者の識別に昔から使われている胸部のL字紋の太さ。
これは個体差が大きいようで、識別に使うにはちょっと・・・という感じ。

次に腹部第9節の黄色帯と尾部付属器。

20140630_210232

↑見た個体の腹部

第9節の黄色帯が細くて途中で切れている。尾部上付属器よりも下付属器の方が長いです。  

 

20140630_214932_2

↑ヤマサナエの腹部(こちらの画像の一部を使わせていただきました。この場を借りてお礼申し上げます)

ヤマサナエ♂の第9節の黄色帯が太くて繋がっている。尾部上付属器と下付属器はほぼ同じ長さ。 
この尾部付属器の長さ関係は、重要な識別点として一般に使われています。

第9節の黄色帯の違いを識別指標にしているサイトがあったし、ヒットしたほとんどの画像でキイロサナエとヤマサナエとの間に第9節の黄色帯の違いがあったので、両者の識別点として有効ではないかと思ますねぇ。 
それから、どこにも指摘がない特徴でヤマサナエの腹部第8節に黄点。これも、ほとんどの画像でキイロサナエとヤマサナエとの間に有無の違いがあったので、これも両者の識別点として有効ではないかと思います。

あとは、重要な識別点である尾部付属器の長さ関係。
真横から写真が撮れていれば苦労はなかったのだけど、撮る前に飛ばれてしまったんで・・・・
なので、しょうがないから、似た角度からの画像を探して上下付属器の写り方を見比べてみました。
結果は、写した個体の下付属器が上より長く見えるのは、やはり上より長いからだろうという結論に。

    そういうことで、今日写した個体はキイロサナエ♂ではないかと思いますわ。 

それから、成熟個体の肩縫線や側縫線がやけに緑っぽくなるのもキイロサナエの特徴とか・・・・

|

« 真っ黒なホタル | トップページ | セミが時々・・・・ »

e. 昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真っ黒なホタル | トップページ | セミが時々・・・・ »