« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月31日 (木)

今年のキーワードになるかも・・・・

Img_07251

by EOS M & EF-M 22mm

   psychopath

今、赤丸急上昇中の用語。
今年のキーワードになるかも・・・・

続きを読む "今年のキーワードになるかも・・・・"

| | コメント (0)

2014年7月29日 (火)

意味不明のコメント

最近、私の英語力では理解できないというか、記事とは関係ない意味不明な英文コメントがよくある。

以下のライターさん、返事することが面倒くさいので、コメント公開はせずに削除しますね m(_ _)m

Recently, there are many comments that I can not understand by my English knowledge, or comments irrelevant to the contents of the article to my blog articles.

Writers shown below, your comments will be deleted without being shown to readers, because it is troublesome to reply to those comments. m(_ _)m

    wow power leveling, FIFA15-Cions, fifa 15, wildstar, archeage power leveling, VhQHhmHiP

| | コメント (0)

2014年7月28日 (月)

プジョーパシフィックのメンテナンスの件

Img_07231

ついにFサス純正ゴムがお逝きになったので、ちょっと奮発して加茂屋スーパーバーディFサスに交換してみました。

元のFサスはくたってたせいか、違いが大き過ぎw

まず大きく変わったのが、スラローム性能。すご〜く安心してスラロームできるようになりました。
スラロームの安定性は安全性につながる(ただの持論ですけどw)ので、goodです。

乗り心地は、硬いサスですが、不快な突き上げはなく、絶妙。前後ともハードサスになったけど、不整地でもけっこう快適です。

そして、漕ぎロスが減ったからか、巡航スピードアップです〜

 あっ〜 今度はブレーキを強化せなあかんかも・・・・・

 

 

| | コメント (0)

2014年7月27日 (日)

ヒガシとニシのキリギリス

現在、日本のキリギリスは、北海道に住むハネナガキリギリス、本州の青森〜岡山と淡路島に住むヒガシキリギリス、本州西部〜九州北部に住むニシキリギリス、沖縄諸島と宮古列島に住むオキナワキリギリスに分類されています(日本直翅類学会2006)。

この経緯は、

和田(1997)は「キリギリスは本州〜九州に 2 種いて、兵庫〜広島あたりにその境がある」という仮説を示し、「兵庫以東のものをヒガシキリギリス,島根〜福岡のタイプをニシキリギリスと仮称する」とした。このニシキリギリスとヒガシキリギリスという和名は、1997 年に仮称として示されたものである。その後、市川(1998) は de Haan が記載したキリギリス Gampsocleis buergeri の特徴を基に検討して Gampsocleis buergeri をニシキリギリス、また、Burr が記載した Gampsocleis mikado の特徴を基に検討して Gampsocleis mikado をヒガシキリギリスとして位置付けた。この考え方が基になり、日本直翅類学会(2006)ではニシキリギリス、ヒガシキリギリスの2種が記載されている。
(愛媛県総合科学博物館研究報告 No.17 (2012), p5-17より引用)

だそうです。

いや、今日の今日までキリギリスって1種類だと思ってましたんで、ワタクシには驚愕の事実ですw

その、ヒガシとニシのそれぞれの形態的特徴は・・・・・

(愛媛県総合科学博物館研究報告 No.17 (2012), p5-17より引用)

ニホンカワトンボとアサヒナカワトンボの識別よりは難しくなさそうだけど、厄介そうですな。
特に近畿には両方いるようですから。

2種いると知ってしまうと気になってしょうがないんで、さっそく雨上がりの午後、高野川の土手でキリギリスを3個体写して較べてみました。これらは5×2mの狭い範囲に居た個体です。

284a87691

♂ですね。前翅上部は明褐色、前翅側面に1列の黒斑、前翅は腹端より長い、前翅側面の幅はほぼ平行、腹部腹側は黄色・・・・・・と、この個体はニシキリギリスの特徴を備えてます。

 

284a87641

これも♂。褐色型なのでヒガシキリギリス一択なんでしょうけど、とりあえず特徴を見てみます。
写りが悪いんで細かいところがよくわかりませんが、褐色型、前翅側面に黒斑、前翅の長さは腹端と同じくらい、前翅側面の中央部が幅広い、腹部腹側は側面と同じ色・・・・・・と、ヒガシキリギリスの特徴を備えてます。

 

284a87741

♀です。これは、最初のヤツと同じ特徴を持ってます。

もっと見てみないと分からないけど、ここでは2種類のキリギリスがいるのかなぁ・・・・・・

| | コメント (0)

2014年7月26日 (土)

7月の観測史上最高気温

今日はホント暑かったっすねぇ・・・・・

京都市の最高気温は、38.3℃。7月の観測史上最高となったようです。

クソ暑いんで、渓流で虫ウォッチングしてきました。

284a85341

シマアメンボ無翅型

渓流に居るアメンボです。薄暗いところで動き回るから、5DⅢのAFでも全くダメでしたweep

 

284a85831

おなじみのコオニヤンマ。
背紋がつながってL字型になってるから、最初は未見のトンボかとドキドキしたけど・・・・・
こんな個体もおるちゅ〜ことで。

 

284a85911

羽化したてのヒグラシ?

 

284a86221

チャマダラエダシャク

5〜6cmくらいありそうな大きな蛾。美しいです。

 

284a86451

ヒロバネヒナバッタ

バッタって、地味だけどいろいろ居るんですなぁ。
いつも違うヤツに出会っている気がする。

 

284a86491

アカウシアブ

コイツは人を襲います。

 

284a85971

コウヤホソハナカミキリ

川にそって、ノリウツギが生えており、虫が集まってました。
当然、ハナカミキリの類も来ていそうなのですが、どのノリウツギにも↑だけ。

ちょっと、がっかりです。
人里離れたヤマビル汚染地帯に出向かねば、未見の種には出会えないのか・・・・・・・

 

| | コメント (0)

2014年7月25日 (金)

ダイミョウセセリ 関西型

284a84381

@仰木 by EOS 5DⅢ & SIGMA 180mm Macro

ダイミョウセセリは、関ヶ原を境にして、西では後翅に白紋が入る個体が多数を占めるそうです。

人間界でも関ヶ原を境にして、餅の形が違うとか風俗に違いが見られます。

偶然の一致なのか、地形的要因があるのか、不思議ですね・・・・・・

    

| | コメント (0)

2014年7月23日 (水)

ホソミオツネントンボ 越冬型

284a82781

@仰木 by EOS 5DⅢ & SIGMA 180mm Macro

ホソミオツネントンボの越冬型というか、夏に現れる個体はこの茶色い姿で、このまま越冬します。

ホソミオツネントンボの越冬した個体は春に青くなり、交尾して産卵。
孵化してヤゴになり、夏に羽化して、そのまま越冬するという、世代交代サイクルを持っています。

オツネンとは越年のこと。
オツネントンボという、やはり同じ世代交代サイクルを持ったトンボが居て、そのトンボより細身だからホソミがついたようです。

あ〜、オツネントンボを見てみたいですなぁ。
京都府では、準絶滅危惧種指定です。

  

| | コメント (2)

2014年7月21日 (月)

トンボの狩り

284a84171

ウチワヤンマ@仰木 by EOS 5DⅢ & SIGMA 180mm Macro

ウチワヤンマの狩りに遭遇しました。

トンボがトンボを狩る時は、あのゴッツい顎で首をガッシっと挟むんですなぁ。

284a55881

以前見たベニイトトンボの狩りです。

これも首を顎で挟み、頭がとれかけてました。

| | コメント (5)

2014年7月20日 (日)

シロヘリツチカメムシだと思う

284a83081_2

濃紺の光沢に白フチのある見たことないカメムシやなぁ・・・・と思って、写して帰ったが・・・

調べてみると、シロヘリツチカメムシのようです。
似た奴はいないので、ほぼ間違いないと思います。

このカメムシは、カナビキソウを専ら食するため、カナビキソウの分布域にのみ居るそうです。

環境省準絶滅危惧(NT)に指定されており、京都府自然環境目録には登録されておりません(つまり京都府では見つかっていない?)。

いやぁ〜 久々に稀種に出会えましたsmile

| | コメント (0)

2014年7月19日 (土)

アリのようなクモ

一見アリのようなクモがいます。名は、そのまんまアリグモ。

身近では、アリグモ、タイリクアリグモ、ヤサアリグモ、ヤガタアリグモがいるそうです。

家の周りでも時々見かけるのですが、写真に撮ったのは今日が初めてでした。

284a69651

@高野川河川敷 by EOS 5DⅢ & SIGMA 70mm Macro

これは、上顎が長いので♂ですな。

284a80911

こちらは♀ですな。

さて、これがなんというアリグモなのか?

まず、無冠のアリグモはクロアリみたいに黒いので、まず違う。
タイリクアリグモは、地上性で葉っぱの上にはいないので、コレも違う。

残る、ヤサアリグモとヤガタアリグモのどっちか。この2つ、区別が難しいそうで、正確には上顎のトゲの並び方やメスの外雌器の形などを見なければならないそうで。

それって捕獲せなあかんやないの・・・・・

捕まえないことにしているワタクシとしては、外見から判断しますと、ヤガタアリグモのようです(こちらを参考にさせてもらいました)。
ただねぇ、京都府自然環境目録にはヤガタアリグモが登録されてないんです・・・・・・

 

| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

サビの名のつく虫

284a75241

アトジロサビカミキリ @大豊神社 by EOS 5DⅢ & SIGMA 70mm Macro

サビなんたらという名が付いているけど、鳥フンっぽいなぁ・・・・・
おそらく、鳥フンに擬態しているのだと思うw

    

Photo

サビキコリ

こちらは、確かに錆っぽい。
枯れ葉に擬態かな・・・・・

  

| | コメント (0)

2014年7月15日 (火)

ホソミオツネントンボ ♂♀

4〜5月のトンボかと思ってたけど、まだ、所によっては居るのでした。

現時点で青いところをみると、越冬した個体かな。

284a72641

ホソミオツネントンボ♂

 

284a72111

ホソミオツネントンボ♀ 2014/7/12 @仰木  by EOS 5DⅢ & SIGMA 70mm Macro

虫は♂♀を撮って、はじめてコンプリートだなぁ・・・・・・

| | コメント (0)

2014年7月14日 (月)

祇園祭に後祭が復活

Img_07061

 木賊山 by EOS M & EF-S 60mm Macro

Img_07111

 天神山

今年から後祭が49年ぶりに復活し、17日と24日の2度に分けて山鉾巡行があるそうですわ。
また、33基目の山鉾・大船鉾が150年ぶりに復活するらしいし。

そういうことで、17日の山鉾巡行は前祭(さきまつり)、24日の山鉾巡行は後祭(あとまつり)。

今までの14〜16日の宵山だけでなく、後祭にも宵山(7月21~23日)がもれなくついてきますw

詳しくはここ

7月はとても賑やかになりそうやなぁ・・・・・

  

| | コメント (0)

2014年7月13日 (日)

EF100-400mm F4.5-5.6L IS 後継機に関する噂

Img_06181

EOS M & EF-M 22mm F2

EOS 7D2とEF100-400mm F4.5-5.6L IS 後継機に関するがちらほらと出始めてます。
鳥撮り用にEF400mm F5.6を使ってるけど、設計が古いから写りはそれなりですわ。
なので、EOS 5DⅢをもってしてもテレコンをつなぐ気にならないです。

そんなEF400mm F5.6だから、先日出たEF16-35mm F4の性能をみて、EF100-400mm F4.5-5.6L IS 後継機に期待してしまうのはワタクシだけじゃないような気がしますw

そうそう、ワタクシと似たような被写体を追っている方々のEOS 7DⅡへの期待感は高いですねぇ。
ワタクシは買うことないですけど、噂されるようわからん革新的技術には興味津津です。

  

| | コメント (0)

2014年7月12日 (土)

クリアナアキゾウムシ

ちょっと空いた時間に近所の山に行ってみた。
目的は、もちろん虫ウォッチw

林のなかは、涼しいはずなのに、今日はメッチャ蒸し暑い。
そのせいか、キノコがにょきにょきと出ていた。

さて、虫は・・・・・・

284a79761_2

コクワガタ♀ 

 

284a79891

チビクワガタ

などなど、よく見る面々。
虫影が薄いなぁ・・・と少し落胆しながら、クヌギやコナラを注意して見ていると・・・・

284a80011

コナラにゾウムシを発見。

初見のクリアナアキゾウムシでした。

たいへん似たヤツにマツアナアキゾウムシというのがいるけど、こちらはコナラにいたからクリアナアキゾウムでOKでしょう。
この虫の幼虫は、クリ、クヌギ、コナラの根を食べるから、クリなんとか〜と命名なんだって。
ちなみに、クリなんとか〜というゾウムシにクリシギゾウムシというのがいて、コイツの幼虫はクリの実を食べるから害虫認定です。

 

| | コメント (0)

2014年7月11日 (金)

今日の富士山

Img_06161

EOS M & EF-M 22mm F2

台風8号が過ぎ去り、快晴となった今日、ひたすら暑かったですわ。

数日、続けて新幹線に乗ってみて、外国人観光客が多いことを実感。
特に欧米系が増えてる〜。
観光客が増えるのは、日本を知ってもらう上でいいことやね。

ところで、EOS MのAFが弱いことは有名。
でも、風景とかは問題ないとか、あれこれ。
ワタクシもそう思って、安くなったEOS Mを買ったんやけど・・・・・

EOS M2にしとけばよかったと少し後悔。
というのは、空や雲を撮ることが多いんやけど、ぢつは雲にAFできないのですわ(ファームウェアは当然ながら最新)。
こんな情報、ネットを探してもないよなぁ・・・・・

| | コメント (0)

2014年7月10日 (木)

アトボシゴミムシ 名が気の毒かも

284a78761

 

284a78801

 オサムシ科アトボシゴミムシ @日向大神宮 by EOS 5D3 & SIGMA 70mm Macro

◯◯ゴミムシって、良からぬ名がついてるけど、構造色が美しい虫でした。

似た名で◯◯ゴミムシダマシっているけど、こちらはゴミムシダマシ科で別系統の虫です。

この虫、逃げるのが速くて、2枚目はピン外れ。ちょっと残念。
SIGMA 70mm F2.8 Macroって、カミソリマクロとか言われて、鋭い写りをするけどAF駆動モーターが・・・
HSMに改良してくれないかなぁ。

| | コメント (0)

2014年7月 9日 (水)

セーラー服おじさんを見た

284a75831

強力台風と前線の影響でたまらなく蒸し暑く、外出はいやになります。

でも、サラリーマンにはそんなこと関係なく出張が待ってますw

先日もクッソ蒸し暑く、ダレ〜としながら御茶ノ水駅で下車した時、目の前にセーラー服おじさんがおりました。

 えっ、うそ〜

なんとも年不相応な感動をしたのですが、周りの人は平然としております。
件のおじさんも違和感なくその場に溶け込んでおりました。

   あ〜、コレが東京かと、地方から来たワタクシは妙に納得w

あっ、それから、件のおじさんは夏服で、当然ながら下半身は涼しそうです。
蒸し暑さにダレていたワタクシには、その姿が輝いて見えましたw

 

| | コメント (0)

2014年7月 8日 (火)

昆虫ブログかよ

最近の記事は昆虫関連ばっかりですな。
そういうつもりはないんだけど、最近の休日は昆虫ウォッチャーしてるからしょうがないか。
昆虫がいなくなる時期まで、そういうことでいきます。

ということで、この虫の季節になってまいりました。
草むらにはいろいろいます。が、よくみる奴は面白くもなんともないのでパスします。

284a71721

ヒメギス 6/29@仰木 by EOS 5D3 & SIGMA APO MACRO DG 180mm F3.5

キリギリスに似てるけど、こちらはやや小ぶりで色黒です。
普通種だけどなかなか気がつかない。ワタクシは初見でした。

284a71861

ナキイナゴ  6/29@仰木  by EOS 5D3 & SIGMA APO MACRO DG 180mm F3.5

撮る前に、あ〜 たいへんそうやねぇ〜 と呟いてしまったw

存外に京都市近郊にはバッタ類の多そうな草地がないです。
なので、隣県の仰木まで遠征でした。

| | コメント (0)

2014年7月 6日 (日)

ニジと名のつくゴミムシダマシ

ニジゴミムシダマシとナガニジゴミムシダマシ、微妙に長さが違うだけで似ている。
ネットの写真をみる限りでは、区別できるのかと思っていた。

以前、おそらく「ナガ」だろうと思うヤツを見た。
で、今日、「ナガ」くないヤツを見たので、以前見たヤツは「ナガ」だったと確信した。

区別がつくのかと思ってたけど・・・・・・・
「ナガ」は細長かったw

284a57361

ナガニジゴミムシダマシ @宝ヶ池

 

284a78851

ニジゴミムシダマシ @日向大神宮

| | コメント (0)

2014年7月 5日 (土)

キバラヘリカメムシ 青りんごの臭いを放つのか

鹿ヶ谷の神社でキバラヘリカメムシに出会った。

カメムシ〜というと、ちょ〜不快な臭いを発する奴らなんだけど、確かコイツは、青りんごのような臭いを発するとかどこかで読んだことがあります。

Img_05911

しか〜し、キバラヘリカメムシかどうか自信がなかったこともあり、掴む勇気はちょっと・・・・catface

家に帰ってググってみると、試した方がいました。
やはり、青りんごの臭いがしたらしいです。

あ〜 虫ウォッチャーとしては、勇気を出して試してみるべきだったかも。

| | コメント (0)

2014年7月 1日 (火)

セミが時々・・・・

先週の土曜日、家の近所でアブラゼミ、今日、下京区でクマゼミ、下鴨神社でアブラゼミが啼いていた。
例年より、何故か早いよなぁ〜

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »