« STAP騒動が終わる | トップページ | ハイレゾ音源・・・・ »

2014年12月27日 (土)

EF100-400mmLⅡ + エクステンダーはどうだ

フルサイズで望遠端400mmならなんでもOKそうだけど、鳥相手なら”もっと長く〜” なんですな。
なので、鳥専の方々は大砲か、APS-Cか、どちらもか。
わたしゃ、鳥専ではなく、むしろ虫や植物専なんで、最短1mの100-400LⅡは来シーズンの期待大です。

話が逸れやした。

冬場は鳥を撮ったりもするんで、大砲でもなくAPS-Cでもない第三の選択のエクステンダー(テレコンともいう)で焦点距離を伸ばします。

さて、前に使っていたEF400mmF5.6Lは、EF1.4×をつけるとがっかり画質になるんで使ってませんでしたけど、新100-400LⅡのテレ端のMTFはEF400mmF5.6Lよりかなり向上しているようなので試してみました。

被写体は約68m向こうにある陸橋の文字プレートです。

20141227_101031

(クリック拡大)

左から、同じサイズになるよう拡大した5DⅢ+400mm f6.3の画、560(400 + EF1.4×)mm f9.0の画、560mm f9.0のシャープネス強調です(現像はLightroom 5 設定はデフォルトのまま)。

400mm f6.3の画と560mm f9.0の画を比べると、エクステンダー使わんでもええやないの・・・です。
400mmで写してトリミングしたら良さそうですな。
ただ・・・560mm f9.0の画のシャープネスを1.2倍ほど強くしてやると、400mmトリミングと同等かややよくなります。
でも、わざわざエクステンダー使うメリットはなんなん?といわれそうですな・・・・^^;

私的には、それはAFの問題です。
鳥は眼にピントを合わせますが、遠〜くに居る場合、5DⅢのスポットAFでしても難しいケースが多々あります。そういう場合、できるだけ被写体が大きくなる(焦点距離が長くなる)方がピントを合わせやすいんですな。
まあ、個人的な理由でして、画質低下を嫌って使わない人も多く居ます。

ついでにAPS-C(EOS M)との比較をしてみました。

20141227_111013

(クリック拡大)

左から、同じサイズになるよう拡大した5DⅢ + 560mm f9.0のシャープネス強調、EOS M + 400mm f6.3の画、EOS M + 560(400×1.4)mm f9.0の画、です。

意外にも5DⅢ + 560mm f9.0のシャープネス強調とEOS M + 400mm f6.3の画は、差があまり無いですな。
7DⅡを使うと差がでるのかなぁ〜

 

|

« STAP騒動が終わる | トップページ | ハイレゾ音源・・・・ »

c. 撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« STAP騒動が終わる | トップページ | ハイレゾ音源・・・・ »