« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月31日 (水)

今年の出来事

284a38071

2014年はなかなか激動の年でした。

毎年のごとく、個人的に記憶に残った今年の出来事、いってみます。

●海外
・ISIS 
 外道ですな
・エボラ熱感染拡大 
 一時はWHOが人類の危機を示唆、今は小康状態?
・マレーシア機墜落 
 最初のマレーシア航空機はどこ?、ウクライナの撃墜犯はどっち?、最後のは管制塔の指示が明暗を分けたん?
・ロシアのクリミア侵攻
 ガスをロシアに依存しているEUのヘタレっぷりが・・・・
・原油価格の下落
 エネルギー資源国として強気だったロシアが、USAとEUの経済制裁も効いて一気に経済的危機。
・タイ軍事クーデター
 国王が出んとまとまらへん?
・USA 黒人射殺事件
 根深い差別が残っていることを露呈。
・香港 雨傘革命
 やはりかの国は約束を守らんな。
・USA 中間選挙
 上下院とも共和党が多数派。
・スコットランド独立の住民投票
 独立否決
・APEC@北京
 安倍首相と握手する習近平の顔が忘れられへんw
・米連邦準備制度理事会が量的緩和策の終了を決定

●国内
・御岳噴火
 大惨事となった。
・STAP騒動
 重要なヤツがまだ裁かれていない?
・東芝の技術情報を韓国に流したが逮捕
 日本はまだ甘いです。
・消費税8%
 年寄りが何か騒いでるけど、自分らに大いに関係あることの自覚なし?
・尖閣に安保適用
・ニホンウナギが絶滅危惧種
 食べ過ぎや
・集団的自衛権を限定容認
 変な人たちが大騒ぎしてる
・朝日新聞が慰安婦報道を撤回
 遅すぎやし、存在価値なし。
・錦織選手の大躍進
 スゴイ人です
・ノーベル物理学賞受賞
・3年ぶりの日中首脳会談
・衆院選
 与党の快勝。野党は相変わらず変わらへんな。

良いお年を・・・

| | コメント (0)

2014年12月29日 (月)

ハイレゾ音源・・・・

284a3397

ミヤマホオジロ♀

世間ではSONYに煽られて24bit/96kHzハイレゾ音源の人気が上昇中です。
その音がiTunesでリッピング(16bit/48kHz)したWAV音源とどれくらい違うのか聴き比べてみました。

聴いた曲は、FictionJunction: everlasting songsのリッピングWAV、K2HD(e-onkyoからダウンロード)、flac(moraからダウンロードしてWAVに変換)音源。
MacBook Pro→Fireface UCX(96kHz)→HDVA600→HD800で試聴。

ああ〜きれいやなぁ、音が明瞭やなぁ〜と感じた順は、K2HD>リッピングWAV≒mora flac。

リッピングWAVとmoraのハイレゾflacとでは、ほとんど差を感じませんでしたねぇ。噂されているようにただのアプコンなのかも。
これに対して、K2HDは他の2つよりも音が明瞭で音空間もやや広い感じがしました。

最初からハイレゾ目的で録音されている音源は本当にスゴイですけど、そうでない音源をアプコンしてスゴイよ〜というのはどうなんでしょう・・・・

個人的な感想なのでご興味のある方はご自分で確かめてみてください。

| | コメント (0)

2014年12月27日 (土)

EF100-400mmLⅡ + エクステンダーはどうだ

フルサイズで望遠端400mmならなんでもOKそうだけど、鳥相手なら”もっと長く〜” なんですな。
なので、鳥専の方々は大砲か、APS-Cか、どちらもか。
わたしゃ、鳥専ではなく、むしろ虫や植物専なんで、最短1mの100-400LⅡは来シーズンの期待大です。

話が逸れやした。

冬場は鳥を撮ったりもするんで、大砲でもなくAPS-Cでもない第三の選択のエクステンダー(テレコンともいう)で焦点距離を伸ばします。

さて、前に使っていたEF400mmF5.6Lは、EF1.4×をつけるとがっかり画質になるんで使ってませんでしたけど、新100-400LⅡのテレ端のMTFはEF400mmF5.6Lよりかなり向上しているようなので試してみました。

被写体は約68m向こうにある陸橋の文字プレートです。

20141227_101031

(クリック拡大)

左から、同じサイズになるよう拡大した5DⅢ+400mm f6.3の画、560(400 + EF1.4×)mm f9.0の画、560mm f9.0のシャープネス強調です(現像はLightroom 5 設定はデフォルトのまま)。

400mm f6.3の画と560mm f9.0の画を比べると、エクステンダー使わんでもええやないの・・・です。
400mmで写してトリミングしたら良さそうですな。
ただ・・・560mm f9.0の画のシャープネスを1.2倍ほど強くしてやると、400mmトリミングと同等かややよくなります。
でも、わざわざエクステンダー使うメリットはなんなん?といわれそうですな・・・・^^;

私的には、それはAFの問題です。
鳥は眼にピントを合わせますが、遠〜くに居る場合、5DⅢのスポットAFでしても難しいケースが多々あります。そういう場合、できるだけ被写体が大きくなる(焦点距離が長くなる)方がピントを合わせやすいんですな。
まあ、個人的な理由でして、画質低下を嫌って使わない人も多く居ます。

ついでにAPS-C(EOS M)との比較をしてみました。

20141227_111013

(クリック拡大)

左から、同じサイズになるよう拡大した5DⅢ + 560mm f9.0のシャープネス強調、EOS M + 400mm f6.3の画、EOS M + 560(400×1.4)mm f9.0の画、です。

意外にも5DⅢ + 560mm f9.0のシャープネス強調とEOS M + 400mm f6.3の画は、差があまり無いですな。
7DⅡを使うと差がでるのかなぁ〜

 

| | コメント (0)

2014年12月26日 (金)

STAP騒動が終わる

 STAP細胞論文を巡る問題で、理化学研究所の調査委員会(委員長、桂勲・国立遺伝学研究所長)は26日、最終報告書を発表した。論文でSTAP 細胞由来とされた細胞は、既存の万能細胞であるES細胞(胚性幹細胞)だったとし、「STAP論文は、ほぼすべて否定された」と結論付けた。一方、ES細 胞の混入については「誰かが故意に混入させた疑いをぬぐえない」としたが、故意か過失か、誰が行ったかは決定できなかった。また、新たに2件の図表で著者 の小保方(おぼかた)晴子・元理研研究員(31)による捏造(ねつぞう)を認定した。

理研調査委の報告書骨子

・STAP細胞が万能性を持つ証拠となる細胞、組織、マウスは、すべてES細胞からできていた。論文の主な結論が否定された

・ES細胞の混入は誰かが故意にした疑いをぬぐえないが、混入が故意か過失か、誰が行ったかは決定できなかった

・新たに二つの図表を小保方氏の捏造と認定。それ以外の図表も、基になるオリジナルデータや実験記録がほとんど存在しない

・若山氏ら共著者の不正行為は認定されなかったが、共著者には怪しいデータを見逃し、確認を怠った責任がある

毎日新聞2014/12/26 から引用

ES細胞を混入させた人物を特定できなかったのは残念ですが、こんな大捏造を仕組めるくらいやから簡単には白状しないでしょう〜、まあヤツしかいないと思いますが・・・・・
科学界から消えてくれること願います。

| | コメント (0)

2014年12月21日 (日)

EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱを買ってみた

蝶や蜻蛉を写す場合、たいてい遠くから狙わんとあかんので、ずっと、180mm Macroを愛用してます。けど、もうちょっと長い焦点距離が欲しい時もしばしば。

リニューアルされたEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱは、最短撮影距離が400mmでも1mと驚異的に寄れるんで、蝶や蜻蛉、木に咲く花用にバッチリ、鳥もイケるんじゃないかと買ってみました。

性能の方は、Photozoneにレビューが超速アップされてますねぇ。噂通り、前機を超え、単焦点400mm f5.6Lをも超えてるようです。

ちょっと使ってみた感想としては、400mm開放では周辺減光があるとか、200mmで解像度がピークとか、Photozoneのレビューおりでした。
つけ加えると、開放から使え、400mmでの周辺減光は、f7.1でほぼ解消します。135mmでの写りは135mmF2Lを同じだけ絞った場合より良いように思います。

284a30051

@400mm f6.3 with 5D3

284a30071_3

等倍トリミング

ボケもいいです。

284a30171_2

400mm f5.6@最短撮影距離

ここまで写せます。けっこう細かいところまで写ってるから、小さい花や虫以外ならトリミング前提でもOKそう。

Yオクに旅だった400mm F5.6Lは鳥用に使ってたんですけど、この100-400mmⅡはどうでしょう。
400mmでOKな距離なら、間違いなく100-400mmⅡです。
では、エクステンダーを使う距離では?

試してみました。
被写体は、約3km離れた衛星アンテナです。

284a3109_560mm_9_af1

以下は、トリミング画です。

20141221_163417

左:EF100-400mmⅡ(f9.0)+ EF1.4X + 5D3
右:EF400mm f5.6L (f9.0) + EF1.4X + 5D3

456Lがもう手元にないんで、以前に撮った画像との比較です。
小さい画像じゃわかりづらいですけど、中央の白いアンテナに書かれた文字(この辺りがAF中心)を見比べた限り双方で解像感に差はありませんでした。

ということで、エクステンダーを使う場合は456Lと同等レベルと判断します。
あっ、そうそう、エクステンダーを使うと開放では収差が激しいので、f9以上に絞った方がよさそうです。

簡単なレビューまで 

| | コメント (0)

2014年12月20日 (土)

STAP細胞はありま〜

Img_13101

やっとSTAP騒動の決着がつきましたねぇ。
特別なコツがあると宣う小保方氏本人が検証実験で約1600個の細胞塊を試してもできなかったんじゃ、あきませんやろ〜
これで論文の嘘ははっきりしたわけで、自殺した笹井氏はこの結末を予見していて、恥を晒すのは耐えられへんかったのかも。

本人は退職を受理されたようですけど、理研は甘いなぁ。利権臭っさ〜
そうそう、早稲田さん、博士号は取消してもらわんと世間の博士は怒りますよ〜

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »