« チャマダラエダシャク | トップページ | ヘッドフォンアンプ その後 »

2015年8月 2日 (日)

ヘッドホンアンプを換えてみた

今の音楽鑑賞環境は、MacBook Pro → Fireface UCX(USB DAC) → ゼンハイザーHDVA600 (Head Phone Amp.) → HD800。

それなりに満足しているのだけど、ITunesでイコライザーなしでは、う〜んちょっと鮮明さが足らないかなって感じです。

デジタルオーディオの世界は進化が速く、USB DACの性能も2〜3年前と比べるとずいぶんと進化しているみたいなので、「う〜んちょっと・・・」を解消できるのか、最近のUSB DACに換えてみることにしました。

換えた機種はOPPO HA-1。

選んだ理由は、あまりあてにならないネットと音楽誌の評価、4ピンXLR出力端子(HD800を純正ケーブルでバランス接続できる)付き、XLR出力端子(HDVA600へバランス接続できる)付き、バーブラウンでも旭化成でもウォルフスンでもシーラスロジックでもないESSのDACチップ、あまりに高すぎない価格、などなど。

さて、HA-1にHD800をバランス接続して、ヘッドフォンアンプとして聴いてみました。

以下、前の構成の音と違うところ。
・音空間の広がりや定位は差があるように思えないけど、細かい音が聴こえるようになった
・音色が違ってる
・イコライザーをONにしてると音が不自然に聴こえるようになってしまった^^;
・ライブ録音のモヤモヤ感がなくなり、ライブらしくなった

大きな差があったのは、ホールなどでのライブ録音。
以前は、ボーカルがもやっとして録音が悪いんか〜と思っていたけど、ライブらしく聴こえるようになりました。
ただ、音質は淡白というかドライというか、そういう音質でして、もうちょっとモイスチャーが欲しいなぁ〜
エイジングが進めば変わるかもしれないですけど。

     

|

« チャマダラエダシャク | トップページ | ヘッドフォンアンプ その後 »

a. 日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104553/62006606

この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドホンアンプを換えてみた:

« チャマダラエダシャク | トップページ | ヘッドフォンアンプ その後 »