« ヒメビロウドコガネ | トップページ | ヒロヘリアオイラガ »

2015年8月18日 (火)

ろうじ@坊城通

Img_3234z3_2

路地(ろうじ)@坊城通

かつての京都の町では『通り』に面して大店(おおだな)が店を構えていましたので、その碁盤の目状の通りに囲まれた中央には空白ができるわけです。第4回 でお話しましたように、安土桃山の時代に、豊臣秀吉によって都市計画が行われ、「通り」から『路地(ろうじ)』や『辻子(図子)(ずし)』と呼ばれる狭い 小路が造られました。、よって、その空地を有効に活用できるようになり、そこには、土蔵や茶屋、あるいは大店が抱える使用人や職人衆の借家が建てられました。
                     『路地(ろうじ)』という呼び方は、もともとは人が歩く路の狭い部分を「ろじ」と呼んでいたことに始まったようです。やがて茶道が盛んになるにつれて、 石灯籠(いしどうろう)、蹲踞(つくばい)などが設えられた庭を「路地」とか「露地」と呼ぶようになって、その庭に敷かれた飛石(とびいし)を歩いて茶室 に向かうため、その路も同じように呼ぶようになったそうです。(引用元

市内には所々に『ろうじ』が残ってます。
多くが、写真のように通りに面した家を貫いて奥に道が続き、その両脇に住居がある構造を持っています。

  

参加してます↓

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
にほんブログ村

|

« ヒメビロウドコガネ | トップページ | ヒロヘリアオイラガ »

b. 京都の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104553/62110606

この記事へのトラックバック一覧です: ろうじ@坊城通:

« ヒメビロウドコガネ | トップページ | ヒロヘリアオイラガ »