« アカハムシダマシとアオハムシダマシ | トップページ | センチコガネとオオセンチコガネ »

2016年5月30日 (月)

スバル フォレスターの件

ずっと乗ってきたエクストレイル20GT(6MT)は、走行80000kmを超えて足回りの寿命を実感するようになり、エンジンオイルの劣化がエンジンの調子で分かるようにもなって来ました。

それでも、MTじゃなきゃダメ・・・みたいな他人には理解してもらえないコダワリがありまして、MTで乗れるSUVがほぼ絶滅した現在、足回りを交換して乗り続けようと思っていました。

しかし〜、国の試験によると、ワタクシがよく使う高速域でクリーンじゃなかったという事実が発覚。
そもそも、クリーンディゼルは直噴ターボよりPM2.5の発生が少なく燃費がいいので選んだのですが、その前提が崩れては乗り続ける理由が半減です。

そういうことで、フォレスター(6MT車)に買い替えることにしました。
納車は2ヶ月半待ち、下取り評価の上乗せ分を入れての実質値引きは約42万円でした。

以下は、候補に上がった車の個人的評価です。備忘録として書いておきます。

●CX-3(試乗なし、荷室の確認)
高さ75cmほど、左右、奥行は傘1本分くらい。後ろシートを倒してもフラットにならず大きな段差あり。
24インチ自転車は、前輪を外しても積めそうにない。車中泊も無理。
SUVを名乗ってもスポーツユーティリティには使えない。お店の人曰く、「デザイン優先ですから・・・・」。ディーゼルでMTがあるのは魅力的だが、中途半端なのでデミオでいいんじゃないかと思う。

●CX-5(試乗なし、荷室の確認)
エクストレイルほど奥行はないが、そこそこ積めて車中泊もできそう。
ただし、1840cmの幅と見切りの悪さは細い山道で困りそうだ。
ディーゼルは魅力的だがATしかないのが・・・・・・

CX-3、CX-5ともにデザイン評価は高いようだけど、私的にはすぐに飽きそうなデザイン。
街ではよく見かけるので売れているようだけど。
CX-5はディーゼルがよく売れているそうだけど、街で見るのはほとんどがガソリンなのだよな〜

●TN32エクストレイル
代車で借りて試乗。幅1800cmを超えるとさすがに大きい感じがする。
CX-5と同じく見切りが悪い。ディーゼルもMTもないので選択外。

●フォレスターD型
試乗してみた。見切りがひじょうにいい。サイズはうちのエクストレイル20GTとほとんど変わらないし、最小回転半径も同じなので扱いやすい。
D型になって足回りが大幅に改良されたらしいが、乗り心地はやや硬めのフラット。いいんじゃないでしょうか。動力性能は148ps/20kgmだから、高トルクディーゼルにははるかに及ばないが、車重が1460kgと軽いのが救い。まあ、高速道路はおとなしく。
次期車は幅が広くなるのは確定(次期インプレッサが1800cmを超えたので)なので、使いやすいサイズのフォレスター(MT車)はこれが最後になるのだろう。

ここまで、3月末のハナシです。

先日、登録書類をもってディーラーに行くと、群馬工場出荷日が確定(6月10日)し、そこから東京湾まで陸送され、フェリーで大阪南港に到着した後、泉大津にある納車整備センターでオプション部品付け、点検されてから京都に陸送されるらしいです。
で、引き渡し予定が6月23〜25日。工場出荷から2週間もかかるんですねぇ・・・・
でも、九州だと3週間かかるらしいです。

納入日が確定し、後は待つばかり。
しかし、下取りエクストレイルに何かあったら大変やから、遠出を控える毎週末です(T_T)

 

|

« アカハムシダマシとアオハムシダマシ | トップページ | センチコガネとオオセンチコガネ »

a. 日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104553/63707426

この記事へのトラックバック一覧です: スバル フォレスターの件:

« アカハムシダマシとアオハムシダマシ | トップページ | センチコガネとオオセンチコガネ »