« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月23日 (木)

フォレスターを受け取る

昨晩は大雨警報が出るくらいの雨でした。

朝、青空が覗き、夕刻は晴天となり、絶好の納車日和。

18時にスバルに出向き、エクストレイルをおいてフォレスター2.0i-L 6MTを受け取り、その後、宝ヶ池周辺を試運転。

以下は初乗り感想です。

●動力性能、エンジン
街乗りなら、3000rpmも回せば、大トルクのディーゼルエクストレイル20GTから乗り換えてイラッとすることはなかった。使いやすいエンジンだと思う。
エンジン音はメチャ静かで窓を開けてもあまり聞こえない。それはそれで、ちょっと寂しいか なぁ〜
久々の加給器なしエンジン。爆発的加速はないけど、ターボラグがないのは気持ちいい。

●ブレーキフィール
エクストレイル20GTはカックンブレーキだった。フォレスターは踏み始めから制動してる~って感じで効き方はエクストレイルと変わりないが、カックンブレーキで無いのが◯。

●シフトフィール
シフトはコクコクと決まって使いやすい。MT車は、AE86に始まって、初代テラノ、アルファ75、初代メガーヌRS、エクストレイル20GTと乗り継いできたが、シフトフィールはフォレスターが優れているような気がする。

●クラッチ
クラッチは軽い。切れる位置が浅くて少し曖昧なところがある。

●操舵感
操舵感はリニアで、コーナーで修正の必要なし。というか、初代メガーヌRSを除いて変な車はなかったか・・・
応答性もよい。

●乗り心地
背が高い分、揺れは致し方ないが、もう少し硬めでもいいかも。
重いホイールを履いている場合(純正ホイールはたいてい重いし(T_T))、凹凸路ではホイールの上下動に引っ張られてボディが揺れる感じがする(エクストレイル20GT、メガーヌRSがそうだった)が、フォレスターは問題なし。純正ホイールでしばらく良いかも。

●内装
インパネまわりがちょっとちゃちかも。
後席の足元はこれまで乗ってきた車の中でも最も広い気がする。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

茅の輪

夏越し

@京都市上京区 護王神社

茅の輪は、正月から六月までの半年間の罪穢を祓う夏越しの大祓に使用され、それをくぐることにより、疫病や罪穢が祓われるといわれています。 くぐり方は「水無月(みなつき)の夏越しの祓する人はちとせの命のぶというなり」という古歌を唱えつつ、左まわり・右まわり・左まわりと、八の宇を書くように三度くぐり抜けます。 こうして、心身ともに清らかになって、あとの半年間を新たな気持ちで迎えるのです。引用元:http://jinja.jp/modules/chishiki/index.php?content_id=42

もう半年が過ぎるのですね・・・・速すぎる

あと半年、清く正しく生活できますように。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトモンサビカミキリ

●カミキリムシ科  フトカミキリ亜科

Img_7109

アトジロサビカミキリかと思いましたが、上翅中央付近に後方に向かって矢印状の白い紋があるので、アトモンサビカミキリですね。
 

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

ムネアカキバネサルハムシ

●ハムシ科サルハムシ亜科 ムネアカキバネサルハムシ♂ @京都市左京区岩倉

Img_2608

ヒメキバネサルハムシは、サルハムシ亜科の中では最も小型のサルハムシです。
近年、次の4種に分割されました。

・ムネアカキバネサルハムシ(本州、九州、対馬)
・ツヤキバネサルハムシ(本州、四国、九州、対馬:少ない)
・チビキバネサルハムシ(本州、九州、壱岐、琉球(阿嘉島:稀)
・マルキバネサルハムシ(本州、九州、対馬)

写真の虫は、ムネアカキバネサルハムシ♂と思います。

  

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

ルイスアカマルハバチとカブラハバチ

●ハバチ科マルハナバチ亜科 ルイスアカマルハバチ@大津市伊香立

Img_6973

どこにでも居るニホンカブラハバチだと思っていたのですが、何かちょっと違う・・・・

以前撮ったニホンカブラハバチ↓です。

284a14821

上下の写真を見比べると、頭の大きさが違う、中・後腿節の色が違う、胸部の黒紋の有無、など両者は違う虫でした。

で、探しまくって、どうも上の虫はルイスアカマルハバチであろうということに落ち着きました。

先にカブラハバチを見ていなかったら気が付かなかったかも・・・・

 

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イボヒラタカメムシ

●ヒラタカメムシ科 イボヒラタカメムシ

Img_2550

複眼の後ろに突起があるのでイボヒラタカメムシですね。
この突起があるから、イボなんたら〜なんですかねぇ。

ヒラタカメムシ科のカメムシは、朽木についている木材腐朽菌の菌糸から栄養を摂取しているとか。
こんな地味な色姿じゃあ、朽木にいても見つけるのは困難かもです。

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

コブハサミムシ

●クギヌキハサミムシ科 コブハサミムシ@大津市伊香立

Img_7016

庭先の石の下などに居る普通のハサミムシと違って、山間部の谷筋にのみ生息。

一般にハサミムシ類は、雌成虫が自分の卵や仔虫を保護する性質を持つことが知られています。
ところが、コブハサミムシは卵から孵化した仔虫が母親を食べてしまうそうです (゚д゚;)。
(詳しくはここ)

 

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

クロヒゲナガジョウカイ

●ジョウカイボン科 クロヒゲナガジョウカイ @大津市伊香立

Img_6935

Img_6924

似た虫にクロホソジョウカイ、ニンフジョウカイなどがいるみたいですが、ヒゲが長いので間違いないでしょう。

イヌムギ(多分)の葉を食っておりました。

  

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

クロセセリ@大津市

●セセリチョウ科 クロセセリ @大津市伊香立

クロセセリ

クロセセリは南方系の蝶で、1960年代までは分布の北限は九州とされていました。ところが、1979年ころに山口県、2005年ころには広島県あたりにまで北上して来たそうです。

ここ京都では、何故か1986年に亀岡市で発見されており、今では京都市北区や左京区で見ることができるそうです。

・・・・と、人事のように言ってますが、北区や左京区で虫探しをしているワタクシは、まだ出会ったことがありませんでした。

そのクロセセリ、本日、左京区よりもさらに北東に行った大津市伊香立で、めでたくお会いすることが出来ました\(^o^)/

幼虫の食草がショウガ科植物で、そんじょそこらに生えているわけじゃないので、急速に本州を北上することはないと思いますが、これからも生息域を広げていくのでしょうね。

 

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

ハチに似た蛾

●スカシバガ科 カシコスカシバ @大津市伊香立

284a69821

一見、アシナガバチのようなお姿。これも一種の擬態なのでしょうか。

正面の姿もおさめたかったんですが、逃げられました(T_T)

 

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

古タイプライター@三条通

記憶#5

骨董屋さんの店先?

このタイプライターは、米国UNDERWOOD社のやつですね。年代は、1950年前後でしょうか。

古家の軒先に何気なく置かれているさま、何かカッコよさを感じます。

 

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒメジンガサハムシ

ハムシ科 カメノコハムシ亜科 ヒメジンガサハムシ @大津市伊香立

ヒメジンガサハムシ

この虫は、他のジンガサハムシと比べるととても地味ですね〜  


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

乾物屋@三条通

乾物店@三條通

三条通の地下鉄東西線沿線界隈は、週末になると観光客で溢れています。
なので、賑やかな観光地と思いきや、こうした昔ながらの店があるのでした。

このあたりは外国からの観光客も多いですけど、観光客は皆、このお店を素通りです。
私には、こうした古いお店は気になってしょうがないのですがねぇ〜 ┐(´-`)┌

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キスジホソマダラ♂

●マダラガ科キスジホソマダラ♂ @大津市伊香立

キスジホソマダラ

櫛歯状の触角はオスです。
全体に金属光沢の有るきれいな蛾なのですが、うまく写ってませんでした(T_T)


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 3日 (金)

ムスジイトトンボ♂

●イトトンボ科 ムスジイトトンボ♂ @京都市左京区
   ムスジイトトンボ

京都市内の市街地にコイツが居ることは知っていたのですが、なかなかお目にかかることが出来ず。
生息地に通い始めて3年めにして、やっと合うことが出来ました\(^o^)/
そんなに珍しいトンボではないと思うのですが、他所では見たことがありません。

それに比べて、セスジイトトンボの方はよく見ます。

●イトトンボ科 セスジイトトンボ♂ @左京区

セスジイトトンボ♂

両者、よく似ています。

今回、ムスジイトトンボ♂の実物を見たことで、やっと両者の識別ポイントが実感できました。
ネットからの知識だけでは、直ぐに識別できないもんですね〜


にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

センチコガネとオオセンチコガネ

●センチコガネ科センチコガネ

284a57771

●オオセンチコガネ

Img_2942

センチコガネとオオセンチコガネの生息域は重なっていて、たまにみると、えっ、どっちやったっけ、と迷います。

同じ日に両方を見ることができたので、比べてみました。
こうしてみると、一般に識別点として書かれている特徴がよくわかります。
①センチコガネは黒っぽく、オオセンチコガネは赤紫色の金属光沢が派手
②センチコガネは頭楯前縁が半円形、オオセンチコガネは三角形っぽくとがる(上写真の青丸部です)

 

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »